企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

HTC NIPPON、エンタープライズ向け製品の『VIVE PRO EYE』および『VIVE FOCUS PLUS』を一般消費者向けにも販売開始

(2020/6/5)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:HTC NIPPON株式会社

HTC NIPPON、エンタープライズ向け製品の『VIVE PRO EYE』および『VIVE FOCUS PLUS』を一般消費者向けにも販売開始

法人向けに限定発売していた『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』を、一般向けにも販売開始いたします。

HTC NIPPON株式会社(東京都港区、代表取締役社長:児島 全克、以下HTC)は、本日6月5日(金)10:00より、『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』を一般消費者に向けた販売を開始いたします。 希望小売価格は、VIVE Pro Eyeが¥162,880(税抜)、VIVE Focus Plusが¥89,750(税抜)となります。



希望小売価格





VIVE Pro Eyeの主な特長


VIVE Pro Eye
VIVE Pro Eyeは、プロレベルのサウンドとグラフィックと高精度なアイトラッキングを兼ね備えた、VIVE製品のフラッグシップモデルと言えます。これまでは法人のみを対象に発売していましたが、この度、一般消費者もアイトラッキングをお楽しみいただけるようになりました。
まばたき、ウィンクなどの表現が可能になることで、VR空間でのコミュニケーションがより感情豊かに表現できるようになります。

高精度なアイトラッキング
両眼の動きを追跡・解析により、現実世界と同様のインタラクション、最適なGPU負荷割り当て、シンプルな入力とナビゲーションが可能になります。

最大100平方メートル のルームスケール・トラッキング
SteamVR™ Tracking 2.0により、比類ないトラッキング精度で広々としたVR空間での体験を創造します。

プロレベルのサウンドとグラフィック
合計解像度2880 x 1600ピクセル(615 PPI)のデュアルOLEDディスプレイに表示される、スーパーリッチな色再現とコントラスト。JAS(日本オーディオ教会)認定Hi-Resヘッドフォンを搭載し、3D空間オーディオにより真に迫るサウンド没入感を実現します。

VIVE Pro Eye独自のアイトラッキングキャリブレーション機能
IPD(瞳孔間距離)を自動的に検知することで、ユーザーごとに正確に目の中心および瞳孔間距離が設定され、より快適なVR体験ができます。


視線追跡に対応したVRコンテンツでより表情豊かに
VIVE Pro Eyeのアイトラッキング機能は両眼の動きに正確に追従するため、VR空間でバーチャルキャラクターに変身して誰でも気軽に参加できるソーシャルネットワーク型VRコンテンツの中でも、自分の視線や目の動きをそのままアバターで表現できる「バーチャルキャスト」等をプレイする際の表現力が一段とアップします。
また、ヘッドマウントディスプレイと2個のコントローラーに加え、VIVEトラッカーを7個使うことで10点トラッキングを実現、非常に自由でスムーズな、リアルな動きそのものを表現できるフルトラッキングが可能になります。


VIVE Pro Eyeの詳細については、https://www.vive.com/jp/product/vive-pro-eye/overview/ を参照してください。


バーチャルキャストについて

バーチャルキャストとは、次元を超えて、なりたい自分になってコミュニケーションを実現するVRライブ・コミュニケーションサービスです。HTC VIVE、HTC VIVE Proシリーズ、HTC VIVE Cosmosシリーズに対応し、VIVEPORTとSteamより無料でダウンロードできます。


VIVE Pro Eyeでウィンクが可能に

バーチャルキャストの詳細については、https://virtualcast.jp/about/ を参照してください。


VIVE Focus Plusの主な特長


VIVE Focus Plus
VIVE Focus Plusは、PCとの接続が不要な、オールインワンタイプのVRヘッドマウントディスプレイです。付属のコントローラーは6DoFに対応、より自由なコントローラー操作が可能です。長いケーブルがないため持ち運びしやすく、肌が当たる部分に合皮素材を使うなど、お手入れのしやすい設計になっています。

また、VIVEPORTインフィニティのメンバーシップに加入済みのユーザーは、PC VR向けVIVEPORTコンテンツをお使いのコンピューターからVIVE Focus Plusへ無線で配信する「VIVEPORT Streaming」機能を利用することで、バーチャルキャスト等の対応コンテンツをVIVE Focus Plusで遊ぶことができます。

VIVE Focus Plusの詳細については、https://enterprise.vive.com/jp/product/focus-plus/ を参照してください。


VIVEPORT Streamingとは

VIVEPORT Streamingは、VIVEPORTインフィニティメンバーに提供されている、VRの実行に適したコンピューターにインストールされているPC VRコンテンツをVIVE Focus Plusにストリーミングする機能です。

≪VIVEPORT Streamingを始めるには≫
VIVEPORT Streaming機能を利用するには、VIVE Focus Plusのヘッドセット、VRに適したコンピューター、Wi-Fiルーター(5GHz帯対応を推奨)が必要です。
また、VIVEPORTインフィニティの月額プランまたは年間プランに加入する必要があります。

1.最新版のVIVEPORT Desktopアプリをインストールします。
2.デスクトップ上で起動するVIVEPORT DesktopアプリおよびVIVE Focus Plus内のVIVEPORTに、同一のアカウントでログインします。
4.VIVE Focus Plusとコンピューターを同じWi-Fiネットワークに接続します。
5.VIVE Focus Plusを起動し、「設定」→「接続の設定」から「PCに接続」オプションをオンにします。近くのコンピューターが検出されたら、接続したいコンピューターを選択します。

6.「ストリーミングを開始」ボタンを選択します


7.ホームから「ライブラリ」を選択し、「マイPC上(BETA)」を選択し、プレイしたいタイトルを選択します




VIVEPORT Streamingを実行するために必要なシステム要件

VIVEPORT Streaming機能を利用するために必要な最小システム要件は以下の通りです。
また、VIVEPORT Desktopアプリの設定項目から「PCを確認」ボタンをクリックすることで、使っているPCが推奨スペックを満たしているか確認できます。


OS:Windows(R) 10
OSアーキテクチャ:64bit
グラフィックボード:ドライバーを最新版にアップデートしてください
NVIDIA™ GeForce RTX 2080 Ti | 2080 Super | 2080 | 2070 Super | 2070 | 2060 Super | 2060
NVIDIA™ GeForce GTX 1080Ti | 1080 | 1070 | 1070Ti | 1060
NVIDIA™ GeForce GTX 980Ti | 980 | 970 | 780Ti
NVIDIA™ Quadro RTX 8000 | 6000 | 5000 | 4000
NVIDIA™ Quadro P6000 | P5000 | P4000
NVIDIA™ Quadro M6000 | M5000
NVIDIA™ Quadro Mobile RTX 6000 | RTX 5000 | RTX 4000 | RTX 3000
NVIDIA™ Quadro Mobile P5200 | P5000 | P4200 | P3200 | P3000
NVIDIA™ Quadro M5000 | M5500 | M5000 | K6000
NVIDIA™ Quadro Mobile M5500
NVIDIA™ Quadro GP100 | GV100
AMD Radeon™ VII
AMD Radeon™ RX 5700 XT | 5700
AMD Radeon™ RX Vega 64 | Vega 56
AMD Radeon™ RX 590 | 580 | 570 | 480
AMD Radeon™ R9 Fury | Fury X
AMD Radeon™ R9 Nano
AMD Radeon™ R9 390 | 390X
AMD Radeon™ R9 290 | 290X | 295X2
AMD Radeon™ Pro WX 9100 | 8200 | 7100
AMD Radeon™ Vega Frontier Edition
AMD Radeon™ Pro Duo | SSG
AMD Radeon™ FirePro W9100


VIVEPORT Streamingの詳細については、https://service.viveport.com/hc/en-us/sections/360007162591-VIVEPORT-Streaming (英語サイト)を参照してください。


VIVEPORTインフィニティについて

VIVEPORTは、60か国以上で展開されるアプリケーションストアです。また、世界初のVRコンテンツサブスクリプションサービス「VIVEPORTインフィニティ」にご加入いただくと、1,000本近い対象コンテンツが毎月定額でダウンロードし放題となります。

また、VIVEPORTで提供されているコンテンツは、Oculus Rift、Oculus Rift S、Valve Index、Windows Mixed Reality等、VIVE製品以外のPC VR機器でもお楽しみいただけます。

VIVEPORTインフィニティ:http://www.viveport.com/infinity


HTC VIVEについて

VIVEはルームスケールVRでかつリアルなインタラクションを実現するために最適化された、今までに類をみないVRプラットフォームです。テクノロジー業界のゲームチェンジャーとしての高い技術力と業界TOPクラスのコンテンツ提供 を約束し、開発者や事業者用製品と同等のVRをコンシューマーに提供し、VIVEはソフトウェアとハードウェアにおい て、最強のエコシステムを作り上げました。VIVEエコシステムはVR市場で最高のハードウェア技術を中心に、1億ド ルのVR及び関連スタートアップ企業への圧倒的推進力のある“VIVE X”、60か国以上で展開される世界初のサブスク リプション型グローバルプラットフォームでかつアプリケーションストアである“VIVEPORT”、コンテンツ開発力と発 信力をもった“VIVE Studios”等で形成されています。VIVE製品に関しての詳細は www.VIVE.comをご覧ください。


製品・サービスについてのお問い合わせ

HTC NIPPON株式会社
コールセンター
電話 ‎0800-000-0117 ( 日本語 )
‎月曜日~金曜日 10:00~19:00
Eメール・ライブチャットでのお問い合わせ
https://www.vive.com/jp/support/contactus/
(ライブチャット受付時間:月曜日~金曜日 10:00~19:00)

※HTCとHTCロゴはHTC Corporationの登録商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる