企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

RPAテクノロジーズ「BizRobo!」、小樽市へ本格導入開始

(2022/7/6)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:RPA テクノロジーズ株式会社

RPAテクノロジーズ「BizRobo!」、小樽市へ本格導入開始

~トライアル段階から複数部署での業務自動化に成功、既存システムとのスムーズな連携を実現~


 RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、北海道小樽市(小樽市長:迫 俊哉)が行ったRPA構築関連業務に関する公募型プロポーザルにおいて優先委託候補者に選定され、RPA ツール「BizRobo!」を2022年6月より同市に本格導入することをお知らせいたします。

■小樽市での導入の背景
 RPAテクノロジーズでは2021年から、小樽市のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進支援として、施設管理課・こども福祉課・市民税課といった複数の部署でRPA導入に向けてのトライアルを行ってきました。
 その結果、小樽市が以前より利用している財務会計システム、福祉医療システム、住民情報システム等と「BizRobo!」との連携が問題なく進められることが確認され、トライアル期間中だけで15体のロボットを完成させるまでに至りました。これにより、小樽市が抱える業務ひっ迫等の課題解決において、「BizRobo!」が大きな効果を発揮できることが明らかとなりました。
 また今回の公募型プロポーザルにおいては、小樽市から手書き帳票データ化サービス「AIよみと~る(LGWAN接続タイプ)」の導入希望があり、こちらのトライアルにおいてもRPAテクノロジーズがスピーディに対応したこと等が決め手となり、「BizRobo!」の本格導入が決定いたしました。

■今後の展望
 北海道では2021年9月に「北海道Society5.0推進計画※」が策定され、その中で行政は「未来技術の活用を前提とした仕組みづくり」を行うと明記されております。自治体業務にRPAを活用することは、職員の方の業務負荷軽減や作業時間短縮を実現し、そこから生まれた余力がサービス品質の向上につながり、道民の「より質の高い暮らし」を実現するという上記計画の目的達成にも寄与すると考えております。
 今回の「BizRobo!」導入により、小樽市役所内の対応部署・業務をさらに広げ、職員の方および市民の皆様により良いサービスを提供できるよう、さらに手厚くサポートを続けていきます。
 また小樽市での導入により、北海道内の8自治体で「BizRobo!」を活用いただくことになりましたが、今後も道内でさらに多くの自治体にRPAを推進し、各自治体のDX推進の一助となるべく努める方針です。
※参考資料:https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/dtf/society5/plan.html

■「BizRobo!」について


 「BizRobo!」は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットの導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。
詳細につきましては製品ページ:https://rpa-technologies.com/products/ をご覧ください。
― 主要製品ラインナップ―
 ・BizRobo! Basic : https://rpa-technologies.com/bizrobobasic/
 ・BizRobo! Lite  : https://rpa-technologies.com/lite/
 ・BizRobo! mini  : https://rpa-technologies.com/bizrobomini/


【会社概要】
■小樽市について

・小樽市役所:小樽市花園2丁目12番1号
・市長   :迫 俊哉

■RPAテクノロジーズ株式会社 (https://rpa-technologies.com
・本社所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
・設立   :2013年7月
       クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
       オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572
       東証プライム)より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者  :代表取締役 執行役員社長 大角 暢之
・資本金  :3,000万円
・事業内容 :RPA、AIを活用した情報処理サービス業 、コンサルタント業務
       BizRobo!を活用した新規事業開発・推進
・札幌オフィス所在地:北海道札幌市中央区大通西1-14-2 桂和大通ビル50 9F

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン