企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

IoTデバイス開発のBraveridge、IoTプラットフォーム『BraveGATE』サービス提供を開始

(2020/5/28)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社Braveridge

IoTデバイス開発のBraveridge、IoTプラットフォーム『BraveGATE』サービス提供を開始

IoTデバイス制御を容易に、かつ開発期間を短縮

株式会社Braveridge(本社:福岡県福岡市西区、代表取締役社長 小橋泰成、以下「Braveridge」)は、ネットワーク経由でのIoTデバイスの制御を容易にし、サービス・アプリケーション開発を圧倒的に高速化するIoTプラットフォーム「BraveGATE(ブレイブゲート)」のサービス提供を開始しました。 また、BraveGATEを使ったIoTサービスの検討・開発における技術検証を行い、BraveGATEプラットフォームの強みを実感していただくための「BraveGATE体感キット」を発表いたします。



IoTプラットフォーム「BraveGATE」
製品概要
Braveridgeはハードウェア技術者視点で、クラウドIoTシステムを再定義しました。
「BraveGATE」は、ハードウェアまで含めた新しい概念のもと、LTEを利用したIoTシステム開発と導入を、劇的に簡単にするプラットフォームです。BraveGATE対応製品のLTE-BLEルーター「BraveROUTE」を使えば、LTE通信を経由して複数のBluetooth(R)︎端末への中継が可能です。アプリケーションから、複数の各Bluetooth(R)︎端末を個別に通信・制御することができます。
※Bluetooth(R)︎通信はBluetooth(R)︎5.0_LongRangeに対応しており、直線通信距離(障害物が無い場合)では1km以上の通信が可能です。(「BraveGATE体感キット」の「TETRA」にて試験)



従来、クラウドサービスの実現には、提供された部品とツールを組み合わせ、ニーズに応じて随時システムを構築しなければなりませんでした。BraveGATEを使えばそのクラウドIoTシステムの構築は一切不要で、アプリケーション開発のみに専念できます。開発者は、「BraveGATE API(REST API)」を使うだけで、簡単にIoT端末からのデータ受信や直接制御が可能です。この直接制御(Downlink)が容易なことが、BraveGATEの最大の特徴です。さらには各既存のプラットフォームとの結合や融合も容易です。
Braveridgeでは、BraveGATE対応の各種標準デバイス(量産グレード)を準備しており、アプリケーションの開発だけでPoC(概念実証)への早期着手が可能です。
IoTシステム開発での課題であるスケジュール短縮と開発コスト削減を高いレベルで実現し、実運用への早期導入を目指したクラウドIoTプラットフォームがBraveGATEです。

特長
1.サービス開発が早い
これまでのIoT開発の現場では、IoT端末とクラウド間の接続や通信の開発と検証、クラウドとアプリケーション間の接続や通信の開発と検証、最後はシステム全体の検証・デバッグに膨大な時間とリソースが必要でした。BraveGATEは「PoC開始までに1ヵ月、量産出荷開始までに6ヵ月」というIoT開発の実現に向けて作られています。
クラウドサービスからIoT端末までが完成している状態で提供されるため、アプリケーション開発だけでシステム全体を完成できます。これにより、サービス開発期間を一気に短縮できます。

2.APIを活用したダイナミックなデバイス制御
「そもそも、最初はデバイス側がデータを持っている。必要な時に必要なデータを貰いに行けばよい」
BraveGATEは、この概念に基づいて設計されています。開発者は、複雑なシステムを全く意識することなく、「BraveGATE API」だけで、IoT端末をダイナミックに制御できます。
「必要な時に必要なデータを取得する」ことで、通信データ量の削減や大幅な消費電流の削減を実現しています。

3.セキュアなIoTシステム構築
LPWA(低消費・長距離無線)通信部は、LTE閉域網を利用しており、かつ制御プログラムはOSを使わずにFirmwareで構成されています。これにより外部のネットワークからは一切アクセスできません。BLE通信部には、Braveridge独自開発のプロファイルを採用しており解読不能です。また、「BraveGATE API」部は、コマンドとデータを受け渡すインターフェースの役割のみで、データを保存しません。ハードウェアメーカーでなければ実現不可能な独自のIoTセキュリティでセキュアなシステムを構築しています。

BraveGATE 開発の背景
株式会社Braveridge 代表取締役社長 小橋泰成
弊社では、長年に渡りネットワークに繋がるIoT機器の開発を行ってまいりました。その中で、クラウドIoTシステムの開発では、《PoCまでに数ヶ月、クラウドシステムの完成に1年以上》もの時間が掛かる現実を経験してきました。さらに、システムの全レイヤーが分業化されているため、そのデバッグには膨大なリソースと時間を要します。既成のクラウドプラットフォームを利用しても、完成までにはかなりの時間とリソースを消費するのが現実でした。
「PoC開始に1ヶ月、クラウドIoTの完成リリースに6ヶ月」の実現を目指して4年半に渡る開発となりました。LTE仕様IoT端末の通信不安定性の完全なる解決、長期運用テストとデバッグを経て、ようやくここに完成を迎えることができました。
ハードウェア企業が発案した、斬新かつシンプルで多機能な新クラウドIoTプラットフォームのBraveGATEを試していただき、その圧倒的な導入性と安定性を体感していただける自信作です。

BraveGATE:https://www.braveridge.com/service/bravegate/


先行導入事例:LiLz株式会社様のクラウドサービス「LiLz Gauge」
本サービスは、既に、LiLz株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:大西敬吾、以下「LiLz」)のクラウドサービス「LiLz Gauge」において実運用を開始しています。
低消費電力IoTカメラと機械学習を活用しアナログメーターの目視巡回点検を効率化するクラウドサービス「LiLz Gauge」において「BraveGATE」を使ったサービスが運用開始されています。
クラウドサービス「LiLz Gauge」は計器目視点検の効率化をIoTデバイスとクラウドで解決しようというアプローチを実現した点が高く評価され、CEATEC AWARD 2019 トータルソリューション部門グランプリを受賞しています。既に、高砂熱学工業株式会社様の現場へ導入開始されており、他にも20社以上に導入検討されています。

なお、この度の発表に関して、次の通りエンドースメントを頂戴しました。

LiLz様のコメント
LiLz株式会社 代表取締役社長 大西敬吾 様
BraveGATEのサービスリリースおめでとうございます。当社のサービスLiLz Gaugeの実現にはBraveGATEは無くてはならないプラットフォームでした。LiLz Gaugeは、専用のIoTカメラとSaaSにより点検現場の課題を解決するサービスです。このようなハードウェアも含めて課題解決するクラウドサービスを提供するには、検討範囲がかなり広範囲に及びます。クラウドアーキテクチャやUXの検討に加え、ハードウェアの検討・選定、接続性、消費電力、デバイス管理方法、セキュリティ、F/W Update実現方法、Uplink/Downlink制御などの要件が必要になります。
今回、BraveGATEの利用により当社は専用IoTハードウェアの商品仕様の検討と、当社のクラウドサービスの開発、画像解析など当社が得意な領域に集中して取り組むことができました。BraveGATEによりハードウェアからのデータは閉域網を通じてWebhookで受け取ることができるため、POSTして欲しいURLを指定するだけで実現可能です。Downlink命令やデータ使用量の取得などすべてAPI経由で実行できるためハードウェアを意識することなく高速に開発できます。また、BraveGATEは、BLEを活用した低消費電力のUplink/Downlinkの通信システムが確立されており、当社は実用的な体験をお客様に届けることができるようになりました。
今後、IoTを積極的に導入したい企業がBraveGATEを活用し、PoCがゴールにならない課題解決サービスが続々と創出されることを心より祈念しています

LiLz株式会社:https://lilz.jp/
LiLz Gauge:https://lilz.jp/lilzgauge/


LTE-BLEルーター「BraveROUTE」
BraveGATEと組み合わせて、LTE通信とBluetooth(R)︎端末への通信を中継するBraveridgeのLTE-BLEルーターです。詳細は、以下、Webページをご覧ください。
BraveROUTE:https://www.braveridge.com/product/braveroute


BraveGATE体感キット
「BraveGATE体感キット」は、BraveGATEプラットフォームの強みを体験し、BraveGATEを使ったIoTサービスの検討・開発における技術検証などに使用できるお得なキット製品です。すぐにBraveGATEをお使いいただけるよう、必要となるLTE-BLEルーター「BraveROUTE」とBraveGATE対応センサーデバイス「TETRA」、そしてBraveGATE利用費用と通信費用、3ヵ月分がセットになっています。


BraveGATE体感キットに含まれるもの
・LTE-BLEルーター「BraveROUTE」:1台
・センサーデバイス「TETRA」(温度/湿度/照度/加速度センサー搭載、防水仕様)
・BraveGATE利用費用(通信費込み):3ヵ月分
詳細は、以下、Webページをご覧ください。
BraveGATE体感キット:https://www.braveridge.com/product/bravegatestarterkit/


▽Braveridgeについて


株式会社Braveridgeは、Bluetooth(R)Low EnergyやLTE-Mをはじめとする各種LPWAなど無線通信技術を軸に、日本国内でIoTデバイスの企画・開発・量産・販売を行うハードウェアメーカーです。2019年には電気通信事業者登録を行いMVNOとして、回線、プラットフォーム、デバイスを含めた総合的なIoTサービスの開発・提供を行っています。
会社名:株式会社Braveridge
本 社:福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
工 場:福岡県糸島市東1999-19
代表取締役:小橋 泰成
事業内容:各種IoTデバイスの開発・量産
資本金:100,000,000円
URL:https://www.braveridge.com/

▽本件に関する問い合わせ先
株式会社Braveridge 営業課
〒819-0373 福岡市西区周船寺3-27-2
電話:092-834-5789
メールアドレス:info@braveridge.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる