企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

伊藤園、基幹システムの会計・購買領域をOracle Cloud ERPで刷新し、レガシー・モダナイゼーションを実現

(2024/4/18)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:日本オラクル株式会社

約3,000名の営業社員の経費精算を最新のクラウド・テクノロジーで自動化・省人化

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社伊藤園(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 執行役員:本庄 大介)が、持続的な成長のための変化対応力強化を目的に、基幹システムの会計、間接購買の領域を「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (ERP)」で刷新したことを発表します。その他の領域は段階的にクラウドへ移行することを検討しています。


2024年4月17日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社伊藤園(https://www.itoen.co.jp/)(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 執行役員:本庄 大介)が、持続的な成長のための変化対応力強化を目的に、基幹システムの会計、間接購買の領域を「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (ERP)(https://www.oracle.com/jp/erp/)」で刷新したことを発表します。その他の領域は段階的にクラウドへ移行することを検討しています。

伊藤園グループは、お客様の健康で豊かな生活と持続可能な社会を実現することを使命として、健康創造企業であることを掲げています。2023年4月期から開始した中長期経営計画における5つの重点戦略の中で、経営基盤の強化や100年企業に向けた持続的な成長を目指し、持続可能な農業モデルとなる茶産地育成事業などを通じてサステナビリティ経営を推進しています。基幹システムを導入した約15年前と現在の社会構造が大きく変化し、デジタル化の加速、販売チャネルの多様化や直接取引の増加などでビジネス環境も大きく変容しています。

15年前に導入した「Oracle E-Business Suite」は、改修、改善を重ねながら利用を継続していましたが、環境の変化に追随する必要性から複数の選択肢を検討し、最終的にクラウドネイティブSaaSへの移行を決断しました。

「Oracle Cloud ERP」への移行の背景には、標準プロセスで包括的な業務領域をカバーできる機能だけでなく、国内外へのグループ展開を見据え、グループで統合されたERPとしてハードウェアの必要がないSaaSとして展開できる点を重視しました。また、AIなどの最新テクノロジーが搭載されるSaaSであり、変化に迅速に対応できる点も評価しています。「Oracle Cloud ERP」では、スマートフォンを用いた経費精算や購買入力・申請・承認プロセスを行うことが可能です。

「Oracle E-Business Suite」の導入時には、業務部門からヒアリングした要件を取り入れて設計しましたが、実際には使用されなかった機能がありました。このため、要件定義を介して新たな業務要件をシステムに追加するのではなく、「Oracle Cloud ERP」で提供される最新機能を活用する方針を採用しました。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「当社は、茶に特化したスペシャリストして、おいしさと価値を広く伝える世界のティーカンパニーを目指し、グローバルで新しい価値を創造し、伝統と先端技術を融合したユニークな企業として事業を推進しています。持続的な成長を目指す企業として、デジタル社会に対応していくためには、最新のテクノロジーが搭載されたSaaSに移行することが不可欠であると判断しました。『Oracle Cloud ERP』を活用することで、働き方を変革し、最新テクノロジーのメリットを最大限享受しながら、変化対応力を強化し、事業成長をサポートしていきます。」
株式会社伊藤園 情報管理部 部長 青柳 敏夫 氏

日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。東証スタンダード市場上場(証券コード:4716)。URL https://www.oracle.com/jp

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、https://www.oracle.com をご覧ください。

Oracle CloudWorld Tourについて
Oracle CloudWorld Tourは、オラクルが世界中で開催するお客様とパートナー向けのイベント・ツアーです。クラウド・インフラストラクチャー、データベース、アプリケーションを構築、活用している数々の事例を紹介します。ビジネス課題に取り組むために必要なインサイトを取得し、スキル、知識、人脈を構築する機会としてご参加ください。基調講演、セッションの詳細、関連ニュースは、https://www.oracle.com/cloudworld-tour/tokyo/ または https://www.oracle.com/jp/news/ をご覧ください。

商標
Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン