企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

Netskope、Google Workspace の企業の重要データ保護と最新コラボレーションおよび生産性ツールの安全な利用を実現を可能に

(2024/6/17)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:Netskope Japan株式会社

SASEのリーダー企業であるNetskopeのセキュリティ アライアンス参加がもたらすデータセキュリティと脅威対策の追加レイヤーにより、Google Workspaceのセキュリティが大幅に強化

米国カリフォルニア州サンタクララ - セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)のリーディングカンパニーであるNetskopeは、米国時間2024年6月12日、Google Workspace のセキュリティ アライアンスに新たに参加し、Workspaceユーザー向けのセキュリティおよびデータ保護の強化に貢献することを発表しましたNetskope One のプラットフォームは、Google Workspaceのユーザーに高度で包括的なセキュリティ対策を提供し、データ保護、脅威からの防御、そしてGemini for Workspaceを含むGoogle Workspaceの生産性およびコラボレーションツールへの安全で高速なアクセスを実現にします。

組織がイノベーションと効率性の推進のためクラウドテクノロジーをより多く採用するにつれ、サイバー領域における多様なリスクから機密データを保護する取り組みもまた、以下のようにより困難さを増しています
- クラウドアプリケーションのパーソナルインスタンスに機密データをアップロードするユーザー数の継続的増加
- 重要データへのアクセス、バックドア、金銭的利益を目的とした特定のアプリケーションへの侵害や、ビジネスに関する重要なデータを目的とした認証情報の侵害、内部的な脅威など、新たな、また進化を遂げる脅威手法
- 管理下および管理外にあるAI活用型生産性ツールの安全でない使用によるデータ流出

NetskopeとGoogle Workspaceは、AI活用型の生産性ツールの安全な使用を可能にすることにより、組織が最新のコラボレーションと生産性ツールの活用を支援します。Netskopeは高度なDLP(Data Loss Prevention、データ損失防止)技術の提供を通じ、ユーザー、データ、および企業対個人のクラウドインスタンスに対し、リアルタイムでの可視性とコントロールを実現します。さらに、APIおよびインライン制御の両方を通じてもたらされるNetskopeの包括的な脅威防御は、Googleアプリケーションにおける脅威を検知し、Google Workspaceアプリとサードパーティエコシステムによるアプリ間のデータの移動と脅威の伝播を監視します。

Netskopeのグローバルパートナーエコシステム担当バイスプレジデントであるアンディ・ホロウィッツ(Andy Horwitz)は次のように述べています。「Netskopeは、この度のWorkspaceセキュリティアライアンスへの参加によってGoogle Workspaceとのパートナーシップを拡大できることを、大変誇りに思います。すでに数千社ものお客様が、Google Workspaceのアプリケーションを安全に利用するために、Netskopeのソリューションを利用しています。そしてこの新たなパートナーシップにより、アプリケーション固有のデータ保護ポリシーに対応する、安全な使用に関する各種の機能がより強化されます。NetskopeとGoogle Workspaceが手を携えることで、お客様が生産性スタックの最新化を実現するための支援が可能になります。お客様の組織が従業員の日々の生産性を安全に最適化できるよう支援できることを、私たちは心より楽しみにしています」

Netskope とGoogle Workspace のパートナーシップにより、組織は重要なデータの保護を実現しながら、コラボレーションおよび生産性の向上を享受できます。Netskope とGoogle Workspace のお客様は、以下のような機能をより効果的に活用できます。
- Gemini for Google Workspaceの最適利用に向けたサポート: アプリケーション利用においてベストプラクティスを実施するため、リアルタイムのユーザーコーチングを活用します。組織はデータの移動に関する可視化が得られ、データに関するコンプライアンス目標を達成しながら機密情報の共有を最小限に防げます。

- 機密データの保護: Google Workspace アプリケーション内での機密データへのアクセスを検知・管理し、Microsoft OneDriveやBox、Dropboxなどのサードパーティによるサービスを含む、プラットフォーム間での認可外のデータ移動を防止するポリシーを実行します。

- データの抜き出しなど内部脅威の阻止: 現在、データ損失の最大の原因の一つとなっている、Google Workspace のビジネスインスタンスからの機密データのダウンロードとそれに続くパーソナルインスタンスへのアップロードを防止します。また、同様の制御を管理外のデバイスにも適用します。管理外もしくは個人所有のデバイスによる、特定のコラボレーション用クラウドアプリへのアクセスは許可する一方で、機密データのダウンロードは禁止します。

- 捕捉困難な脅威およびマルウェアの検知・阻止: クラウドによって配信されるマルウェアおよびフィッシングに対する防御を提供します。Netskopeの多層からなるATP(Advanced Threat Protection、高度な脅威防御)が、Google Workspace内およびクラウドアプリケーション全体にわたるセキュリティを向上させます。

- Google Workspaceにおけるコンプライアンスの遵守: Google Workspace におけるセキュリティポリシーの実施により、組織が規制を守り、コンプライアンス上の要求に適合できるよう保証します。

Google Workspace のグループプロダクトマネージャーであるニキル・シンハ(Nikhil Sinha)氏は次のように述べています。「SASE のベンダーとして業界をリードするNetskopeと提携することにより、お客様は、既存のITインフラ投資を活用しながら、自信を持ってGoogle Workspace の採用を進めることができます。Netskopeが提供するインスタンス認識により、企業および個人のGoogle Workspaceアカウント両方に対し、それぞれ異なるデータガバナンスポリシーをきめ細かに適用できます。Google Workspace がNetskopeと提携し、その卓越したセキュリティ機能をお客様に提供できることを大変嬉しく思います」

Netskopeのお客様およびパートナーは、Gemini for Workspace を含むGoogle Workspace 向けの特別なSASE プロテクションパッケージを購入いただけます。また、Netskopeの完全なSASEプラットフォームは、米国時間2024年6月12日よりGoogle Marketplaceでのご提供を開始しています。NetskopeとGoogle Workspaceに関するより詳しい情報については、こちらをご覧ください。

本プレスリリースは、米国時間2024年6月12日に発表されたプレスリリース(英語)をもとに作成しています。

Netskopeについて
SASEのグローバルリーダー企業であるNetskopeは、ゼロトラストとAI・MLのイノベーションを適用して、データ保護とサイバー脅威から組織を守ることを支援しています。高速で使いやすいNetskope Oneプラットフォームと特許取得済みゼロトラストエンジンは、場所を問わず、人、デバイス、データに最適なアクセスとリアルタイムのセキュリティを提供します。数千社のお客様が、Netskopeとその強力なNewEdgeネットワークを信頼し、リスクを削減し、あらゆるクラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションのアクティビティにわたって比類のない可視性を獲得しています。これにより、セキュリティとパフォーマンスをトレードオフなしに実現しています。詳しくは、netskope.com/jpをご覧ください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
Netskope 広報事務局 (合同会社NEXT PR内)
TEL: 03-4405-9537 FAX: 03-6739-3934
E-mail: netskopePR@next-pr.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Journagram→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン