企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業してPayPayドームをメタバース化

(2022/5/25)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ソフトバンク株式会社

ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業してPayPayドームをメタバース化


ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と福岡ソフトバンクホークス株式会社は、福岡PayPayドーム(以下「PayPayドーム」)のメタバース化で協業し、2022年5月27日から次の二つの取り組みを実施します。


バーチャル空間に再現したPayPayドームへの来場体験ができるサービス「バーチャルPayPayドーム」の提供
現実空間におけるメタバースの取り組みとして、PayPayドームに来場されたお客さまへのAR(拡張現実)を活用した新たな体験の提供


この二つの取り組みは、ソフトバンクが提供するコンテンツサービス「5G LAB」のラインアップとして展開します。

「バーチャルPayPayドーム」は、3Dオブジェクトで再現したPayPayドームにスマートフォン(スマホ)などのブラウザーからアクセスし、PayPayドームの内外を3Dアバターで自由に散策したり、コロナ禍前の定番の応援スタイルだった「ジェット風船を飛ばす」といったアクションをしたり、お客さま同士がチャットでコミュニケーションを楽しんだりできるサービスです。試合中には、投手の投球を解析して準リアルタイム※1にボールの軌跡をバーチャル空間に再現する国内スポーツ界初※2の取り組みを実施します。今後も順次、再現する空間の拡張やアトラクションを追加していき、将来的には、現実空間で行われる福岡ソフトバンクホークスの試合をまるごとバーチャル空間で配信し、さらに野球だけにとどまらずコンサートなどのエンタメコンテンツも「バーチャルPayPayドーム」で再現することを目指します。

また、現実空間におけるメタバースの取り組みとして、PayPayドームに来場されたお客さまを対象に、VPS※3を活用して現実空間と融合したAR演出を楽しめるさまざまなイベントを、5月27日から29日まで実施します。今後は、PayPayドームでARを活用した周辺店舗との連携などを実施することにより、現実空間におけるメタバースの体験を充実させていきます。

※1 サーバーでデータの解析および処理を実施し、ほぼリアルタイムでデータを配信する方式。
※2 ソフトバンク調べ(2022年5月25日現在)
※3 Visual Positioning Service/Systemの略。画像から位置を測定するサービスもしくはシステム。

1.「バーチャルPayPayドーム」の概要
バーチャル空間に3Dオブジェクトで再現したPayPayドームに、スマホやパソコンなどのブラウザーから簡単にアクセスすることができる、「5G LAB」の新サービスです。3Dアバターを操作して、PayPayドームの外周やコンコース、ドーム内を散策するといった来場体験ができる他、現実空間では一般のお客さまは立ち入ることができない、選手のロッカールームを訪れることが可能です。「ジェット風船を飛ばす」といったアクションや、お客さま同士でチャットによるコミュニケーションも楽しめます。また、国内スポーツ界で初めて※2、試合中のピッチャーの投球(球速・軌跡)を解析し、準リアルタイムにボールの軌跡をバーチャル空間に再現する「準リアルタイム投球体験」もお楽しみいただけます(PayPayドームでの試合中のみ視聴可能です)。なお、「準リアルタイム投球体験」に関する機能は、特許出願済みです。

提供開始日:2022年5月27日
準リアルタイム投球
PayPayドーム外観
「バーチャルPayPayドーム」の詳細は、こちら(https://stn.mb.softbank.jp/s8y9C)をご覧ください。

2.現実空間におけるメタバースの取り組みの概要
PayPayドームに来場されたお客さまがスマホのブラウザーを通して楽しめる、VPSを活用したARの取り組みを実施します。ドーム外周デッキの7ゲート付近では、ソフトバンクホークス公式VTuberの鷹観音海(たかみね・うみ)と有鷹ひな(ありたか・ひな)(以下「うみひな」)がスマホ越しにARで登場します。「うみひな」の動きをモーションキャプチャーによってARでリアルタイムに再現し、お客さまの様子を見ながら手を振ったりするなど、双方型のリアクションをお楽しみいただけます。また、PayPayドームを巡る「PayPayドームツアー」の「練習見学コース」に参加される方は、練習中のグラウンドにスマホをかざすと、練習中の選手のスタッツ情報が表示されたり、実際の投球に重ねると球速や軌道などの投球解析情報が表示されたり、空中を飛行船が進んだりする様子をARでご覧いただけます。

実施日:2022年5月27~29日
※「うみひな」のARを体験できる時間は、5G LAB公式Twitter(https://twitter.com/5GLAB_JP)をご覧ください。練習中のARの取り組みは、「練習見学コース」の開催時間に参加者のみご体験いただけます。
(C) Fukuoka SoftBank HAWKS
※画像は全てイメージです。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン