企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

四足歩行ロボットがミニサイズに!初心者からプロまで楽しめるロボット犬Mini Pupper(ミニぷぱ)がMakuakeにて予約販売開始

(2021/12/24)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:MANGDANG TECHNOLOGY CO., LIMITED

四足歩行ロボットがミニサイズに!初心者からプロまで楽しめるロボット犬Mini Pupper(ミニぷぱ)がMakuakeにて予約販売開始


「1家に1台、ロボットがある世界」をビジョンに掲げるテクノロジーカンパニー、MangDang Technology Co., Limited(本社:香港、代表者:Afreez Gan、以下「MangDang(マンダン)」)は、「初心者からプロまで楽しめる、愛されるロボット犬Mini Pupper (ミニぷぱ)」の先行予約プロジェクトを、2021年12月24日(金)14:00よりMakuakeにて開始します。

Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/mini_pupper/
※プロジェクトは2021年12月24日(金)14:00より公開されます。

これまで四足歩行ロボットは、一部の大企業や研究機関などが扱える「特殊な物」で、高度な技術が必要かつ高価な物でした。MangDangはこの技術を一般公開し、多くの方に四足歩行ロボットの技術や製品を簡単に楽しんでいただくための研究を行ってきました。

■ Mini Pupper (ミニぷぱ)の特徴
(1)初心者でも楽しめる、DIY版&完成版を用意




Mini Pupper(ミニぷぱ)は、パーツから組み立てる「DIY版」と、届いてすぐに遊べる「完成版」、2つのセットを用意しております。
DIY版では、溶接不要・必要な道具は全て同梱しており、さらに日本語マニュアルと丁寧なレクチャー動画付きのため、全く知識のない初心者でもチャレンジ可能です。(※製作目安:初心者なら約2~3日、上級者なら約2~3時間。)

(2)ROSで新たな動きをプログラミング可能


Mini Pupper(ミニぷぱ)はプリセットされている動作以外にも、オープンソースプラットフォームのROS (Robot Operating System) を通してさらに高度な動きとアクションコンビネーションをインプットすることが可能です。今人気のプログラミング言語PythonやC++を実践・熟練させるのにも向いています。

(3)業界最小クラスのLiDAR搭載


Mini Pupper(ミニぷぱ)に業界最小クラスのLiDAR(ライダー)モジュールLD06を搭載することで、家の中を3Dスキャニングしながら、ロボット掃除機のように部屋の間取りをマッピングすることが可能になります。
また自動運転にも採用されているSLAM(スラム)技術により、自己位置を推定しながら環境地図を賢く作成してくれます。
※SLAM (Simultaneous Localization and Mapping)
※SLAMを利用するにはRaspberry Pi、LiDAR、パソコンとWi-Fi環境が必要です。
※カメラ機能を利用するには別途カメラモジュールが必要です。

(4)ナビゲーション機能


一度家の間取りを覚えたら、今度は指定の場所に向かわせることも可能になります。目的地を設定すればミニぷぱがそこを目指し動き出します。
さらには、事前に設定した表情やメッセージを、顔のスクリーンを使って表現させることも可能になります。
※ナビゲーション機能を利用するにはRaspberry Pi、LiDARとパソコンが必要です。

(5)モノを認識、追跡可能へ


Mini Pupper(ミニぷぱ)はLuxonis(ルクソナス)社の最新3Dカメラモジュール「OAK-D-Lite(オークDライト)」にも対応しています。
OAK-D-Liteは推論チップを内蔵し、AI技術を使って空間認識や物体検知ができるカメラです。この「AIの目」を付与することで、Mini Pupper(ミニぷぱ)は周囲のモノを認識し、追跡する事が可能になります。

Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/mini_pupper/
※プロジェクトは2021年12月24日(金)14:00より公開されます。

■スペック


「Mini Pupper(ミニぷぱ)」ロボット犬


本体サイズ:210mm×100mm×165mm
重量:509g(バッテリーを含む)
プロセッサー:Raspberry Pi 4B
スクリーン:240×320 ISP Free Viewing Direction LCD
ストレージ:32GB microSDカード
稼働時間:最大30分
充電時間:約1時間
アクセサリー(別売)あり




■ MangDang(マンダン)テクノロジー・カンパニーについて
MangDang Technology Co., Limitedは、2020年1月に中国香港で設立されたベンチャー企業。「1家に1台、ロボットがある世界」をビジョンに掲げ、初心者からプロフェッショナルまで扱いやすいロボット犬「Mini Pupper(ミニぷぱ)」を発表。ROS、OpenCV、およびRaspberry Pi搭載の四足歩行ロボットを1,000ドル未満の価格で発売するのは世界的にも珍しく、Mini Pupper(ミニぷぱ)は世界中の数多くのロボティックスコミュニティやメディアから高い評価を獲得しています。

【本件に関するお問い合わせ】
MangDang Technology Co., Limited
担当:Afreez Gan
メールアドレス:fae@mangdang.net

Facebook:https://www.facebook.com/MangDangテクノロジー-107900685038663/
Twitter:https://twitter.com/MangDang_Japan
Instagram:https://www.instagram.com/minipupper2021/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる