企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

組込み開発ツール業界を牽引するIARシステムズがCERT C完全準拠の方法を簡素化

(2020/3/2)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:IARシステムズ株式会社

IAR Embedded Workbenchの静的コード解析能力が拡張され開発者がセキュアで高品質なコードを簡単に実現


2020年2月17日 – 組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役 上村清史)は本日、完全統合されたC/C++コンパイラおよびデバッガツールチェーンであるIAR Embedded Workbench(R)の静的コード解析ツールであるC-STAT(R)のメジャーアップデート版をリリースしたことを発表しました。MISRAおよびCWEで規定されていて既に適合している広範なインダストリ・コーディング規格に加えて、アップデートされたバージョンのC-STATではCERT(R) Cコーディング規格への適合を拡張し、規格への完全準拠を果たしました。

カーネギーメロン大学ソフトウェア・エンジニアリング研究所によって開発され所有されているCERT Cコーディング規格はCプログラミング言語におけるセキュアなコーディングのためのルールとして提供されています。これらのルールおよび推奨の目的は、定義されていないプログラムの振る舞いおよび悪用可能な脆弱性の様な未定義の振る舞いを除外することによって、安全で、信頼性がありセキュアなシステムを開発できるようにすることです。

C-STATはプログラムの潜在的なエラーを見つけるための先進的なコード解析を実行する事のできるIAR Embedded Workbenchのアドオンツールです。解析は業界標準であるMISRA C:2012、MISRA C++:2008およびMISRA C:2004、Common Weakness Enumeration (CWE)およびCERT Cで定義されたコードの欠陥、バグやセキュリティ脆弱性への適合を確認することができます。このツールは統合開発環境IAR Embedded Workbenchに完全統合されていることによって、開発者の日々の標準的な開発ワークフローの一部として、簡単に静的解析を行うことが出来ます。また、開発の初期段階から開発者の作成したコードを安全で高品質に保つことが出来ます。更に、大きな時間のロスと高コストとなるコードエラーの原因究明作業から解放し、企業にとって製品リリース期間を短縮することが出来るメリットがあります。

C-STATは開発の初期段階から静的コード解析を行いたいという顧客からの要望を受けて2015年に市場投入されました。それ以降、IARシステムズはこのツールのテクノロジをその時々の最新の要求や規格に合致する様に継続的にブラッシュアップしてきました。

C-STATの詳細はウェブサイトをご覧下さい。https://www.iar.com/jp/cstat また、最新バージョンのデモンストレーションは、2月25日から27日にドイツ、ニュルンベルグで開催のembedded world 2020のIARシステムズブースにてご覧になれます。

### Ends

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, Embedded Trust, C-Trust, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other product names are trademarks of their respective owners.

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましては https://www.iar.com/jp をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる