企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

アバー・インフォメーション、新型コロナウイルス対策による、テレワーク導入支援としてWebカメラのデモ機無料貸出しサービスを強化

(2020/3/12)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アバー・インフォメーション株式会社

アバー・インフォメーション、新型コロナウイルス対策による、テレワーク導入支援としてWebカメラのデモ機無料貸出しサービスを強化

Webカメラ、テレビ会議製品などの製造・販売を行う、アバー・インフォメーション株式会社(東京都新宿区)は、かねてより企業のテレワーク導入支援のため、Webカメラ、テレビ会議製品のデモ機無料貸出しサービスを提供して参りましたが、新型コロナウイルス対策における、企業のテレワーク導入支援を目的として、デモ機無料貸出しサービスを強化実施いたします。




■実施の経緯
個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方の実現を目指す、「働き方改革」に向けた取り組みとしてだけでなく、東京オリンピック開催に伴う混雑緩和を目的として、テレワークの導入・実施を検討する企業が増えております。
また昨今では、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念により、事業継続や従業員の安全確保という観点から、テレワーク導入を検討し始める企業も出てきています。

コロナウイルス対策として、テレワーク導入を検討する企業が増える中、導入経験のない企業にとっては、急ピッチで導入の判断を下すのは、難しい部分もあるかと思います。
たとえば、遠隔コミュニケーションにおいて核となるWebカメラに関しても、「音質や画質の面で、業務での使用に適しているのか」「どのような業務において活用できそうか」など、実際の使用感や利用イメージが固まらない状況で、導入を決めるというのはなかなか難しいのが実情ではないでしょうか。

そこで、弊社ではテレワークの導入検討に役立てていただくため、デモ機の無料貸出しサービスの実施強化を通じて、テレワークの導入支援を実施する運びとなりました。

より多くの企業の皆様にテレワーク導入を検討いただき、従業員の皆様がテレワークを活用することで、コロナウイルスの感染拡大防止に繋がるよう、テレワーク導入の支援・サポートに取り組んでいきたいと思います。

■デモ機無料貸出しの条件
・原則1企業につき2台までとさせていただきます。
・2台以上のお貸出をご希望の方は、別途ご相談ください。
・機器返送時の送料は、お客様負担でお願いいたします。
・機器のお貸出期間は、着荷時より最大2週間となります。

※貸出しを行っているデモ機の詳細については、デモ機貸出しのお申し込みページをご覧ください。


■Web会議とテレビ会議の違いについて
弊社では、「Web会議」向けのWebカメラ、および「テレビ会議」向けのテレビ会議システムのデモ機貸出しを実施しております。
Web会議とテレビ会議の違いについては、下記をご覧ください。

1.テレビ会議
ハードウェアを使用して行う遠隔会議のことで、専用端末と専用回線が必要なため、機器を設置する会議室が必要となります。専用の端末と回線を使用することから、映像や音声が安定しやすいというメリットがある一方、端末と回線が設置された会議でのみしか利用できないという制限があります。

2.Web会議
ソフトウェアを使用して行う遠隔会議のことで、ネット回線とWeb会議ツール(Microsoft Teams、Skype、Googleハングアウト、Zoom、LiveOn、V-CUBEなど)、そしてカメラ内蔵のPCさせあれば、場所を問わずにすぐ利用することができます。
より高画質で、多人数相手にWeb会議を行いたい場合には、PC内蔵カメラではなく、より高画質で画角の広い、専用のWebカメラを使用することで、鮮明で高品質なWeb会議を行うことができます。

■Webカメラ/テレビ会議製品 デモ機無料貸出しの詳細
Webカメラは、単体で利用するのではなく、双方に設置して使用することで、カメラの性能を最大限に活かした、高品質なWeb会議を行うことができます。
自社で想定する利用イメージに応じて、下記のように2台セットでデモ機を利用いただくことを、おすすめします。

<ご利用のイメージ>
1.大会議室での利用や、映像を通じてホワイトボードや資料の共有を行いたい




大会議室でのご利用や、映像を通じてホワイトボードや資料の共有を行いたいなどの場合は、大会議室向けWebカメラの「CAM520Pro」の2台セットや、「CAM540」の2台セットで、デモ機をご利用いただくのがおすすめです。


2.小中規模会議室に常設して、他拠点との打ち合わせなどに使用したい



小中規模の会議室に常設して、他拠点とのミーティングなどでの使用を想定している方には、マイク・スピーカー内蔵のサウンドバータイプWebカメラ「VB342+」の2台セットで、デモ機をご利用いただくのがおすすめです。


3.在宅勤務者と職場を常時接続し、空間共有を行いたい



在宅勤務を行う従業員と職場を常時接続し、それぞれの勤務中の様子をモニターに表示して空間共有を行う、といった用途を想定している方には、「CAM340+」のデモ機を2台セットでご利用いただくのがおすすめです。
持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、外出先からWeb会議に参加するといった、使い方にも最適です。


デモ機貸出しの詳細、お申込みについては、以下ページをご覧ください。
https://jp.communication.aver.com/aver-videoconferencing-solutions-cc-jp-2016.aspx?p=websiteCC


■会社概要
アバー・インフォメーション株式会社
所在地:〒160-0023 東京都新宿西新宿3-2-26 立花新宿ビル7階
URL:https://jp.aver.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
本件につきまして、何かご不明点・ご質問などございましたら、下記へご連絡ください。

電話番号:03-5989-0290
Email:VCInfo.JP@aver.com
担当:臼井

※本プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる