企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

SASEのリーダー、Netskope社より2023年度「Top Hunter award」「Ambassador award」「SE MVP」をトリプル受賞

(2024/3/1)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:ネクストモード株式会社

SASEのリーダー、Netskope社より2023年度「Top Hunter award」「Ambassador award」「SE MVP」をトリプル受賞

~クラウドであたらしい働き方を~

業務効率化に向けたSaaSの導入運用・活用コンサル、AWSなど柔軟に働くためのクラウド環境を作るトータルコーディネーターであるネクストモード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:里見宗律、以下「ネクストモード」https://nextmode.co.jp/ )はこの度、Netskope Japan(本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:大⿊ 甚一郎)から2023年度の「Top Hunter award」「Ambassador award」「SE MVP」を受賞いたしました。


Netskopeの販売代理店として、日本で最も多くの新規顧客を獲得したこと、及び、SNSやブログを通してNetskope製品の魅力や使い方等を広く発信したこと、個人賞として富川による最先端ブログの執筆が評価され、この度のトリプル受賞となりました。

ネクストモードのゼロトラスト商材が売れた要因には、3つの「なぜ」があると考えます。
「なぜ、VPNをやめてNetskopeを選ぶのか」
「なぜ、安くはないNetskopeがこれだけ売れているのか」
「なぜ、ゼロトラストの中心にNetskopeがあるのか」

この答えは、NetskopeのSASEと呼ばれる機能が最も深く従業員の通信を可視化・制御できる点にあります。
証跡データを深く確実に残すことができるため、経営者はシャドーITの利用状況を正しく見極め、社員への信頼を深めることができます。一方、従業員はガードレールの整備された環境で、快適に仕事をすることができます。
効率と安全性の両方を実現するNetskopeは、将来の拡張性や情報漏洩の際の証拠集めが容易なため、結果的に費用対効果が最も高い製品です。

Netskopeによって蓄積された様々なユーザーの行動履歴は、データ指向のイノベーションとなり、我々の働き方を劇的に変えました。
遺伝子解析サービスが膨大なデータから未来の人の病気を予測するように、Netskopeのデータは未来の企業内部の不正行為を予測します。未来地図があれば、どの方向に歩けばいいかを事前に対策することができます。
つまり、Netskopeのデータが蓄積されていくほど、従業員は働きやすく、かつ、セキュアな環境を手に入れることになります。
働く環境がデータの蓄積とともに改善されていく正のスパイラルを描くことができるのがNetskopeであり、だからこそ我々はこの製品をネクストモードの会社設立と同時に社内導入し、愛用してきました。

従来のセキュリティ製品のログは、記号の羅列だけのデータであったため、専門家しか活用することができませんでした。
一方、Netskopeは使いやすい管理画面があるおかげで、集めたデータを未来予想図という価値に変えることができます。例えば、経営者にエビデンスを見せて欲しいと言われたとき、わざわざデータを整理して資料化しなくても、Netskopeの画面を見せるだけで将来の対策を立てられるわけです。
Netskopeは、必要なデータが揃わない中でセキュリティのインシデントに脅えて必要以上に高い城壁を作る従来型のセキュリティ対策とは異なります。
企業の情報管理は監視や情報の秘匿だけに依存するのではなく、従業員、企業経営者、システム管理者間の相互信頼に基づいて成り立つべきです。ネクストモードの設計思想は、企業活動のあらゆる側面における信頼の構築を目指しています。
少し先の未来の働き方を試してみたい、そんな風に思われた方は、Netskopeの無料PoCをお試しいただければと思います。

【下記からお問い合わせいただけます】
https://info.nextmode.co.jp/campaign/2024netskope

■ ネクストモードにNetskopeを任せる理由(お客さまの声)
ネクストモードでは、最新のゼロトラストの情報をお客様に提供して、より良い方法で導入いただけるように心がけています。導入事例(https://nextmode.co.jp/casestudy/medius_solution/)に掲載しているお客様からは、以下のお褒めの言葉をいただいています。
「ネクストモードの方は、モノを売る、いわゆる「営業」の雰囲気を感じないですね。モノを売るというよりは、同じ方向に立って問題解決をしてくれる、というイメージ。心強いです。」

■Netskopeとは
Netskopeとは、インターネットを経由するクラウドサービスの使用時に生じる情報漏洩のリスクや、外部の第三者による不正アクセス、マルウェアの感染といった脅威から機密情報を守り、SaaS環境のセキュリティーを強化することができるクラウドサービスです。Netskopeは、企業の目的やネットワーク環境などに合わせて、複数の導入方法を組み合わせて最適なものを選択することができます。
https://nextmode.co.jp/services/saas/netskope/

■Top Hunter awardとは
最も多くの新規顧客へNetskope製品を販売したパートナー企業へ贈られる賞。

■Ambassador awardとは
SNSやブログを通じて多くのお客様にNetskope製品をアピールしたパートナー企業へ贈られる賞。

■SE MVPとは
優秀なエンジニアに送られる賞。
今回の受賞理由は、最先端の技術検証を行った結果をブログにて公開し、Netskopeの知見を世に広めたことによる。

■トリプル受賞を記念して、Netskope設定代行割引キャンペーンを実施します
詳細は下記のプレスリリースをご確認ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000078770.html

■Netskope Japanカントリーマネージャー 大黒 甚一郎 様からメッセージ
ネクストモードは、2023年度においてブログやYouTube、SNSを通して、Netskope製品の魅力を多く発信され  てきました。ネクストモードのブログは我々も参考にしていて、お客様からの技術問い合わせにネクストモードのブログを紹介する機会が多くなってきています。彼らのブログの特徴は、技術情報を包み隠さず、実践した結果を画面キャプチャーと共に記録を正しく残している点にあります。そこには、ネットスコープへの愛とエンジニア魂が詰まっていて、ゼロトラストの世界観を広めていく使命感に溢れています。
ネクストモードがNetskope製品を活用し実践する、安全かつ効率的な働き方は、多くの企業の模範となり、ネクストモード・ワークスタイルとして世の中に浸透しつつあります。これからのますますのネクストモードの活躍を期待しています。

ネクストモード株式会社 代表取締役社長 里見宗律 コメント
ネクストモードは自社で利用しているSaaSの中で特に愛用しているSaaSをお客さまへ販売しています。私たちが目指す働く環境は、セキュリティーと業務効率向上の両立であるという考えのもと、ゼロトラスト環境の提供を進めて参りました。すでにOktaでは日本で最も多くの新規顧客を獲得したとしてアワードをいただいておりましたが、この度、Netskopeにおいても同様に日本で最も多くの新規顧客を獲得したとしてTop Hunterのアワードをいただくことができました。
また、ネクストモードが得た技術ノウハウを少しでも世の中にお返ししたいという思いから、積極的にブログ(https://info.nextmode.co.jp/blog)を公開しています。Netskopeについては、ブログ開設から1年強で50本弱公開しています。ブログを見て設定できるお客様は、ネクストモードに発注しなくても、自ら導入・運用することができます。我々のような小さな会社は社会貢献できる規模は少ないですが、良質な記事を書いて、これからもゼロトラストの世界を広めていきたいと思います。
私たちは日本をもっと働きやすくしたいと願っています。今回の受賞を契機に、より多くのお客様の働く環境を改善できるよう取り組んで参ります。

■ 会社概要
ネクストモード株式会社 (Nextmode, Inc.)
ネクストモードは「クラウドであたらしい働き方を」というビジョンを掲げ、NTT東日本とクラスメソッドが設立したジョイントベンチャーです。2年連続*で日本において最も多くの新規顧客へOkta製品を販売したことが評価され、「Reseller New Business of the Year」を受賞しました。どうしたら快適に働けるかを実証するショールームとして、オフィスを持たず全社員がリモートワークをしています。お客さまが本来取り組むべきクリエイティブな業務にさらに向き合えるよう、働く環境のクラウド化を、当社が体験したノウハウと共にAWSとSaaSでトータルサポートしていきます。*2021年度,2022年度

代表者 : 代表取締役社長 里見 宗律
本社所在地: 東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー26階
事業内容 : クラウド(AWS、SaaS等)に関する設計、構築、運用、監視
オフィシャルサイト :https://nextmode.co.jp/
ブログ: https://info.nextmode.co.jp/blog
公式YouTubeチャンネル :https://www.youtube.com/@nextmode
X(旧:Twitter):https://x.com/Nextmode_Inc

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン