企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

マテリアルズ・インフォマティクスのPOLYMERIZE、東洋インキSCホールディングス株式会社とライセンス契約を締結

(2023/11/11)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:POLYMERIZE合同会社

マテリアルズ・インフォマティクスのPOLYMERIZE、東洋インキSCホールディングス株式会社とライセンス契約を締結

2023年10月より、SaaS型プラットフォームを通じて新製品開発を支援

POLYMERIZE合同会社(本社:東京都港区、社長:Kunal Sandeep、以下、当社)は、東洋インキSCホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高島悟)と、プラットフォームのライセンス契約を締結いたしましたので、ここにお知らせいたします。当社が展開するSaaS型マテリアルズ・インフォマティクスプラットフォーム「Polymerize Labs」を通じて、東洋インキグループの新製品開発をサポートして参ります。




東洋インキSCホールディングス株式会社への導入の背景
マテリアルズ・インフォマティクス(以下、MI)とは、膨大な材料実験データをデジタル化し、機械学習AIを用いて解析を行うことで、あらかじめ実験結果の予測を立てることを可能とするテクノロジーです。このテクノロジーを活用することにより、従来の「トライアンドエラー式」、「実験の数でカバー式」の開発プロセスから脱却し、メーカー様の研究開発の効率化、スピードアップを実現することができます。

東洋インキグループのトーヨーケム株式会社と当社は、本年初頭よりMIに関するディスカッションを開始し、当社プラットフォームの有効性、活用方法等について、実証を行なって参りました。結果的に、当社のプラットフォームの柔軟性やAIのアルゴリズムはもとより、開発工程との親和性についてもご確認いただくことができ、研究開発部門でのMIツールとしてご採用いただく運びとなりました。

トーヨーケム株式会社 ポリマー材料研究所 所長 小清水渉様のコメント:
「我々の研究開発は、まずポリマー合成から始まりそのポリマーや各種添加剤を配合し塗液化する、という製品開発のスキームをたどります。この様な場合、従来のMIでは配合処方を飛び越え、原料であるポリマー組成まで関連づけ、塗液の実用物性値を予測するのは困難でした。しかし今回出会ったPolymerize Labsではその課題を解決する多段階機能を有しており、この点において私たちの研究開発に有効活用できると判断し、契約に至りました。当社グループは、24年1月から“artience”に社名を変更し、新たに始動します。私たちはPolymerize Labsの活用により、感性に響く価値とオンリーワンの新製品を次々と生み出すことで、心豊かな未来の実現と、グローバルな社会課題解決の一助になることをこれからも目指してまいります。」

当社社長、Kunal Sandeepのコメント:
「この度、当社プラットフォームが東洋インキグループにご採用いただけたことを大変嬉しく思っております。MIプラットフォームは、導入時はもとより、導入後にどれだけサポートをご提供できるかが成功の鍵であると考えております。当社の専門チームのサポートを通じて、東洋インキグループの研究開発活動をしっかりと支援させていただきたく考えております。また積極的な新機能の投入により、プラットフォームのパフォーマンスの底上げも図って参ります。」

Polymerizeについて:
「AIで材料開発に変革を-マテリアルズインフォマティクスのPolymerize」
Polymerizeは本社をシンガポールに置く、グローバル企業です。東南アジアはもとより、欧米、そして日本のお客様とともに、素材開発の新たな可能性を追求するべく、日々研究開発活動を行っております。当社では日本の素材セクターを非常に重要な市場と捉えており、本年5月に独自の営業拠点として、日本法人であるPOLYMERIZE合同会社を設立、日本のお客様に対して、一層のサービスをご提供する体制を整え、積極的に展開しております。
「マテリアルズ・インフォマティクス」の必要性が高まる一方で、「どのように始めればいいのかわからない」、「本当に投資価値はあるのだろうか」という声も多くある状況です。このようなお悩みに対して、当社はお客様の状況に即した、最適なアプローチをご提案させていただきます。
本社がシンガポールに立地している特徴を活かし、今後もグローバルスタンダードと日本のスタンダードの双方を取り入れた、ワンランク上のマテリアルズ・インフォマティクスプラットフォームづくりを推進してまいります。当社の最新情報につきましては、当社LinkedInページにてぜひご確認ください。

【Polymerizeに関するお問い合わせ】
POLYMERIZE合同会社 営業・マーケティング担当:魚住 
メール:anri.uozumi@polymerize.io 

【日本法人 会社概要】
社名:POLYMERIZE合同会社
本社所在地:〒105-6415 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15F
代表者:Kunal Sandeep
事業内容: SaaS型マテリアルズ・インフォマティクスプラットフォームの販売、およびカスタマーサーポート
設立: 2023年5月
HP:https://polymerize.jp

【グルーバル本社 会社概要】
社名:Polymerize Pte Ltd
オフィス所在地:Twenty Anson #11-01, 20 Anson Road, Singapore 079912
代表者:Kunal Sandeep (Co-Founder and CEO)
Abhijit Salvekar (Co-Founder and CTO)
設立:2020年5月
HP:https://polymerize.io


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン