企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

安全で機能的な設計を備えた子ども向けヘッドホンシリーズ最新作!オンイヤーヘッドホン「JR 310」「JR 310BT」新発売

(2021/5/13)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ハーマンインターナショナル株式会社

安全で機能的な設計を備えた子ども向けヘッドホンシリーズ最新作!オンイヤーヘッドホン「JR 310」「JR 310BT」新発売

再生時間の大幅アップデートと新たにマイクを搭載しオンライン学習でも大活躍

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、2017年に発売した子ども向けヘッドホン「JR(ジュニア)シリーズ」の後継モデルとして「JR310(ジュニア310)」、「JR310BT(ジュニア310ビーティー)」を2021年5月21日(金)に発売いたします。



新型コロナウイルス感染拡大に伴い、教育現場には早急な環境の変化が求められ、eラーニングをはじめとしたデジタルプラットフォーム上のリモート学習が盛んになっています。その結果、ヘッドホンやイヤホンの使用率も上がり、子どもたちの耳にも安全な製品の需要が高まりを見せています。新しい生活様式に伴う自宅学習者も増えていることから、2021年以降もこのような教育方法は継続、発展していくことが見込まれています。

このように、パソコンやタブレット端末など、子どもたちの間でのデジタルデバイスの浸透に伴う需要拡大を受けて、今回は2017年に発売し好評を集めた、子ども向けヘッドホン「JR(ジュニア)シリーズ」の後継モデルを新発売します。今作では、前モデルのワイヤードタイプ「JR300」、Bluetoothワイヤレスタイプ「JR300BT」をアップデートした、2モデルが登場します。

子どもたちの耳を守るために特別に設計された「JR310」と「310BT」は、前モデルに引き続きヘッドホンから出るボリュームを85dB未満に制限。これにより、誤操作による大音量や、長時間のリスニングによる難聴を予防し、耳に悪影響を及ぼしにくい安全な仕様となっています。また、子どもたちが安全に学習し、遊び、好奇心を養うために、JBLならではの低音とクリアなサウンドを提供。Bluetooth搭載の「JR310BT」では、最大再生可能時間が、前モデルの約12時間から約30時間※2に大幅アップデートを遂げ、より長時間お使いいただけるようになりました。

また、2モデルどちらにも新たにマイク機能を搭載し、ハンズフリー通話を可能にしたことで、オンライン学習における双方のコミュニケーションをよりスムーズにサポートし、快適な学習環境を提供します。本体装備の操作ボタンでは、通話受話のほか、音楽再生時の再生・一時停止のコントロールにも対応しており、移動中や作業中などでもスムーズに操作が可能です。

デザインは、大人気のビビッドなカラーに加え、「JR310BT」ではカジュアルな新色「グリーン」も加わりました。そして、子どもたちが独自にデザインできるよう、前モデルに引き続き専用のシールを付属。お好みのシールをヘッドホンに貼ることで、オリジナルのデザインにカスタマイズすることができます。さらに、本シリーズは子どもの頭のサイズにあわせ大人用よりも一回り小さく設計しており、長時間の使用でも耳元が痛くならないよう素材にもこだわっています。コンパクトかつ折りたたみも可能なデザインのため、収納や持ち運びにも最適なモデルです。

自宅学習やオンラインでのデジタルデバイス需要が高まっている中、安全面も考慮され、さらに進化した子ども向けヘッドホン「JR310」「JR310BT」は、JBLならではの高音質サウンドをお子様にご提供します。

▼JBL JR 310(レッド/ブルー、ライトブルー/ピンク)



▼JBL JR 310BT(レッド/ブルー、ライトブルー/ピンク、グリーン)



【特長】
<JR 310(ジュニア310)・JR 310BT(ジュニア310ビーティー)共通特長>
■ 子どもの耳にも安心!耳へ悪影響を及ぼさないよう音量を85dB未満に制限


ヘッドホンなどで長時間大きな音を聴いていると、“ヘッドホン難聴”を引き起こすリスクが高まります。本シリーズでは、ボリュームを常に85dB未満に制限することで、誤操作による大音量や、大音量での長時間リスニングによる難聴を予防し、耳に悪影響を及ぼさないよう安全性も考慮しています。成長期の子どもたちの耳を守りながら、JBLならではの高音質を提供する安心のヘッドホンシリーズです。

■ 通話ができるマイクを初搭載!操作ボタンにより電話受話や音楽再生コントロールも可能


前シリーズの「JR300BT」にあり、「JR300」にはなかったマイク機能を「JR310」に初搭載。ワイヤードタイプの「JR310」には、コード上に施されたコントローラーの操作ボタンにより着信時の受話ができ、簡単操作でハンズフリーな通話を可能にしました。ワイヤレスタイプの「JR310BT」には、本体のイヤカップ部分に操作ボタンを装備しています。操作ボタンでは、通話のほか、音楽再生時の再生・一時停止のコントロールにも対応しており、移動中や作業中などでもスムーズな操作が可能です。

■ 耳が痛くなりにくい柔らかいクッション材を採用したヘッドバンド&イヤーパッド


小さな子どもの頭のサイズにあわせ大人用よりも一回りコンパクトに設計。ヘッドバンド内側とイヤーパッドに、柔らかいクッション材を使用し、長時間の使用でも耳元が痛くならないよう素材にもこだわっています。また、折りたたみも可能なデザインのため、コンパクトに収まり、収納や持ち運びにも便利です。

■ 付属のシールで子どもたちの独自のデザインにカスタマイズ


カラフルなデザインシールをパッケージ内に同封。ヘッドホンにお好みのシールを貼り、子どもたちの個性を活かしたデザインにカスタマイズすることができます。

■ 新色が登場!鮮やかで豊富なカラーバリエーション


ワイヤードタイプのヘッドホン「JR310」は前モデルから人気のカラー「レッド/ブルー」に加え、パステルカラーの「ライトブルー/ピンク」の2色を展開します。Bluetooth接続による、ワイヤレスヘッドホン「JR310BT」は、同じく「レッド/ブルー」、「ライトブルー/ピンク」に加え、新たにカジュアルな「グリーン」をラインナップした全3色をご用意しております。子どもたちの幼心をくすぐるビビッドでポップなカラーをはじめ、落ち着きのあるカジュアルカラーの採用により、親子でもお使いいただけるようなデザインに仕上げました。


<JR 310BTについて>
■ 最大約30時間※2の長時間リスニングに大幅アップデート!急速充電に対応


連続使用時間が、前モデルの最大約12時間から約30時間※2に大幅アップデート。日中にオンライン学習などのシーンで長時間使用しても、翌日まで頻繁な充電の心配がありません。また、急速充電機能も引継ぎ、本モデルでは充電開始から約10分で約2時間分の充電が可能になりました。万が一、突然充電が切れてしまっても、短い時間で再度使用できるようになるため、安心してお使いいただけます。

【主な仕様】


※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※1全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2020」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。
※2充電・再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。


<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。


<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。


【お客様のお問い合わせ先】
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel: 0570-550-465
www.JBL.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる