企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【世界最小クラスの産業用ドローン「IBIS(アイビス)」】船橋市・西図書館の「AI蔵書点検システム」試験導入において、IBISによる書架自動撮影の検証を実施

(2020/3/12)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社Liberaware

【世界最小クラスの産業用ドローン「IBIS(アイビス)」】船橋市・西図書館の「AI蔵書点検システム」試験導入において、IBISによる書架自動撮影の検証を実施

~自動巡回ドローンの導入検討により、作業員のさらなる負荷軽減・効率化を目指す~

株式会社 Liberaware(以下 Liberaware)は、千葉県船橋市・西図書館における京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下 KCCS)の「AI 蔵書点検システム」試験導入に伴い、蔵書点検の無人化を目指し、特殊小型ドローン「IBIS」の自動飛行・撮影と「AI 蔵書点検システム」との連携について検証を実施することをお知らせします。




■図書館における蔵書点検業務の負荷軽減へ
現状の図書館における蔵書点検は、全資料を専用の機器で 1 点ずつ読み取り、図書館システム上の蔵書データと照合するため業務負荷が高い業務となっています。(※1)
船橋市は、AIの積極的な活用に取り組んでおり、公民館図書室における蔵書点検業務の負荷軽減・効率化を目指し、KCCSと共に船橋市西図書館に「AI蔵書点検システム」の環境を構築し、2020 年 3 月 12 日から試験導入を開始します。今回、書架一面の撮影には、タブレット端末を用いた手動撮影に加え、Liberawareの特殊小型ドローン「IBIS」による自動撮影を試験的に行い、無人化も目指します。
無人化にあたり、多くの自動撮影が可能な自動飛行ドローンは、大きいサイズ(200g以上)のものが多く、図書館内で飛行するサイズとしては、張り紙や本等の設備への影響から現実的ではありませんでした。しかしながら、手のひらサイズの小型ドローンを唯一提供している弊社ドローン「IBIS」は、設備への影響リスクが最小限であることから、共同で検証を行うこととなりました。(※2)


(※1)船橋市では、すでに蔵書に IC タグ(RFID)を貼付し、図書館においては RFID 読み取り機器を使用した蔵書点検を実施しています。しかし各地域の公民館図書室では、蔵書をバーコードで1点ずつ読み取る方法で蔵書点検を行っています。
(※2)KCCSが提供するAI蔵書点検システムと「IBIS」は、現時点では標準でのシステム連携はしておりません。

■自動巡回型小型ドローン「IBIS(アイビス)]について
「自動巡回型小型ドローン「IBIS]」は、あらかじめプログラミングしたルートどおりに自動飛行を行う世界最小クラスの産業用小型ドローンです。弊社では、自動巡回型小型ドローンと共に、自動充電装置やドローン監視システム等のハードからソフトまで開発・製造を行い、一気通貫のサービスを提供することで、企業の巡回業務における生産性向上に寄与したいと考えています。屋内警備や設備点検の他、倉庫内における在庫管理業務にも導入検討が進められ、現場の作業員の省人化・省力化に伴いセキュリティ面・安全性の向上や業務の効率化が見込まれ、スマート化された施設設備を実現します。

◇サイズ:190×180×50mm(プロペラガード込み)
◇重量:190g(バッテリ込み)
◇飛行時間:最大9分間
◇装備類:自動飛行ユニット、FullHDカメラ、LED照明、防塵用モーター 他  
<自動巡回型小型ドローン「IBIS]>
<自動巡回の様子(右図:ドローン映像)>
■「AI 蔵書点検システム」について
「AI 蔵書点検システム」は、KCCS が提供する公共図書館システム「ELCIELO」 と画像解析 AI を組み合わせたシステムです。図書館の書架一面を撮影し、撮影した棚の背表紙データと、「ELCIELO」に登録されたその棚の範囲の蔵書データを画像解析 AI に取り込み、マッチング分析し、蔵書点検を行います。これにより手作業で1点ずつ点検することなく、棚単位でまとめて蔵書点検を行うことが可能になります。

・公共図書館システム「ELCIELO」について
URL: https://www.kccs.co.jp/ict/service/elcielo/
※製品の仕様・サービスの内容は予告なく変更される場合があります。
※製品名・サービス名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
※このAI 蔵書点検システムは特許出願中となります。

【株式会社Liberawareについて】
Liberawareという社名は、ラテン語で「自由な」を意味する“libera”と、「気がつく」を意味する“aware”、またhardwareやsoftwareの“ware”を組み合わせたものです。「正しく作る、自由に動かす、社会を変える」をモットーに、自由な発想でモノづくりに取り組むエンジニア集団です。

会社名:株式会社Liberaware(リベラウェア)
設立:2016年8月22日
代表:閔 弘圭(ミン・ホンキュ)
所在地: 千葉県千葉市中央区中央3-3-1 フジモト第一生命ビル6階
社員数:23名
業務内容:◇産業用ロボット・ドローンの研究・開発・製造
  ◇IoT技術・人工知能を活用したシステム開発
  ◇映像加工・編集サービス(距離計測、異常検知等)

■お問い合わせ先
【ドローンに関するお問い合わせ】
株式会社Liberaware
TEL:043-497-5740
E-mail:info@liberaware.co.jp

【プロジェクト全体についての報道機関からのお問い合わせ】
京セラコミュニケーションシステム株式会社
広報宣伝部 担当:馬場・小川
TEL:03-5796-4313(直通)
E-mail:webmaster@kccs.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる