企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

芋けんぴファン集まれ!地域×クラウドファンディングFAAVO、高知県の宮地民芸とコラボレーションした「高知のおみやげつくってみたプロジェクト」を開始。第一弾は”芋ペンピ”で高知名物芋けんぴを発信。

(2017/11/15)

カテゴリ:キャンペーン

リリース発行企業:株式会社サーチフィールド

芋けんぴファン集まれ!地域×クラウドファンディングFAAVO、高知県の宮地民芸とコラボレーションした「高知のおみやげつくってみたプロジェクト」を開始。第一弾は”芋ペンピ”で高知名物芋けんぴを発信。

お笑い芸人ニブンノゴ!としての顔を持つ宮地民芸東京支社長・高知県観光特使の宮地謙典氏とコラボしたプロジェクトを実施

クリエイター支援事業を手がける株式会社サーチフィールドは高知県で観光みやげやノベルティグッズの製造販売を行っている宮地民芸とコラボレーションしました。プロジェクト第一弾として宮地民芸が新しく開発した芋けんぴそっくりのボールペン「芋ペンピ」の普及のために資金調達を行います。 本プロジェクトの目標金額は30万円で、12月27日まで支援を受付けます。支援は一口3000円から支援することができ、芋ペンピ本体や東京支店長でありお笑い芸人ニブンノゴ!宮地氏本人による高知めぐりなどのリターンを手に入れることができます。


クリエイター支援事業を手がける株式会社サーチフィールドは、高知県で観光みやげやノベルティグッズの企画製造を行っている(有)宮地民芸とコラボレーションして、高知県の新しいおみやげを開発するプロジェクトを開始します。その第一弾として、2017年11月13日よりクラウドファンディングサービス「FAAVO」にて以下のプロジェクトを開始いたしました。

芋けんぴのペン「芋ペンピ」を作って高知の芋けんぴ文化を盛り上げます!
https://faavo.jp/kochi/project/2372


本プロジェクトでは、宮地民芸の東京支店長でお笑い芸人ニブンノゴ!としても活躍する宮地謙典氏が芋けんぴそっくりのペン、その名も「芋ペンピ」を制作して広める費用を募ります。
目標金額は30万円、12月27日まで支援を受付けます。現在高知県にお住まいの方も、他県に住む高知県出身者、そして高知のファンが新しいご当地みやげづくりに参加できる機会をクラウドファンディングで創出します。

「芋ペンピ」とは
読んで字のごとく芋けんぴの形をしたペンです。
こだわりは粘土で作るリアルフードクリエイターのハンドメイドで、一点一点が手作りです。


宮地氏が解説!高知の新しいおみやげ「芋ペンピ」のポイント


1.目に止まりやすい。目立つ。
こういったバラエティグッズは一度目に止まるのが強み。
芋けんぴそのままな見た目が面白がられて、手に持ってもらえるチャンスは十分あると考えています。
特に「インスタ映え」という言葉にあるように、変わった物として写真に撮りSNSにアップされることを狙い、この芋ペンピが拡散されて話題になればと思っています。

2.外国人観光客にウケる
外国人観光客が食品サンプル関連のおみやげをよく買って行くと聞きました。そこで、一風変わった食品サンプル商品の芋ペンピは外国人観光客にも手に持ってもらえると考えています。地元に持ち帰る際も、スティック状のポテトは世界いたるところにあるため形状に問題はないと考えています。

3.いま、高知が人気!
なにより今高知県のカルチャー、トレンドが東京で非常に元気がいいことです。
インスタグラムで「船が宙に浮いてる海」として話題になった柏島をはじめ、よさこい祭りも近年は東京のいたるところで開催されています。その中でも「表参道原宿元氣祭スーパーよさこい」は年々進化を遂げており観客動員数は83万人と言われています。
メディアでも高知が取り上げられることも増え、某番組でマツコ・デラックスさんが高知のお菓子「ミレービスケット」にハマり箱買いをするなど、ここ数年東京で高知県を目にする機会も増えてます。
今県外の人達は高知のカルチャーへのアンテナが高くなっています。

(有)宮地民芸について
高知県高知市に本社を構え、高知の観光みやげ・よさこいグッズの卸販売をはじめ企業ノベルティ、イベントグッズ企画・製造を行う。東京支店長はお笑い芸人ニブンノゴ!のメンバーとして活躍している宮地謙典。
http://miyaji-mingei.com/

地域活性化に特化したクラウドファンディング「FAAVO」について
2012年6月に開始した地域に特化したクラウドファンディングサービス。地域を盛り上げるクラウドファンディングサービスをあまねく全国に広げるため、現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、FAAVOの運営を委託するエリアオーナー制度を設けていることが最大の特長。2017年11月1日現在、全国75エリアで展開中。5年で約1,400件の地域を盛り上げるプロジェクトをコーディネートし、約7億円の流通金額実績をもつ。
URL: https://faavo.jp/

■株式会社サーチフィールド会社概要
【会社名】 株式会社サーチフィールド
【代表者】 代表取締役社長 小林 琢磨
【所在地】 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3階
【設立】 2008年7月28日
【事業内容】
ソーシャルゲーム等のイラスト制作代理サービス 「GIKUTAS(ギクタス)」
地域に特化したクラウドファンディング「FAAVO」の運営
使いみちに特化したガバメントクラウドファンディングサイト「エフバイジー(F×G)」の運営
ウェブサイト:https://www.searchfield.jp/

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン