企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

インテリジェント ウェイブと相模容器、工場での映像データを活用した異常検知の実証実験を実施

(2023/12/1)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社インテリジェント ウェイブ

インテリジェント ウェイブと相模容器、工場での映像データを活用した異常検知の実証実験を実施

~工場内製造ラインにおける高精度分析を実現~

 決済やセキュリティ分野におけるシステム開発を行う株式会社インテリジェント ウェイブ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤 邦光、以下:IWI)は、ラミネートチューブ※の製造を手がける相模容器株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:綾部 鉄郎、以下:相模容器)の協力のもと、工場内の映像データを活用した実証実験を実施しました。  本実験ではIWIのリアルタイムデータ分析ソリューション「AIMD」を活用し、製造ラインにおける機械の異常検知に対する高精度分析を実現しています。今後は、相模容器での本導入を進めていくほか、製造業における多種多様な分析課題の解決に取り組んでまいります。


 ※チューブの一種で、半固形状の材質のものを入れるのに幅広く用いられている。

実証実験の背景


 DXやスマートファクトリー推進を背景に、あらゆる業界でデータ活用の重要性が高まっています。特に製造業界では、データ活用が製造プロセスの最適化や機器故障の予測など、品質向上に寄与します。製品の品質向上は、顧客満足度や業績の向上だけでなく、廃棄削減による持続可能性や環境配慮の観点からも重要です。
 ラミネートチューブを製造する相模容器も、これらの観点を重要視しており、品質向上を追求しています。その取組みとして、リアルタイムでの検知とデータ活用(事後でのトレース、根本原因の分析、予兆検知等)を組み合わせたシステムの導入を検討するため、IWIと連携し「AIMD」を用いて工場内の製造ラインにおける実証実験を行いました。

今回の実証実験について



 本実証実験では、相模容器の製造ラインにおける封入シール(Pシール※)の形状や、機械の動作異常の分析、機械の温度分析(サーマルカメラとの連携)といった複数観点での測定を実施し、これら各観点における分析の実現性と高い精度を確認できました。
 今後は、相模容器のスマートファクトリー化推進の一環として、柔軟なシステム構成、多様なインプットデータを組み合わせることによる複合分析、データを活用した予兆検知といった取組みを進めていきます。

 ※気密性を維持し、かつ内容物の漏れを防止するための蓋材

AIMDについて


 IWIは、決済および金融領域におけるリアルタイム通信や大容量のデータ処理技術を強みとし、これまで培った技術をもとに新たな領域へ進出しています。2019年には放送業界向けに4K/8K放送における大量のIPフローデータの監視製品「EoM」の提供を開始し、その後、「EoM」におけるメディアデータ分析のノウハウを活用し、2022年にリアルタイムデータ分析ソリューション「AIMD」の提供を開始しました。
 「AIMD」は、インプットとなるデータの種類を問わず、リアルタイムに複合分析することが可能で、要件に合わせてIWIのエンジニアが分析モデルおよびAIエンジンを調整し提供します。また、製造業では、同一の分析を複数箇所、複数の生産ラインで行う場合でも、システム/サーバを乱立させることなく効率的に集約することも実現可能です。
 現在、多様な業種や業界からの引き合いがあり、2023年8月には、「AIMD」のオプションパッケージである「AIMD for Value Exchange Option」が地域の特産品を活用した店舗の仕組みに採用されるなど※、その実績を伸ばしています。

※「レンガと商品の物々交換によりショッピングを行う省人店舗が北海道江別市にオープン(ストアプロジェクト)」(2023年8月8日発表):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000084379.html

製品ページ :https://www.iwi.co.jp/products/all/aimd.html

(製造業向け製品概要)


株式会社インテリジェント ウェイブ(IWI)について


 IWIは、決済、金融、セキュリティ分野を含む、企業のビジネスリライアビリティ(※) を支えるITサービス会社です。
 国内における高いシェアを誇る「NET+1」のカード決済システムを中心に、証券システム、セキュリティソリューションを展開しています。近年では、放送業界向けに大量のIPフローデータの監視製品「EoM」の提供を開始するなど、新規の領域にも精力的に取り組んでいます。
 「次代の情報化社会の安全性と利便性を創出する」を経営理念に、高速、安全、高品質で利便性の高いIT基盤を提供して、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
 ※ビジネスリライアビリティ:顧客事業の信頼性およびIWI事業の信頼性を高め続けること (IWIの造語)

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インテリジェント ウェイブ 
営業本部 営業第四部
E-mail:info_sales@iwi.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン