企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

国内唯一のプラント防災コンサルティング会社が独自開発・提供するシミュレーション・エンジニアリング技術で防災対策を強力支援

(2022/6/7)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社FPEC

国内唯一のプラント防災コンサルティング会社が独自開発・提供するシミュレーション・エンジニアリング技術で防災対策を強力支援

シミュレーション結果閲覧用の三次元ビューワー(FMビューワー)を新規に提供開始。お客さまの多種多様なお悩み・ご相談にお応えするため、事前Web説明会を新規に開催。

危険物施設における防災コンサルティング、防災システム設計、防災シミュレーションを請け負う株式会社FPEC(エフペック)(横浜市中区:代表取締役、加藤 義幸)は、国内唯一のプラント防災コンサルティング会社として、プラント防災システムの設計業務、独自開発したプラント防災シミュレーションを活用したコンサルティングにより、お客さまの防災対策を強力に支援しています。 この度、シミュレーション結果を三次元で閲覧できるビューワー(FMビューワー)を新規に提供開始いたしました。シミュレーションの最大の特徴である三次元化表現のメリットを共有いただけるようになりました。 また、過去には相談先がなく、最後にたどり着いたのが弊社であったというお客さまも少なくなく、プラント防災のみならず、安全にかかわる多種多様なご相談を頂き、ご要望に沿ったソリューションを提供しています。専門性が高く敷居が高いという声をお聞きすることもありますが、弊社サービスの詳細やお客さまの具体的なお悩みをお気軽にご相談いただくために、事前Web説明会を無料で開催することにいたしました。お気軽にお問い合わせください。



弊社発祥の防災システム設計

弊社は元々設計会社が発祥であり、大手コントラクター様向けに、国内/海外を問わず石油/化学プラント・LNG/LPGプラント等の防消火設備(消火設備、火災/ガス警報設備)の基本システム設計に20年以上携ってきました。長年の経験により、弊社は深い見識と設計ツールを備えています。
防災システム設計業務では、客先の仕様や適用法規・基準などを踏まえ、エンジニアリングの見地からプラント全体の災害リスク分析を行った上で、防消火設備の設計基準となる仕様書を作成することで、手戻り作業を抑え、基本設計以降のスムーズなプロジェクトの進行をサポートしています。

防災システム設計の検討・作成図書一覧


また、防消火設備のシステム設計だけではなく、設備/建屋間距離・耐火構造・耐火時間・防爆構造・空調設備や排煙設備と感知器との連携など、配置計画や防火区画を踏まえたプラント全体の包括的な保安・安全設備の設計も行います。
さらに、防消火メーカーからの見積に対する技術評価や、メーカー発注後の承認図書チェック、技術的なレビュー・サポート、エンドユーザーからのコメント対応等も行っています。



独自開発した防災シミュレーション技術

プラント防災分野における深い知識と豊富な経験を生かし、漏洩・蒸発、ガス/煙拡散、爆発、火災およびそれらの対策のためのプラント防災シミュレーション用ソフトウェアを自社開発しています。
ラインナップは以下の通りです。
これらシミュレーションは、弊社の防災システム設計業務およびコンサルティング業務において、プラント設計時の安全対策の根拠データ発災時の影響度評価警防計画などの対策案の立案に活用し、合理的かつ説得性のあるソリューションをお届けしています。


漏洩・液の広がり・蒸発シミュレーション
ガス拡散シミュレーション
爆発シミュレーション(BLEVE・ファイアーボール・VCE)
輻射熱計算シミュレーション(タンク火災・漏洩火災)
ボイルオーバーシミュレーション
原油蒸発拡散シミュレーション
タンク火災消火シミュレーション
水/泡放射シミュレーション
防消火資機材配置シミュレーション



シミュレーション結果(輻射熱/水放射/防消火資機材配置)

いずれのシミュレーションソフトウェアも、国内外の最新の技術情報(石油コンビナートの防災アセスメント指針、アメリカのNFPA、API、NIST、イギリスのEIなど)を調査し、プラント防災分野における深い知識と豊富な経験を基に、独自に構築しています。また、災害は、火災が突然で発生するのではなく、まずは危険物の漏洩から始まりそれが蒸発・拡散し、着火して爆発し、火災に至るなどの一連の流れがあります。弊社のシミュレーションはこの一連の流れに沿う形で分析できるように開発し、一貫した災害シミュレーションが実現可能であるところが最大の特徴点です。

災害の流れの例



シミュレーション結果を三次元で確認できるFMビューワーの無償提供開始

これまでシミュレーション結果は、代表的な視点での結果図を紙媒体で提供していましたが、画面上で様々角度や視点から三次元で確認して頂けるように、FMビューワーをご用意し、無償提供を開始いたしました(弊社HPからダウンロードが可能です)。
別途お渡しするシミュレーション結果ファイルをFMビューワーを通して確認いただければ、例えば、水放射シミュレーションでは、散水対象物への水のかかり具合、放水が障害物を回避している状況などをあらゆる方角からズームイン/アウトしながら三次元で確認できます。
また、以下に挙げる条件を変更することで、お客さまご自身でシミュレーションすることが可能です。風向や風速を変えれば、輻射熱強度や放水軌跡がどのような影響を受けるかを画面上で即座に確認することができます。実際の火災や泡放水などは簡単に実施できませんが、FMビューワーを用いることで様々な状況をシミュレートすることができます。

■ 変更可能なシミュレーション条件(主なもの)


気象条件(風向・風速)
泡および水放射ノズル方向
水放射ノズルのスプレー角度
輻射熱受熱面高さ
マップ表示輻射強度
タンク火災消火方法など



さらに、FMビューワーの操作性にも工夫を加え、コントロールパネルによる操作指示、操作説明の画面表示によりスムーズな操作を実現しています。

FMビューワーの詳細は、弊社HPでご確認ください。
■ FMビューワー
https://fpec1.co.jp/plantdisaster-preventing-simulator/viewer.html
■ FMビューワー動画
https://fpec1.co.jp/plantdisaster-preventing-simulator/movie-viewer.html



弊社サービスや具体的なお悩みをご相談いただける事前Web説明会を無料開催

弊社は国内唯一のプラント防災コンサルティング会社として、プラント防災システムの設計業務、プラント防災シミュレーションを活用したコンサルティングを提供しています。過去には相談先がなく、最後にたどり着いたのが弊社であったというお客さまも少なくなく、プラント防災のみならず、安全にかかわる多種多様なご相談を頂き、ご要望に沿ったソリューションを提供しています。
昨今では、プラント内でのドローンやタブレットなどの最新電子機器の使用やプラントDX化に関連して、防爆エリアの精緻なリスク評価に関してもご支援できる体制をいち早く整えております。
■ プレスリリース
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=93676&release_id=1&owner=1
■ 弊社HP
https://fpec1.co.jp/plantdisaster-preventation-consulting/explosion-proof-area.html

専門性が高く敷居が高いという声をお聞きすることもありますが、弊社サービスの詳細やお客さまの具体的なお悩みをお気軽にご相談いただくために、TeamsやZoomなどを活用して、事前Web説明会無料で開催することに致しました。以下に挙げるような様々な形式で対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
弊社お問い合わせフォーム:https://fpec1.co.jp/contact-us.html

■事前Web説明会の形式例


ご本社さま向け(本社安全部門・技術部門向け、さらに各事業所関係者を加えた形式など)
各事業所さま向け(各事業所固有のご相談対応)
コンビナート地域共同防災協議会などの団体さま向け(各種団体の会員会社さま向け)
消防関連団体さまの講習会への出講(地域消防本部さま主催の講習会など)


■過去の講演会出講実績
 千葉県消防課殿主催 消火戦術研修会
 川崎市臨港消防工場協議会殿
 川崎市千鳥地区防災協議会殿
 アドバンスソフト株式会社殿主催 プラント防災とシミュレーションセミナー
 MS&ADインターリスク総研株式会社殿主催 エンジニアリングフォーラムなど


サービス紹介ページ

■ プラント防災システム設計
https://fpec1.co.jp/plantdisaster-prevention-system-engineering.html

■ プラント防災シミュレーション
https://fpec1.co.jp/plantdisaster-preventing-simulator.html


会社概要


会社名:株式会社FPEC

神奈川県横浜市中区:代表取締役社長 加藤 義幸

プラント防災コンサルティング、プラント防災システム設計、プラント防災シミュレーション、特殊防災機器の調達・販売

H P: https://fpec1.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン