企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

マイクロン、高速で手頃な価格のCrucial NVMe SSDを新発売

(2022/7/8)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:マイクロンメモリジャパン株式会社

マイクロン、高速で手頃な価格のCrucial NVMe SSDを新発売

Crucial P3 Plus Gen4・P3 Gen3 NVMe SSDでPCをアップグレードし次世代パフォーマンスを実現可能。容量は最大4TB

2022年7月7日 - Micron Technology, Inc.(本社:米国アイダホ州ボイジー) は本日、受賞歴のあるCrucial NVMe SSD製品群の新製品として2つの消費者向けストレージ製品、Crucial P3 Plus Gen4 NVMeおよびCrucial P3 NVMeソリッドステートドライブ(SSD)の発売を発表しました。


主な特長:

Crucial(R) P3 Plusは、最大5000MB/秒の読み込み速度を持つGen4 NVMe™ SSDテクノロジーを、Crucial P3 Gen3 NVMe SSDは最大3500MB/秒の読み込み速度を提供
両製品はMicron(R)の高度な176L 3D NANDと革新的なコントローラ技術を搭載
高速かつ高品質で手頃な価格の選択肢を求める高性能PCユーザー、プロフェッショナル、クリエイター、ゲーマー向けにマイクロンが設計・エンジニアリング・製造





新しいCrucial P3 Plus SSD製品ラインは、最大5000/4200MB/秒*[1]のシーケンシャル読み込み/書き込み速度で魅力的な価格性能指標を提供し、次世代のCrucial P3 SSDは最大3500/3000MB/秒*[2]の読み込み/書き込み速度を実現します。どちらのドライブも最大4TB*[3]までの容量が用意されており、プロフェッショナル、クリエイター、ゲーマー、その他の高性能ユーザーが必要とする理想的な拡張性のあるストレージソリューションです。

マイクロンのコマーシャル製品グループ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのテレサ・ケリーは「PCをGen4 SSDへとアップグレードを望んでいたユーザーは、もう待つ必要はありません。新しいCrucial P3 Plus SSDの発売により、高性能SSDを求める誰もがNVMe Gen4ストレージにアップグレードでき、手頃な価格で、PCの将来を保証します。Crucial P3 PlusとP3 SSDの両製品は、ユーザーにとってより短時間でより多くの作業を行える競争力のある高性能ストレージとしての選択肢になり、マイクロンのSSDポートフォリオ全体とNVMe製品カテゴリを強化します」と述べています。

Crucial P3 Plus Gen4 NVMe SSDについて
Crucial P3 Plus Gen4 NVMe SSDは、SATA*[4] SSDの約9倍、最速のGen3 SSD*[5]よりも最大43%高速なロード時間とデータ転送を実現します。これは、新しいNVMe Gen4 PCの構築やNVMe Gen3システムのアップグレードに最適な製品です。Crucial P3 Plusにはマイクロンの先進176層3D NAND*[6]が搭載され、厳格な基準でテストと検証が行われました。P3 Plusは、高性能PCユーザーが必要とするすべてのアプリケーション、プログラム、ファイル、写真、ビデオ、およびゲームに対応する余裕のある強固なストレージソリューションです。さらに、P3 Plus SSDは、ほぼ全てのGen3システムに対して柔軟な下位互換性を提供します。

Crucial P3 Gen3 NVMe SSD
Crucial P3 Gen3 NVMe SSDは、ロード時間がSATA SSDの6倍、ハードディスクドライブ(HDD)*[7]の20倍以上高速化され、前世代より45%高速なパフォーマンスを提供します*[8]。高速な起動、ダウンロード、ファイル転送を実現するCrucial P3 SSDは、DIYユーザー、カジュアルゲーマー、プロフェッショナル、エントリーレベルのデザイナーなど、予算内で高品質のNVMeを必要とするユーザー、あるいは古いSATAやHDDテクノロジーからPCをアップグレードするユーザーに適しています。

今回発売するCrucial P3 PlusおよびP3 SSDは、P5 Plus、X8、X6、MX500、BX500を含むCrucialの内蔵および外付けSSD製品のラインアップを強化するものです。さらに、P3およびP3 Plus SSDには、パフォーマンスを最適化するCrucial Storage Executive管理ソフトウェアと、簡単にインストールできる無料のクローニングソフトウェアが付属しています。

Crucialについて
Crucialはメモリ・ストレージ製品のエキスパート(The memory and storage experts™)です。Micronのグローバルコンシューマーブランドとして、同社が40年以上にわたり磨きあげてきたイノベーションとテクノロジーを、独自の視点から世界中のお客様にお届けします。17万5千種類以上ものデスクトップパソコンやノートパソコン、ワークステーションとの互換性を誇るCrucialのメモリ・ストレージ製品は、プロのコンテンツ制作者からゲーマー、PC愛好家やオーバークロックを使いこなすコアなユーザーまで、幅広いお客様にご愛用いただいています。当社は25年間にわたり、Crucial System Scannerなどのツールを通して、お客様のシステムにぴったりのメモリ(DRAM)とストレージ(SSD)選びをサポートしてきました。Crucialの製品は、世界中の大手小売店、オンラインストア、小売店、システムインテグレータで購入することができ、各地でシステムのパフォーマンスを高め、生産性の向上を実現しています。詳細は https://www.crucial.jp/ からご覧ください。

最新情報は公式SNSアカウントからご確認ください。
Facebook:   https://www.facebook.com/CrucialMemory/
Twitter: https://twitter.com/CrucialJapan
YouTube: https://www.youtube.com/user/CrucialJapanese

Micron Technology, Inc.について
マイクロンは、情報活用のあり方を変革し、すべての人々の生活を豊かにするために、革新的なメモリおよびストレージソリューションを提供するリーディングカンパニーです。顧客第一主義を貫き、テクノロジーの最前線でリーダーシップを発揮し続け、洗練された製造技術と事業運営を妥協なく追求するマイクロンの製品ポートフォリオは、DRAM、NAND、NORの各種メモリからストレージ製品まで多岐にわたり、Micron(R)またはCrucial(R)のブランドを冠した高性能な製品を多数展開しています。マイクロンで生まれた数々のイノベーションは、データの活用を加速すると同時に、人工知能や5Gといった最先端分野の進歩の基盤として、データセンターからインテリジェントエッジ、さらにはクライアントコンピューターとモバイルをまたいだユーザーエクスペリエンスまで、さまざまな事業機会を新たに生み出し続けています。Micron Technology, Inc.(Nasdaq: MU)に関する詳細は、https://jp.micron.com/をご覧ください。

(C) 2022 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。マイクロン、マイクロンのロゴ、およびその他のすべてのマイクロンの商標はMicron Technology, Inc.に帰属します。他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

CrystalDiskMark(R)を使用し、コマンドキューをフルに使用し、ライトキャッシュを有効にした場合の代表的なI/O性能の数値です。フレッシュ・アウト・オブ・ボックス(FOB)状態を想定しています。性能測定のために、SSDは安全な消去コマンドを使用してFOB状態に復元することができます。システムのばらつきが測定結果に影響します。
同上
記憶容量の一部はフォーマットなどに使用され、データの保存には使用できません。1GBは10億バイトに相当します。
NVMe SSDのCrucial P3 Plusの読み込み速度5000MB/sとSATA SSDのCrucial MX500の読み込み速度560MB/sのSSDの速度比較です。
Crucial P3 Plusの公表最高速度5000MB/sと、NVMe SSDの公表Gen3最速速度3500MB/sとの速度比較です。
SSDの速度比較は、Crucial P3 NVMe SSDの公表値3500/3000MB/sとCrucial MX500 SATA SSDの公表値560/510MB/sの間、SSDとHDDの速度比較は、Crucial P3 NVMe SSDの公表値3500/3000MB/sと民生用ハードディスクドライブのプリセット値で最高の7200RPM(~156MB/s)の間です。
SSDの速度比較は、Crucial P3 NVMe SSDの公表値3500/3000MB/sとCrucial MX500 SATA SSDの公表値560/510MB/sの間、SSDとHDDの速度比較は、Crucial P3 NVMe SSDの公表値3500/3000MB/sと民生用ハードディスクドライブのプリセット値で最高の7200RPM(~156MB/s)の間です。
Crucial P3の最大3500/3000MB/sの速度は、Crucial P2の最大2400/1900MB/sの速度に比べ、それぞれ1.3倍、1.6倍の速度となっています。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン