企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

NS-5000の設計思想・技術を継承し、深い音楽体験を届ける 小型2ウェイスピーカーと専用スタンドを新発売 ヤマハ 『NS-3000』 『SPS-3000』

(2020/7/16)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ヤマハ株式会社

NS-5000の設計思想・技術を継承し、深い音楽体験を届ける 小型2ウェイスピーカーと専用スタンドを新発売 ヤマハ 『NS-3000』 『SPS-3000』

ヤマハ株式会社は、100%ZYLON(R)を使用した振動板や「R.S.チャンバー」など、当社フラッグシップスピーカー NS-5000の技術と設計思想を継承した2ウェイブックシェルフスピーカー『NS-3000』と専用スピーカースタンド『SPS-3000』を、それぞれ8月28日より全国で発売いたします。『NS-3000』は、振動板の素材として理想的な強度と弾性率を有する化学繊維ZYLON(R)(ザイロン(R))を両スピーカーユニットに採用。同一素材による音色の統一に加え、ハイスピードかつ高情報量再生を可能にしたZYLON(R)振動板の特性とNS-5000で得た知識、経験を活かすことにより、小型ブックシェルフならではの魅力である空間再現力をさらに高いレベルまで引き上げることに成功しました。ヤマハの新たな音の世界を切り拓くモデルとして、幅広い方々に深い音楽体験を提供してまいります。





<概要>
1. EMOTION ~音楽に込められた情感まで伝える表現力~
 ・100%ZYLON(R)を使用した振動板をツィーター、ウーファーの両ユニットに採用
 ・レーザー測定、FEM(Finite Element Method)解析を用いた最新のキャビネット設計
2. OPENNESS ~機器の存在を忘れるほどの自然な音の開放感~
 ・中高域の不要共振を打ち消す特許技術「R.S.チャンバー」
 ・NS-3000のために設計された新形状の「アコースティックアブソーバー」
3. GROOVE ~演奏者と相対しているような、音楽への心地よい没入感~
 ・自然な音の繫がりを追求したネットワーク回路
4. DESIGN ~持つ歓びを満たす高品位な質感、美しいフォルム~
 ・インテリア空間に美しく溶け込み、S/N感の向上に寄与する黒鏡面ピアノフィニッシュ

品名/品番/色/価格/発売日
スピーカー/NS-3000/(BP)ピアノブラック/900,000円(税抜・2台1組)/8月28日
スピーカースタンド/SPS-3000/(B)ブラック/100,000円(税抜・1台)/8月28日
◎当初月産予定台数:NS−3000 50組、SPS-3000 100台


<主な特長>
1.EMOTION ~音楽に込められた情感まで伝える表現力~

100%ZYLON(R)を使用した振動板をツィーター、ウーファーの両ユニットに採用


当社フラッグシップスピーカー NS-5000で採用され、ベリリウムの音速とアラミド繊維の内部損失、両方の特性を併せ持つ100%ZYLON(R)を使用した振動板を両ユニットに採用しました。世界一の強度*1と理想的な弾性率を誇る化学繊維ZYLON(R)を使用*2したベース素材にモネル合金蒸着コーティングを施したヤマハ独自の振動板を、固有共振によるピーク/ディップの発生を抑えるソフトドーム形状にすることで周波数特性の平坦化を図り、全帯域にわたる音色と音速の統一を可能にしました。本モデルでは、NS-5000でも使用されている3cmドーム型ツィーターに加え、センターキャップレス・コンケーブ型コーン採用の新開発16cmウーファーを搭載することで、情報量豊かな音と自然な聴き心地を実現しています。
*1:現存する有機繊維の中での比較データ(2015年5月時点、東洋紡(株)調べ)
*2:ベース素材として100%使用。

レーザー測定、FEM(Finite Element Method)解析を用いた最新のキャビネット設計


キャビネットの設計には、楽器の研究・開発などに用いられるレーザー振動計と高度なFEM(Finite Element Method)解析を駆使した、最先端のスピーカー設計技術を導入しています。レーザー光によりキャビネットの振動特性を詳細に把握したうえ、FEM解析と実測との結果比較を繰り返し行なうことで不要共振と放射音の影響を高精度にシミュレーションし、最適な補強桟の構造を実現しました。またキャビネットの素材には、木材の節や穴などを丁寧にひとつずつ取り除いた北海道産白樺の積層合板を選定しました。長期間の使用に耐える優れた耐久性と高い品質を兼ね備えています。

2.OPENNESS ~機器の存在を忘れるほどの自然な音の開放感~
中高域の不要共振を打ち消す特許技術「R.S.チャンバー」


ツィーターユニットの背面には、振動板の背後で発生する不要な管共鳴を抑制するヤマハの特許技術「R.S.チャンバー」を装着しています。独自の音響解析に基づいて配置した2本の特殊形状管が吸音材に頼ることなく不要共振を打ち消すことで、ユニット本来の周波数特性を取り戻すことに成功しました。これにより音楽ソースの持つ微小信号を損なうことなく自然な音の響きを蘇らせ、楽器や声の細やかなニュアンスまでも忠実に表現します。
*R.S.はResonance Suppression(レゾナンス・サプレッション)の略。

NS-3000のために設計された新形状の「アコースティックアブソーバー」


キャビネット形状をシンプルな直方体とすることで内部の定在波を特定の周波数に集約し、共鳴管を使ってそれを効率的に打ち消す特許技術「アコースティックアブソーバー」を採用しました。定在波によるユニット振動への影響を排除しながら、これまで大量に必要だった吸音材を最小限に抑えることで、吸音によって失われがちだった臨場感を活き活きと再現します。

3.GROOVE ~演奏者と相対しているような、音楽への心地よい没入感~
自然な音の繫がりを追求したネットワーク回路


専用設計のネットワーク回路には、音響用コンデンサーの最高峰として知られるドイツ ムンドルフ社製オーディオコンデンサー「MCap SUPREME EVO」など、信号伝送のロスを可能な限り排除する高級品を厳選しました。さらに内部配線の全てに新世代の銅導体=PC-Triple C(ピーシー トリプルシー)を使用しています。またスピーカーターミナルは、自然な聴き心地にこだわりシングルワイヤリングとし、真鍮削り出しの高品位パーツを採用しました。


4.DESIGN ~持つ歓びを満たす高品位な質感、美しいフォルム~
インテリア空間に美しく溶け込み、S/N感の向上に寄与する黒鏡面ピアノフィニッシュ



ブックシェルフならではのコンパクトなサイズ感で、手軽に設置しやすい本体は、外装の6面すべてにヤマハのグランドピアノと同じピアノ専用塗料と下地材、研磨工程による黒鏡面ピアノフィニッシュを採用しました。ヘアライン仕上げのスピーカーリングと併せ、楽器を感じさせる美しい外観に仕上げています。また均一で高硬度な塗装皮膜は、キャビネット全体の剛性をさらに高めるとともに微細な振動をも抑え込み、ひときわS/N感の高い冴えたサウンドを実現します。

5年間の長期製品保証
長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より5年間のメーカー製品保証を標準で付与しています。

専用設計のスピーカースタンド『SPS-3000』


同時発売する『SPS-3000』は、NS-3000のために専用設計したスピーカースタンドです。ベース部分は、4.5mm厚の鉄板に18mm厚のMDF 2枚を張り合わせた3層構造としたうえ、衝撃吸収力に優れ、傷がつきにくいポリウレアコーティングを施しています。さらにMDFを採用した脚部は、滑らかな曲線を持つ2本の支柱を前後に向い合せる形で配置することで、音の反射による影響を最小限に抑えながらスピーカーを強固に支え、微細な振動も徹底して排除します。また底面には着脱および高さの微調整が可能なスパイクを装着しました。


<製品の販売について>
『NS-3000』『SPS-3000』の予約受付は2020年8月20日(木)より開始する予定*です。当社では、充実した試聴環境と設置ノウハウを持つ全国の販売店とのパートナーシップのもと、本製品の価値をより良くご理解いただける環境づくりに努力してまいります。
*:実際の予約受付開始日につきましては、各販売店により決定されます。


ヤマハ スピーカー 『NS-3000』 カラー:(BP)ピアノブラック 本体価格900,000円(税抜・2台1組)
ヤマハ スピーカースタンド 『SPS-3000』 カラー:(B)ブラック 本体価格100,000円(税抜・1台) ※1台単位での販売になります。


<製品情報>
ヤマハ スピーカー 『NS-3000』
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/speaker_systems/ns-3000/index.html
ヤマハ スピーカースタンド 『SPS-3000』
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/accessories/sps-3000/index.html


<関連製品>
フラッグシップスピーカー NS-5000サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/speaker_systems/ns-5000/index.html

◎ZYLON(R)は東洋紡株式会社の登録商標(ZF-209C)です。


ヤマハ スピーカーシステム 製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/speaker_systems/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる