企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

<国内初>ユーロフィン日本環境が人体に有害な環境中のPFAS(ピーファス)分析でISO対象項目として認定範囲の対象へ

(2022/6/30)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ユーロフィン日本環境株式会社

<国内初>ユーロフィン日本環境が人体に有害な環境中のPFAS(ピーファス)分析でISO対象項目として認定範囲の対象へ

22項目のPFAS物質の測定が可能となり、消火剤やその他フッ素樹脂加工等に使用されている物質の測定が可能となりました

ユーロフィン日本環境株式会社(所在地:神奈川県横浜市/代表取締役:木村 克年)は、国内外で規制が進んでいるPFAS(有機フッ素化合物)に関する水質分析で、2022年5月20日に国内初のISO17025(試験所認定)認定範囲取得をいたしました。




 現在、数千項目あると言われているPFASの3項目に対してのみ、公定法として分析できる現状を踏まえ、より幅広い分析項目の測定サービスを国内で提供すべく、今回のISO取得を実施いたしました。今回、取得した分析方法は、米国の分析方法であるEPA537.1に基づいた一部変更の分析方法で取得し、消火剤等に含まれている6:2 FTSといった国内でも注目されている分析項目を対象に含んだ22項目を分析できる方法です。



 2021年末日本で公開されたPFOAによる環境汚染を取り上げた映画で言及されたように、撥水や滑りを良くする加工等(化粧品・包装紙・消火剤・半導体のエッチング処理等)において、幅広く使用されているPFAS(有機フッ素化合物)が、人体に有害な物質であることが世界中の調査・研究を経て、明らかになっていっています。欧州においては製品輸出の規制や一部PFAS自体の使用禁止等で規制対象を徐々に拡大しており、米国においては化粧品の50%以上がPFAS含有であることが調査で判明し、また工場や米軍基地周辺における環境中の水質・土壌におけるPFAS汚染が広がっている背景からも、米国環境保護庁(USEPA)では2024年までのPFAS対策のロードマップ*¹*²を2021年10月18日に公開し、順次実行されております。一方、日本国内においても一部工場・基地周辺においてPFAS汚染が観測されており、PFASに対する環境規制に向けた暫定基準値を設ける等のアクションが進められております。



 今回、国際基準であるISOを取得した分析メソッドは、地下水・河川水等の環境水(土壌の溶出検液等も対応)の試験法であり、米国の分析法であるEPA537.1をベースに、分析項目を一部追加した分析法です。これにより、国内公定法で対象としているPFOS/PFOA/PFHxS以外にも、PFHxA/6:2 FTSといった消火剤等に含まれる物質も対象とし、22項目を対象とした分析法となります。今後、世界で毒性評価が進むにあたり、PFASの規制対象は徐々に増えていく見込みとなるため、環境リスク評価として必要とされるであろう物質を追加し、導入しております。なお、ISOは分析能力の評価をする厳格な国際基準であり、海外においてはISO取得が分析機関の能力を担保する位置づけとなっております。

・参考文献
*¹)JETRO「バイデン米政権、有機フッ素化合物PFASの規制を強化へ」
https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/10/db4be4c8fdbec652.html

*²)PFAS Strategic Roadmap: EPA's Commitments to Action 2021-2024
https://www.epa.gov/pfas/pfas-strategic-roadmap-epas-commitments-action-2021-2024


・本件に関する弊社お知らせページ
https://www.eurofins.co.jp/pfas%E5%88%86%E6%9E%90-pfospfoapfhxs%E7%AD%89/pr/20220606/



■ユーロフィン日本環境
ユーロフィン日本環境は環境測定・分析・コンサルティングにおいて、40年以上の実績を持つ企業です。土壌・水質・大気等、幅広い環境試料の分析に対応しており、計量証明事業登録に加え、ISO 9001/17025の試験所認定を取得しています。2012年からユーロフィングループに参画し、世界の環境規制や分析法について、グループ企業と情報共有し、研究・実践している企業です。

・ユーロフィンPFASページ
https://www.eurofins.co.jp/pfas%E5%88%86%E6%9E%90-pfospfoapfhxs%E7%AD%89/

・ユーロフィン日本環境HP
https://www.eurofins.co.jp/%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%88%86%E6%9E%90/

■会社概要
商号  :ユーロフィン日本環境株式会社
代表者 :木村克年
所在地 :〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
設立  :1974年12月
事業内容:環境調査、環境分析、環境コンサルティング
資本金 :5,000万円
URL   :https://www.eurofins.co.jp/%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%88%86%E6%9E%90/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン