企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ファイルコインマイニング大手「RRMine」新商品を販売開始

(2021/1/20)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ビットマイニング株式会社

ファイルコインマイニング大手「RRMine」新商品を販売開始

日本国内でIPFS向けのストレージレンタルサービス(RRMineファイルコインマイニング)を展開するビットマイニング株式会社(東京都港区 代表:長岡遼)は、新商品と、ユーザーが購入済のストレージをバージョンアップできる商品を数量限定で販売再開した。既存ユーザーは新商品との差額を追加するだけで、バージョンアップができ、更に、これまで採掘した数量は引き継ぐことができる。


RRMine公式販売サイト
https://rrm.jp
https://rrmine.jp

商品概要
<新商品 RRMストレージレンタル PLUS 1T>
新商品の「RRMストレージレンタル PLUS 1T」は、採掘を従来商品と比較して約500%以上向上(同社比)させることを実現した。契約期間も540日間と従来の720日間から短縮されている。

RRMストレージレンタル PLUS 1T 71,800円+税

実績比較表(RRMストレージレンタル1TとRRMストレージレンタル PLUS 1Tの比較)


新商品の特徴
◆担保FILの建て替え負担
ファイルコインをマイニングするには、まとまった担保FILを用意する必要があるが、RRMineではこの担保FILをユーザーの代わりに建て替え負担している。

◆ガス料金が不要
1TBの容量をシーリングするにはガス料金が約11FIL(2021年1月現在)必要だが、この費用もRRMineが建て替え負担している。

◆シーリング効率が最初から100%
採掘開始後、従来商品は徐々にシーリング効率が増加するが、新しい商品は採掘開始した時点で最大効率で稼働する。

◆冗長ロスがない
データ保存をする過程ではストレージ容量に余分なバッファを確保する必要があるが、RRMineはバッファ分も負担することで、ユーザーは最大限にストレージを利用することが可能。

◆採掘計算が簡単
24時間平均採掘報酬(24h Average Mining Reward)×
ストレージ容量(T) - 採掘ロス率 - 管理費 = 採掘量

◆RRMineブーストリワード
外部送付FILを調整することでRRMine独自のブーストリワードが得ることができる。

◆3A経営宣言(安心 安定 安全)
RRMineはXnMatrixグループのサービスであり、グループとしては2021年に業界最大規模である800億円のインフラ投資を行うなど常に業界をリード。
(参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000044697.html
また、メインマイナーIDであるf09652を始めとする複数のマイナーIDを有し、テストネット時より常に上位ランキングをキープしている。現在でもシーリング量を増やし続けることで安定性を向上させ、ユーザが安心して安全に採掘に参加できるように努めると同時に、ファイルコインネットワークの安定性に常に貢献している。

<バージョンアップ>
バージョンアップは既存ユーザー向けの商品であり、購入済の「RRMストレージレンタル1T」と「RRMストレージレンタル40T」に対し注文ごとに、追加金を支払うことでバージョンアップすることができる。商品をバージョンアップすることで、契約期間は540日間に短縮される。

更に、既存ユーザーは、今までに採掘した枚数を引き継ぐことができるようになっている。

RRMストレージレンタル バージョンアップ 1T 38,900円+税
RRMストレージレンタル バージョンアップ 40T 1,555,000円+税

各商品の比較表

※表の数値はFIL計算機から算出された参考値です。外部環境などにより変動する場合があります。内容を保証するものではございません。

FIL計算機
https://rrmine.jp/calculator
購入金額などを入力することで、採掘枚数などが概算できる便利な計算機。FIL計算機はRRMineの購入者のみが利用可能。


RRMineについて
RRMineは2017年からビットコインマイニングのサービス開始しており、2019年度の年間売上高は300億円以上に達している。売上と共に確かな経験と技術力を身に付けており、変化の激しい暗号資産市場に対して柔軟に対応し、商品サービスを展開している。

また、ビットコインマイニングだけでなく、ファイルコイン(Filecoin)のマイニング事業も好調で、販売開始からわずか数分で15億円を売り切るなど、幸先の良いスタートを切っている。
(原文:https://www.coindesk.com/filecoin-mining-craze-in-china

パートナーにはテクノロジー世界大手であるDELL、Sugon(スーパーコンユピュータ開発)、iQIYI(動画配信大手)や、中国国内トップレベルの大学である電子科技大学の研究グループも参画している。

RRMine【公式】オープンチャット https://is.gd/zIqnZG
RRMine【公式】ツイッター https://twitter.com/RRMineJP

座談会のご案内(FIL-Lab)
開催日:木曜日20時から
場所:オンライン
参加費:無料

「FIL-Lab : Filecoin Innovation Lab 」では、次世代のインターネットプロトコルと呼ばれているIPFS(分散型ストレージ)の技術を採用した、ファイルコインマイニング(FilecoinMining)に関する最新情報や、価値ある情報を共有し、学習や質問ができるオープンな価値ある新しい情報が集まる研究会です。ファイルコインマイニングの仕組みや、報酬形態はもとより、機器の性能や将来性に関連する調査レポート、新商品やサービス、新技術に関するニュースリリースやお知らせなどを幅広く配信。

FIL-Labオープンチャット  https://t.co/vIITBLmrl8?amp=1
FIL-Labツイッター https://twitter.com/fil_lab

会社概要
会社名:ビットマイニング株式会社
住 所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F
資本金:50,300,000円
代表者:長岡遼
設 立:平成30年11月29日
会社HP: http://www.bm.land

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる