企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

荏原製作所、アカマイのEAAで脱VPN、ゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現

(2021/1/14)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:アカマイ・テクノロジーズ合同会社

荏原製作所、アカマイのEAAで脱VPN、ゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現

在宅勤務従業員の急増で10倍に増加したアクセスへも安定稼働

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:山野修、以下「アカマイ」)は、株式会社荏原製作所(本社:東京都大田区、代表執行役社長:浅見正男、以下「荏原」)がアカマイのクラウド型のID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access (EAA)」を採用し、ゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現した結果、国内外の利用者約8,500人にセキュアなテレワーク環境を提供したことを発表しました。



創業100年を超え、ポンプやコンプレッサなどの風水力事業や環境プラント事業、精密・電子事業を主要な事業とする荏原は、世界トップクラスの技術力でグローバルにビジネスを展開しています。

同社は、主要事業を支えるためデジタルテクノロジーを積極的に活用しています。そのような中、新たな課題として出てきたのが、従業員のリモートアクセスにおけるセキュリティでした。荏原では、国内の社員、海外赴任者、海外拠点のローカルスタッフ、メンテナンス担当のベンダーや提携代理店など、多様な利用者の接続に対応する必要がありました。社外からのアクセスにはVPNを利用していましたが、OSのアップデートでアクセスができない事象や、対応にかかる工数などを鑑みて、リモートアクセスVPNに代わる手段を検討していました。

新たなリモートアクセス手段として、荏原はアカマイのEAAのPoC (概念実証)を実施し、体感スピードの良さと安定性、ブラウザだけで利用できる手軽さを評価し、導入を決定しました。

同社は2019年夏にEAAを導入を開始しました。その後、2020年の緊急事態宣言をきっかけに在宅勤務を利用する従業員が増加し、アクセスが通常の10倍に急増しましたが、軽快で安定した稼働状況により、業務を継続することができました。また、荏原ではEAAをリモートアクセスの手段としてだけでなく、同社のデータセンターやIaaSに展開する業務アプリケーション、SAML認証のSaaSアプリケーションなど約500の業務アプリケーションの認証基盤としても利用しています。ユーザーごとに認証、認可の詳細なアクセス制御が行えるため、セキュリティの強化につながっています。

EAAが評価されている点:
●柔軟性と安定性
 ⮚在宅勤務者急増による、10倍のアクセス増にも軽快な安定稼働を提供した。
●詳細なアクセス制御
 ⮚約500の業務アプリケーションの認証基盤として詳細なアクセス制御を提供している。

荏原で、情報通信統括部 ITアーキテクト部の部長を務める井上 聡氏は、「これから当社がさらにDXを推進していく上で、ゼロトラストモデルの構築の有効性は見えました。EAAはゼロトラストモデルのカギとなる存在です。これからも期待しています」と語っています。

アカマイ 社長の山野修は、「未来を見据え、常に進化を続ける株式会社荏原製作所様にEAAを採用いただいたことを大変嬉しく思います。困難な状況においても、事業継続と高いセキュリティの両立は企業命題です。インターネットの安全、スピード、信頼性を支えるアカマイのソリューションは、ますます重要な役割を担うことになると確信しています。アカマイは、より速く、より安全かつ安定したインターネットソリューションを提供することにより、なお一層お客様に貢献してまいります」と語っています。

Enterprise Application Access 製品概要
https://www.akamai.com/jp/ja/solutions/security/zero-trust-security-model.jsp

アカマイ について:
Akamai は世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamai のインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドが Akamai を利用しています。Akamai は、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成される Akamai のソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365日/24時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがAkamai を信頼する理由について、<www.akamai.com/jp/ja/>、<blogs.akamai.com/jp/>およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について:
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、ウェブサイト/モバイルアプリの最適化、快適なユーザー体験、堅牢なセキュリティを実現する各種ソリューションを提供しており、日本国内では約650社が当社サービスを利用しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに組織名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる