企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

サイバーセキュリティ企業Cybellum社が世界初の自動車用Cyber Digital Twinsプラットフォームを発表、最新の業界統計は自動車サイバー犯罪の深刻な脅威を示している

(2021/3/1)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:Cybellum Ltd.

自動車に対するサイバー脅威が急速に拡大する中、Cybellum社が世界初の車両セキュリティを守るCyber Digital Twinsプラットフォームを発表

・Cybellumが画期的なCyber Digital Twinsプラットフォームを発表、コネクテッドカーのライフサイクル全体に渡って自動車のリスク評価とサイバーセキュリティに変革をもたらす。 ・コネクテッドカーへのサイバー攻撃は昨年99%増加しており、コネクテッドカーは毎時最大25 GBの個人データを収集できることが、英国の消費者専門家Uswitch*の調査で明らかになった。 ・業界の調査によれば、ワイヤレス接続された6億2000万台以上の自動車が、2025年までに道路を走行すると推定。*


テルアビブ (イスラエル) 2021年2月24日:Cybellumは今日、コネクテッドカーに対するサイバーリスクの高まりに対抗するために、自動車用Cyber Digital Twinsプラットフォームの第一号を発表しました。最先端のリスク評価プラットフォームを使用すれば、メーカーは、車両を動かすソフトウェアに存在する何十万もの潜在的なサイバー脆弱性をマップしてトレースし、ソフトウェアの 「修正」 を提示して、そのライフサイクルを通じてセキュリティを維持することができます。

自動車セキュリティ業界における最近の動きは、コネクテッドカーに関連する潜在的な脅威が急速に高まっていることと平行しています。実際、業界の予測によれば、3年以内に6億2000万台以上のコネクテッドカーが路上を走り、1台あたり1時間に25 GBもの個人データを収集すると言われています。

業界は自動車の継続的な安全性とセキュリティを確保するためにメーカーへの規制を厳しくしており、こうした中、Cybellumは業界最高水準のリスク評価プラットフォームをローンチします。今後数ヵ月のうちに、自動車の保護に対する懸念の高まりに対処するため、自動車サプライチェーン全体でサイバー対策を推進するよう策定された新しい厳格な基準が導入されます。これまで自動車メーカーでは、車両内で動作するソフトウェアの可視性が非常に限られていました。これからは、CybellumのCyber Digital Twinsプラットフォームが「内部を監視」 し、サイバー上の脆弱性を特定し、サプライチェーンのあらゆる段階でリスクを軽減します。これは自動車サイバーセキュリティにおける革命であり、自動車メーカーが大規模なコンプライアンスを維持し、セキュリティを確保することを助けます。

この専用プラットフォームは、潜在的に危険にさらされる可能性のある車両の各コンポーネントをマッピングし、そのソフトウェアの構成と構造を再現した完全なデジタルレプリカを作成します。これには、オープンソース、独占所有権がある商用ソフトウェア、オペレーティングシステム、およびサプライヤが使用した可能性のある暗号化の完全なリストが含まれます。この完全なデジタルレプリカは、車両が工場を出た後も引き続きメーカー側に保管され、車両のライフサイクルを通じて継続的な監視とリスク軽減を行う事が可能です。

参考資料
*https://www.am-online.com/news/manufacturer/2020/06/04/cyber-attacks-on-connected-cars-rise-by-99
*IHS Markit - Automotive Cybersecurity Market Takeoff Report - 2020年4月





「潜在的なサイバーセキュリティリスクを考える際、人々はスマートフォン、ノートパソコン、ゲーム機などのパーソナルデバイスを思い浮かべる。今日の自動車は、これらのデバイスをさらに脆弱で危険なものに拡大したものと考える必要がある。」

「現代の自動車は、何十万行ものソフトウェアコードで走り、インターネットに接続され、大量の個人データを保存する。そのため、メーカーとサイバー専門家が協力して、製品が市場に出荷される前にソフトウェアの脆弱性が見過ごされないようにすることが必要不可欠だ。」

「製造プロセスには、私たちが運転する車を機能させる最小の部品に至るまで、複雑なサプライヤチェーンが含まれる。これは、サイバーセキュリティのリスク源を探すという行為が、しばしば干草の山の中の針を探すように感じられるということである。Cyber Digital Twinsプラットフォームの導入で、メーカーは設計から製造、さらにその先のリスク評価と軽減をコントロールできるようになる。」

「これは自動車メーカーにとって新たな時代であり、Cybellumは自動車メーカーや業界のキープレーヤーと連携して車のセキュリティを確保し、堅牢な車両の市場投入に貢献したいと考えている。」





Cybellumは、自動車メーカーおよびサプライヤが、車両のライフサイクル全体を通じて、大規模なセキュリティリスクを特定し、修正することを可能にします。弊社のエージェントレス・ソリューションは、ソースコードにアクセスすることなく組み込みソフトウェアコンポーネントをスキャンし、すべてのサイバー脆弱性を明らかにします。メーカーは、開発および生産プロセスにおけるサイバーリスクを排除するために、被害が発生する前に直ちに対策措置を講じることができ、路上の車両に影響を及ぼす新たな脅威を継続的に監視することができるようになります。詳細については、www.cybellum.comをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる