企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

カメラ無しで、プライバシーに配慮。声のバーチャルオフィス『roundz(ラウンズ)』、新バージョンで軽量化&音質改善に成功

(2020/9/30)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ラウンズ株式会社

カメラ無しで、プライバシーに配慮。声のバーチャルオフィス『roundz(ラウンズ)』、新バージョンで軽量化&音質改善に成功

ラウンズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:合田翔吾)は、テレワーク向けのバーチャルオフィスツール「roundz(ラウンズ)」の音質の大幅な改善と軽量化を実現した新バージョンをリリースしました。


ラウンズ株式会社は、テレワーク向けの「声のバーチャルオフィスツール roundz(ラウンズ)」の新バージョンをリリースしました。

[ roundz 公式HP ] https://roundz.jp/vo/



【ラウンズ 新バージョンの特徴】
ボイスチャット機能を中心に、以下3点の大幅なアップデートを行いました。

ボイスチャット音質を大幅に改善。ノイズの少ないクリアな会話が可能になりました。
アプリを軽量化(旧バージョンの1/4)。立ち上げっぱなしでもストレスがありません。
UIを刷新。常駐アプリとしてデスクトップの邪魔をしないデザインになりました。



■ チャット 以上、Web会議 未満のコミュニケーションの必要性
コロナ禍において急速に拡がるテレワークですが、オフィスと同じようなコミュニケーションを行うためには、電話はもちろん、チャットツール・Web会議ツールだけでも不十分であることが明らかになってきました。


(チャット・メールにはスキルが必要)チャットやメールは手軽なコミュニケーション手段ですが、実は書き手・読み手共に高度な文章スキルや絵文字スキルが必要となります。文章だけでは微妙なニュアンスを伝える・読み取るのが難しく、結局電話などで話す必要があるなど、二度手間になることも多くあります。



(Web会議はセッティングが面倒+迅速な解決には向かない)
Web会議ツールは相手の顔を見ながら話をすることができる便利なツールですが、「わざわざこんな議題でも会議を設定する?」という程度の話題ではすぐにはWeb会議を開催しづらい面があり、迅速なコミュニケーションには向きません。



【 バーチャルオフィス =「チャット と Web会議の間」】
オフィスで働いている時は「チャットよりも具体的な話がしたい」けれど「Web会議をするまでもない」状況が多くあり、これらは日常の何気ない会話で解決されてきました。これをオンラインで実現するのが「声のバーチャルオフィスツール roundz(ラウンズ)」です。ラウンズは、オフィスで行われていた会話をオンラインで実現することで、社員同士のコミュニケーションを活性化し、オンラインで希薄になりがちな社員同士の感情交流やコミュニティへのエンゲージメントを取り戻します。


■ 「今ちょっと話す」ためのバーチャルオフィス、『roundz(ラウンズ)』
2018年にコンセプト開発をスタートしたラウンズは、テストユーザー様にご利用いただく中で「テレワークでもオフィスと同じようなコミュニケーションを実現」するために、特に以下3点をキーポイントとして開発・改善を続けています。


1.相手の状況がわかる「プレゼンス機能」




連携したカレンダーの予定や、キーボードの利用状況から相手が今「話せる/話せない」かを自動で判別。「今話してもいいですか?」とチャットで聞く必要なく、話しかけることができます。


2.トランシーバーのような「ビジネス ボイスチャット機能」



登録したキーボードを押しながら話すだけで、同じ「ルーム」にいる人に声が届くトランシーバーのようなボイスチャット機能をビジネス専用に開発。新バージョンでは、よりクリアな音質を実現しています。


3.プライバシーに配慮して「カメラなし」



Web会議利用者を対象にしたアンケートでは、半数以上の人がカメラの利用に抵抗があることがわかっています(※)。ラウンズは、ユーザーのプライバシーに配慮してあえてカメラを使用せず、全員が安心して気軽に会話できる環境を提供します。


(※)テレワーク専門メディア「シゴトバ」 調べ

■ roundz(ラウンズ)のご利用について
ラウンズのご利用を希望される方は、下記よりお問い合わせください。
[ roundz 公式HP ]
https://roundz.jp/vo/

ラウンズ株式会社について
ラウンズ株式会社は、2018年から「すべての人にテレワークという選択肢を。」をキャッチコピーに創業。以来一貫してテレワーク推進事業に取り組んでいます。(2019年総務省「テレワーク先駆者100選」認定)

【会社概要】商号:ラウンズ株式会社

代表者:合田翔吾

設立:2018年10月29日

事業内容:

テレワークソリューションの研究開発
テレワーク・リモートワーク専門メディア「シゴトバ 」(https://shigoto-ba.com)の運営
テレワーク・コンサルティング


URL: https://roundz.jp/corp/

メールアドレス:info@gowide-inc.com

※ Xchat は roundzへ、株式会社GOWiDE は ラウンズ株式会社へ名称変更いたしました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる