企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【再エネ】約3,600台のエネファームを活用!電力の安定供給にもつながるVPP実証事業とは?

(2021/8/2)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:大阪ガス株式会社

【再エネ】約3,600台のエネファームを活用!電力の安定供給にもつながるVPP実証事業とは?

実証事業を通して、電力のレジリエンス向上や再エネ普及貢献に期待

大阪ガスは、お客さま宅の家庭用燃料電池「エネファームtype S」約3,600台を活用したバーチャルパワープラント(VPP:仮想発電所)を構築し、系統需給調整に貢献するための技術検証や、太陽光発電のインバランス回避の技術検証を実施するVPP実証事業を開始します。


今回の実証では株式会社エナリスからの供出指令に応じて大阪ガスがエネファームの出力を制御し、指令量に対する調整力供出精度の検証を行います。


バーチャルパワープラント(VPP)とは?

複数の発電・蓄電設備等をまとめて制御することで、あたかも1つの発電所のように活用する「仮想発電所」のことです。


FIP制度導入を見据え、エネファームの特性を活かした技術検証を実施

太陽光発電や風力発電のような再生可能エネルギーは、日射量や風の強弱などにより発電出力が変動します。一方、エネファームは発電出力を自由に制御できる特徴があり、再生可能エネルギー大量導入社会における系統需給調整に貢献できるリソースとして注目されています。

今回の実証では、当社保有の由良太陽光発電所の出力に応じてエネファームの発電量を制御。2022年に開始されるFIP制度※導入に向けて、再エネのインバランス回避の技術検証を行います。

※フィードインプレミアム(Feed in Premium)制度の略。再生可能エネルギー発電事業者が発電した電気を卸電力取引市場や相対取引で売電をした場合に、基準価格(FIP価格)と市場価格の差額をプレミアム額として交付する制度。
エネファームの発電量を制御することでインバランスを回避
Daigasグループは、今後も低炭素・脱炭素社会の実現に貢献し、暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる