企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ペンティオ、SecureW2サービスでクラウドRADIUS AsiaPacific-1リージョンを無償追加提供

(2023/12/11)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ペンティオ株式会社

ペンティオ、SecureW2サービスでクラウドRADIUS AsiaPacific-1リージョンを無償追加提供

~無線アクセスポイントに2リージョンx2IPアドレス提供でレスポンスと冗長性を向上~

ペンティオ株式会社(本社:東京都千代田区、URL:https://www.pentio.com/aboutus/、以下 ペンティオ)は、2023年12月8日より、ペンティオでSecureW2をご契約の皆様に、クラウドRADIUS AsiaPacific-1リージョンの無償追加提供を開始いたしました。



SecureW2は、従来よりRADIUS = Global-1リージョンを提供してまいりました。これに加えて、日本のお客様に最も近いリージョンであるAsiaPacific-1リージョンを提供いたします。これによりお客様の組織では各リージョンごとPrimaryとSecondaryの2つずつ、2リージョンあわせて計4つのRADIUSエンドポイントを同時利用することができるようになりました。

AsiaPacific-1リージョンは、世界中の利用顧客がリクエストをするGlobal-1リージョンと比較してRADIUSのリクエストが集中しづらく、パフォーマンスが低下しにくいというメリットがあります。
また、AsiaPacific-1リージョンをご利用の場合、データセンターがアジア太平洋地域にあるため、Global-1リージョンが提供される米国のデータセンターと比較して日本からの地理的距離が近くなります。
これによりレイテンシが向上し、高速な通信レスポンスを実現します。



また、Global-1リージョンとAsiaPacific-1リージョンを同時にご利用いただけるため、RADIUSクライアント機器が3つ以上のRADIUSサービスを指定出来る場合はどちらもご登録いただくことで、最大4つのRADIUSエンドポイントを登録し冗長構成を強化することが可能です。

SecureW2はGlobal-1リージョンでも安心してご利用いただけるパフォーマンスを提供しておりますが、ペンティオではより安定し高速に通信できるAsiaPacific-1リージョンを追加提供することで、日本のお客様により安心いただけるサービスを提供いたします。ペンティオはこれからも新しい日常に対応するスマートな認証を提供してまいります。



■SecureW2サービス料金(税別)
SecureW2ライセンス お問い合わせ /台・年間 (※1)

SecureW2導入支援パック(MDM 1式の場合) ¥500,000 /初期設定 (※2)

SecureW2導入支援パック(MDM 2式の場合) お問い合わせ /初期設定


※1 SecureW2サービス利用料金はデバイス1台ごとの年間サービス料金です。サービス料金はペンティオ株式会社SecureW2セールスチームまでお問い合わせください
※2 Microsoft Intune、Jamf Pro、VMware Workspace ONE UEM、Ivanti Neurons for MDMなどのデバイス個別にクライアント証明書を配布するSCEP/ACME連携をサポートするモバイルデバイス管理サービスのこと

本製品の詳細は https://www.pentio.com/securew2/ をご覧ください。
本リリースは https://www.pentio.com/news/2023_02_securew2/ をご覧ください。


以上


* 記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
* 当リリースが配信後にご契約を頂いたお客様も無償でAsiaPacific-1リージョンをご利用をいただけます。


■SecureW2について
SecureW2は、世界中の企業、教育、ヘルスケア、サービスプロバイダー、および中小企業に次世代のパスワードなしのネットワークセキュリティを提供します。証明書とマネージドPKIサービス、一流のデバイスオンボーディングソフトウェア、および世界クラスのRADIUS認証サービスを提供します。 SecureW2は、資格情報の盗難リスクを排除し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることにより、組織がネットワークの境界を保護するために必要なすべてのものを提供します。 詳細については https://www.securew2.com/ をご覧ください。

■ペンティオ株式会社について

ペンティオ株式会社は、クラウドアカウント管理SSOサービス「OneLogin」、マネージドPKIとクラウドRADIUSサービス「SecureW2」、PKIデバイス「YubiKey」、セキュリティ攻撃をAIで自動検知解析対処「Stellar Cyber」、クラウドログ管理セキュリティ監視「Sumo Logic」を提供する企業です。ペンティオは、OneLogin、SecureW2、YubiKey、Stellar Cyber、Sumo Logicで、クラウド利用者の鍵と認証、クラウドセキュリティの監視と対処に特化したSmart IDを提供しております。
製品詳細については https://www.pentio.com/securew2/ をご覧ください。

■ペンティオの連絡先

社名     ペンティオ株式会社
本社所在地  〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-4 笠松千代田ビル 4F
代表者    代表取締役 長谷川 晴彦
URL     https://www.pentio.com/aboutus/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン