企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

JBLオートモーティブ新商品 フロントシート下に収まる省スペース設計サブウーファー「BASSPRO SL2」新登場

(2020/3/26)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ハーマンインターナショナル株式会社

JBLオートモーティブ新商品 フロントシート下に収まる省スペース設計サブウーファー「BASSPRO SL2」新登場

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、パワードサブウーファー「BASSPRO SL」のアップデートモデル、「BASSPRO SL(バスプロ エスエル)2」を、5月中旬より発売いたします。



今回登場する「BASSPRO SL2」は、フロントシート下という普段デッドスペースとなりがちな箇所を有効活用し、JBLならではの迫力のある低音を再生することができるサブウーファーです。
薄型設計のウーファーと、熱効率が高く省電力設計のD級アンプとの組み合わせにより、本体の小型化・薄型化を実現。コンパクトカーや軽自動車等、大きな機材の搭載場所確保が難しい車においても、スペースの問題を気にせずに迫力あるサウンドをお楽しみ頂けます。また、本製品ではクロスオーバー設定、そしてフレキシブルなイコライザ設定を実現。お持ちの車のカーオーディオに合わせ、簡単に車室のサウンド環境をアップデートすることが可能です。

カーオーディオにさらなる楽しみ方を与える「BASSPRO SL2」で、より快適なカーライフをお楽しみください。

【特長】
<BASSPRO SL2について>
■自動車のデッドスペース・フロントシート下に設置可能

薄型設計のため、多くの自動車でデッドスペースとなっている、フロントシート下のスペースに設置することが可能。ラゲッジスペース等を占有することなく、置くことができます。

■薄型設計
サイズ(H x W x D)=71 x 250 x 344 (mm)、重量も3.60kgと、薄型でコンパクトな設計。
コンパクトカーや軽自動車等でも、スペースの問題を気にすることなく設置することが可能です。

■深みがありキレの良い低音
低歪みで豊かな低域を再現する200mmの大径ウーファー、及びD級アンプを採用し、通常125W出力が可能なため、車内でも大迫力の低音を体感することができます。また、熱効率が高く自動車に負担の少ない定電流設計のため消費電流が少なく、長時間・大音量で連続再生をしても、安心して音楽をお楽しみいただけます。

■クロスオーバーやフレキシブルなイコライザを搭載
50Hz~120Hzまでのクロスオーバー設定が可能な他、フレキシブルなイコライザ設定が可能。お持ちの車のカーオーディオシステムに合わせ、簡単にスピーカーシステムの中低音域をアップデートすることができます。また、Bassブースト機能も持ち合わせているため、車内環境に合わせた設定が可能です。

■様々な接続方法に対応
通常のRCA(ラインレベル)入力だけでなく、スピーカーレベル入力に対応。ヘッドユニットがライン出力を持たない場合でも、スピーカーケーブルからの出力を分岐して入力することができるため、様々な車種に搭載することが可能です。本体のスイッチを切り替えるだけで、ヘッドユニットがRCA出力を持たなくても、スピーカーラインから入力ができます。

【主な仕様】
製品名:BASSPRO SL2
タイプ:パワードサブウーファー
定格出力:125W
周波数特性:35Hz ~ 120Hz
クロスオーバー周波数:50Hz ~ 120Hz
最大消費電力:12A
サイズ(H x W x D):71 x 250 x 344 (mm)
重量:約3.60kg
販売価格(税抜):¥40,000(税抜)

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

【お客様のお問い合わせ先】
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel: 0570-550-465
www.JBL.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる