企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

データセンターソリューションに幅広く製品ファミリーを展開し、エンタープライズ向け大容量HDDテクノロジーをリード

(2020/7/9)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ウエスタンデジタル

データセンターソリューションに幅広く製品ファミリーを展開し、エンタープライズ向け大容量HDDテクノロジーをリード


WD Gold HDD(18TB)
Ultrastar DC HC550 CMR HDD(18TB)
Ultrastar Data102 ハイブリッドストレージプラットフォーム
■Ultrastar(R) HDDおよびWD Gold™ HDDに大容量の16TBと18TBの製品を市場へ投入およびUltrastarストレージプラットフォームへ搭載で、ビッグデータやエンタープライズ/SMBクラスからSDSやハイパースケールのストレージまで多様なワークロードに対応

ハイライト:
・ エネルギーアシスト磁気記録(EAMR)技術の初の実用化、業界初のトリプルステージ・アクチュエータ(TSA)、およびHelioSeal(R)技術を適用した第6世代製品など、市場を牽引するウエスタンデジタルのハードディスクドライブ(HDD)イノベーションは、幅広いデータセンターポートフォリオに活用され、最高水準の面密度および他に類を見ない総所有コスト(TCO)を実現し、多様な顧客や市場のニーズに対応
・  WD Goldシリーズに新たに追加された16TBおよび18TB HDDは、システムインテグレータ、大企業(エンタープライズ)や中小企業(SMB)向けに、従来のデスクトップクラスのHDDに比べ、より信頼性の高いビッグデータやエンタープライズストレージワークロード向けのストレージを提供
・ 本年3月よりDatto, DDN and Dropboxを含む特定のハイパースケール/エンタープライズOEM顧客に提供してきたUltrastar DC HC550 CMR HDDの16TBモデルと18TBモデルを、インフラの効率向上や低電力で最高レベルの容量を備えたストレージを求めるクラウドや大規模エンタープライズ顧客、その他のデータセンター設計業者へ本日より提供を開始。20TB Ultrastar DC HC650 ホストマネージドSMR HDDは引き続き認定用サンプルを提供
・  Ultrastar Data60とData102 JBOD、およびServ60+8ストレージサーバーへ16TBおよび18TBのUltrastar CMR HDDを搭載し、ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)環境向けに耐久性やデータ信頼性を強化して、徹底して最適化されたプラットフォームにおいて業界最高水準のストレージ密度を実現。20TB SMR HDDを搭載したUltrastarプラットフォームは来四半期に発売予定

ウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC)は、データ容量の急速な拡大に対応する企業をサポートするため、HDD技術や容量における同社の優位性を活用してデータセンターソリューションポートフォリオを拡大することを発表しました。Ultrastar 18TBや20TBのHDDプラットフォームで得られたイノベーションを活用し、WD Goldシリーズに新たに、16TBおよび18TB CMR HDDが加わりました。また、 Ultrastar 16TBや18TB CMR HDDを搭載したUltrastar JBODプラットフォームの上位ラインとUltrastarハイブリッドストレージサーバーも提供を開始します。ウエスタンデジタルは、垂直統合や幅広いポートフォリオにより、効率性や生産性の向上を目指して顧客がストレージインフラストラクチャの構築を行う際のデータ需要に対応するべく、今後も独自の地位を確立していきます。

TRENDFOCUSのバイスプレジデントであるJohn Chen(ジョン・チェン)氏は次のように述べています。「ウエスタンデジタルがデータセンターHDDソリューション製品を拡張することにより、さまざまなカスタマーニーズが満たされ、クラウドやOEMの顧客の18TBへの移行やSMRのメリットを活用した20TBへ移行する機会を逃すことなく、同社は他に類を見ない優位性を確立するでしょう。エンタープライズキャパシティHDDは、大規模データの取扱いにおいてこれほどコスト効率の高い代替品がないため、今後も、ニアラインストレージやセカンダリストレージ市場を支配し続けるでしょう。その結果、ニアラインディスクドライブのエクサバイト製品の出荷はCAGR(年平均成長率)32.5%で成長し、2024年までに1.9ゼタバイト規模に達すると見通しています。」

18TBおよび20TBのUltrastar HDDを実現するHDDテクノロジーイノベーション
ウエスタンデジタルは、エネルギーアシスト、メカニカルデザイン、素材、記録技術など、今後も複数の技術分野において革新を続けていきます。2019年9月に発表され、現在サンプル出荷が行われている20TB Ultrastar DC HC650 ホストマネージドSMR HDDは、業界で初めてEAMR技術を実用化した製品です。高い電力効率を誇るウエスタンデジタルのHelioSeal技術、また、磁気ヘッド位置決め精度を向上し容量を増大させる業界初のTSAといったメカニカルイノベーション、これらのドライブ製品は業界をリードする面記録密度を実現しています。お客様には、9枚円板構成による高い効率のデータセンター環境の提供やスケーリングによって他に類を見ないTCOを実現します。

マネージドサービスプロバイダ(MSP)のDatto社インフラストラクチャーエンジニアリング、バイスプレジデントのJoe Carvalho氏は次のように述べています。「ウエスタンデジタルの高信頼で大容量の最新の18TB Ultrastar HDDを評価できることをうれしく思っており、大容量を実現する技術が我々の顧客にさらなる価値を提供することを期待します。」

WD Goldシリーズへ新しく16TB & 18TB製品を追加
ウエスタンデジタルは、WD Gold NVMe SSDの発売に続き、CMR HDD 16TB / 18TB モデルを投入しWD Goldドライブシリーズを拡充します。現在発売中の新製品WD Gold CMR HDDは、5年間の製品保証で、エンタープライズクラスサーバーやストレージシステムに特化して設計されており、高負荷で多様なビッグデータアプリケーションに適したストレージ製品です。

MTBF最大250万時間を誇るWD Gold HDDは、信頼性や耐久性が向上しているだけではなく、耐振動性能も強化され、安定したパフォーマンスの提供が可能です。WD Gold HDDは、3.5型HDDとして、最高水準の最大550TB/年のワークロードに対応した製品です。本日発表したWD Gold製品も、低電力で大容量を実現するウエスタンデジタルのHelioSeal技術を採用しています。

16TB & 18TB Ultrastar CMR HDDを搭載したUltrastarプラットフォームとストレージサーバー
エンタープライスクラス16TB & 18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDDを搭載してアップグレードされたUltrastar Data60& Data102 JBODおよびServ60+8 ストレージサーバーも発表しました。4Uサイズで最大1.836PBが可能なこれらのプラットフォームは、5年間の製品保証で提供します。Ultrastar DC HC650 20TB SMR HDDを搭載したUltrastarプラットフォームは来四半期に提供開始予定です。

Ultrastar Data60 & Data102は次世代の分散ストレージやSDSインフラストラクチャの重要な構成要素となっています。Ultrastar Serv60+8は、コンピュート機能を搭載した大容量ハイブリッドストレージサーバーです。これらのUltrastarプラットフォームは、大規模エンタープライズ、OEM、クラウドサービスプロバイダーといった顧客およびストレージ密度、共有HDD、ハイブリットストレージを必要とするインテグレータの厳しいニーズに対応しています。Data60 & Data102は、HDDおよびSSDの組み合わせを柔軟に設定できる最大24ドライブスロットが利用可能です。Serv60+8はCPU、メモリ、ドライブを選択することができます。これら設定自由度により、企業は、容量、パフォーマンス、コストのバランスを図ることができます。

ウエスタンデジタルはこれらのプラットフォーム全体に対しデータ信頼性を向上させるため、ドライブ特性やシステムに関する知識を活用した2つのデザインイノベーションを採用しました。ウエスタンデジタルが特許を持つIsoVibe™振動分離技術により、高負荷時においても一貫したパフォーマンスを維持することができます。さらに、ウエスタンデジタルの革新的なArcticFlow™サーマルゾーン冷却技術により、従来のシステムに比べ、ドライブはより低くかつ安定した温度下で稼働することができます。その結果ファンの回転速度を下げることでき、振動も低減、電力消費や静音性も向上し、最終的に信頼性も向上しています。ウエスタンデジタルのこれまでの世代のプラットフォームと比べると、IsoVibeとArcticFlowの組み合わせにより、ドライブのフィールドリターン率を62%低減することが確認されています。1

ESGのシニアアナリストであるScott Sinclair氏は次のように述べています。「IsoVibeとArcticFlow、これらの2つの機能が最適な環境で稼働するように、ウエスタンデジタルはドライブに関する膨大な知識を注ぎこんできました。ストレージハードウェアの評価を行う時、近代的などのようなIT企業であっても、これらのイノベーションを考慮する必要があります。一見するだけでは表立ってわかりませんが、ドライブプラットフォームは隠れたストレージコストを低減することで企業をサポートしています。」

ウエスタンデジタルのデバイス&プラットフォームビジネス担当シニアバイスプレジデントであるYusuf Jamal(ユスフ・ジャマル)は次のように述べています。「今日のクラウドサービスプロバイダーやシステムインテグレータに共通していることがひとつあります。彼らは皆、重要なデータの増大や幅広いワークロードを管理するための複数の技術を活用する、多層的なストレージ戦略を必要としています。業界の他のベンダーと異なり、ウエスタンデジタルはNAND、SSD、HDDおよびプラットフォームに渡る幅広い製品の開発、製造を行っています。 当社のデータセンターポートフォリオは多岐にわたるため、ハイパースケールクラウド顧客からエンタープライズ/SMB顧客まで、あらゆるデータセンター顧客に対し、適切なタイミングで適切なイノベーションを提供することができ、重要なデータインフラストラクチャにおける課題の解決に役立っています。」

ウエスタンデジタルは、最高水準のTCOのもとデータインフラストラクチャの効率性や生産性を向上させる製品を提供するため、科学や技術の限界を押し広げ、常に革新し続けます。当社の幅広いデータセンターポートフォリオには、以下のシリーズが含まれます。Ultrastar HDD & SSD、WD Gold HDD & SSD、OpenFlex™ NVMe-oF™ オープンコンポーザブルインフラストラクチャ、Ultrastar ストレージプラットフォーム、RapidFlex™ NVMe-oF コントローラ、Ultrastar メモリエクステンションドライブ。ウエスタンデジタルは、SMR HDDとデータセンターの効率的なスケーリングを可能にするZNS SSDの相乗効果のもと構築されたオープンソースかつ標準ベースのZoned Storageイニシアチブをサポートしています。

ウエスタンデジタルとつながる:
Twitter https://twitter.com/WesternDigiJPN
LinkedIn(英語) https://www.linkedin.com/showcase/westerndigitaldatacentersolutions/
Blog(英語) https://blog.westerndigital.com/
Facebook https://www.facebook.com/WesternDigitalJapan/
YouTube(英語) https://www.youtube.com/channel/UCQpijqbZeCM3zLew0ZwiX4A

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造します。データインフラストラクチャーのリーダーとして、かつてなく多様化するデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルは、Western Digital(R)、G-Technology™、SanDisk(R)、およびWD(R)のブランドでデータ・セントリック・ソリューションを展開しています。

1 確認されたドライブリターンデータに基づくものであり、製品仕様を変更したり保証を意味するものではありません。
ストレージ密度において、1TBは1兆バイトを指します。使用できる全体容量は動作環境によって異なります。

(C) 2020 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved. Western Digital, the Western Digital logo, HelioSeal, OpenFlex, Ultrastar and WD Gold are registered trademarks or trademarks of Western Digital Corporation or its affiliates in the U.S. and/or other countries. The NVMe and NVMe-oF word marks are trademarks of NVM Express, Inc. All other marks are the property of their respective owners. Product specifications subject to change without notice. Pictures shown may vary from actual products. Not all products are available in all regions of the world.

Forward-Looking Statements
This news release contains certain forward-looking statements that involve risks and uncertainties, including, but not limited to, the expected availability, benefits, capabilities, capacity, performance, speed and/or other features of the WD Gold HDDs, Ultrastar HDDs, Ultrastar storage platforms and storage servers, growth opportunities and market and industry trends. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: future responses to and effects of the COVID-19 pandemic; changes to specifications from standards organizations, volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, divestitures, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company's filings with the Securities and Exchange Commission, including the company's most recently filed periodic report, to which your attention is directed. You should not place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof, and the company undertakes no obligation to update these forward-looking statements to reflect subsequent events or circumstances.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる