企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【東北発】次世代 AIを活用したLPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験を開始

(2020/7/10)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社

【東北発】次世代 AIを活用したLPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験を開始

伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:内海 達朗、以下:伊藤忠エネクスHL東北)は、国立大学法人東北大学発スタートアップである株式会社Adansons(本社:宮城県仙台市、代表取締役:石井 晴揮、以下:Adansons) と共同で 、東北発のビジネスノウハウ開発として「LPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験」(以下:本実証実験)を開始することを決定いたしました。Adansonsは、本実証実験を通じて大学発技術を用いた自社プロダクトの産業応用を目指します。また、株式会社MAKOTOキャピタル(本社:宮城県仙台市、代表取締役:竹井 智宏・福留 秀基、以下:MAKOTO)は、これまでのAIのビジネス適用、および、共同開発におけるシナジーの最大化に関する知見を活用し、本実証実験に参画します。




▶︎背景
スタートアップ支援に積極的に取り組む仙台市と東北大学のスタートアップ支援基盤のもと、仙台市とMAKOTOが実施したアクセラレーションプログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」(以下:TGA)において、パートナー企業としてメンタリングなどに参加した伊藤忠エネクスHL東北と、プログラム採択企業として参加した東北大学発スタートアップであるAdansonsが、半年間の取り組みの中で相互理解を深め、将来的な提携を模索したことから本実証実験につながりました。


▶︎実証実験の目的・内容
本実証実験は、伊藤忠エネクスHL東北のLPガス業務ノウハウとAdansonsのデータ分析スキルおよび独自 AIを用いた技術を組み合わせ、MAKOTOが持つこれまでのAIのビジネス適用、および、共同開発におけるシナジーの最大化に関する知見を活用して、LPガス需要予測に基づく合理的な料金体系を構築し、東北地方にお住まいの皆様に対して新たな価値を提供することを目的に実施いたします。新しい仕組みを東北から作り上げ、発信することを目指します。


▶︎実証実験を通じて実現したいビジョン

1)需要予測によるお客様へのサービス還元・東北の省エネ活動に貢献
従来的な料金策定プロセスを変革するため、LPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験を実施し、定量的で明確な料金設定の技術・システム構築を目指します。それによって、当社お客様への提供サービスの質向上・省エネ推奨の仕組みづくりをおこないます。

2)東北発LPガスの仕組みづくり
Adansonsの参照系AI(※)という、医療解析にも使用される、非常に精度が高く高性能な次世代AIを活用した実証実験を行うことで、東北から業界に前例のない仕組みをゼロから作り上げ、発信するリーディングカンパニーを目指します。
※参照系AI:非常にノイズの多い時系列データなどを、実データのまま前処理なしで、リアルタイムに解析することも可能にした新しい機械学習アルゴリズムです。

3)産学官連携の一翼を担い東北の成長に貢献
スタートアップ・エコシステムが発展途上である東北の地で、新技術のビジネス活用を目指すAdansonsの社会貢献意識に共感して協業を決定しました。参照系AIは既存のプラットフォームを覆す力を持っています。東北の未来を切り開き、世界に羽ばたいていく可能性のあるスタートアップとの協業を通じて、産学官連携の一翼を担い、東北のさらなる成長に貢献します。


【会社概要】
伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社
代表者:代表取締役社長 内海 達朗
設立:1972年3月
本社:宮城県仙台市宮城野区榴岡3丁目4-1 アゼリアヒルズ7階
事業内容:一般向けLPガス供給を主力とし、灯油・電気などのエネルギー商材、住宅関連商材などを組み合わせた総合的なライフスタイル提案、カービジネス等
URL:https://tohoku.enexhl.jp/

  ▼ブランドステートメント
  「どうか、すばらしい今日を。」HP:https://tohoku.enexhl.jp/hltservice/brand/
  ホームライフとは、伊藤忠エネクスグループが提案する、よりよい生活のスタイルです。
  多様化する日本のくらしの中で、自分らしく「ゆとり」をもち、日々をていねいに、
  健やかに過ごしていくためのサポートを私たちが担います。
  エネルギーをお届けするだけでなく、これからはくらしのさまざまなシーンで。

株式会社Adansons
代表者:代表取締役 石井 晴揮
設立:2019年6月
本社:宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9
事業内容:独自の新理論AI(参照系AI)を用いた情報解析技術の研究開発、及びソリューションの提供等
URL:https://adansons.co.jp/
受賞・採択歴:
・TOHOKU GROWTH Accelerator2020 審査員賞(グランプリ)・AI. ACCELERATOR 11期 採択
・起業家甲子園東北地区大会 東北総合通信局長賞・EPIST SUMMIT 2019 FALL 優勝
・東北大学STARTUP GATHERING 優勝

株式会社MAKOTOキャピタル
代表者:代表取締役 竹井 智宏・福留 秀基
設立:2018年6月
本社:宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル1階
事業内容:東北に関わりのある企業・自治体・大学をパートナーとして、ファンド投資、アクセラレータープログラムの提供、経営コンサルティングによる事業創出・改善等
URL:https://mkto-capital.jp/


▶︎本件に関するお問い合わせ

■本実証実験に関すること
伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社 担当:次世代基盤室 日野
メール:HLT_jisedai@itcenex.com

・各社問い合わせ先
株式会社Adansons 担当:石井 メール:info@adansons.co.jp
株式会社MAKOTOキャピタル 担当:倉田 メール:capital@mkto.org

■TOHOKU GROWTH Acceleratorに関すること
ホームページ:https://tohoku-growth-ap.jp/
仙台市 経済局 産業政策部 産業振興課 担当:創業支援係 白川
メール:kei008030@city.sendai.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる