企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ブルガリが改革するデザインのルール 2018年 ミラノデザインウィーク

(2018/4/17)

カテゴリ:イベント

リリース発行企業:ブルガリ ジャパン株式会社

ブルガリが改革するデザインのルール 2018年 ミラノデザインウィーク

この度ブルガリは4月17日から22日の間、2018年フォーリサローネにおいて、アートインスタレーションをミラノの三箇所の会場にて展示いたします。


美を深く理解するための唯一の方法は、それを受け入れ、覆し、さらに非凡なものへと変容させることです。ブルガリのこのアプローチが初めてデザインウィークの一環として表現されます。この探求は3箇所の異なる場所で行われます。1,000平方メートルにおよぶインスタレーションを展示するミラノのフォーリサローネ会場の1つであるブレラのデザイン地区、ミラーキューブを展示するブルガリ ホテルミラノの庭園、そしてゲストに「ビー・ゼロワン」コレクションをご覧いただける没入型の環境を備えたモンテナポレオーネのブティックギャラリーです。

ブレラのデザイン地区でのブルガリ・ブルガリ インスタレーション

生き生きとしたデザインの世界が、ブレラのデザイン地区での没入型のインタラクティブなインスタレーションによって活気づきます。ブルガリの創造性における3つの主な要素である素材、モジュール性、カラーを、デザインおよび建築の世界での3つのアイコンであるイヴァン・ナヴァロ&コートニー・スミス、MVRDV、ストレージミラノによる解釈で立体的な空間へと置き換えた、驚くような視覚的冒険が繰り広げられます。

革新的な素材とプレシャスな素材との組み合わせにおける先駆者であり、プレタポルテジュエリーにおけるモジュール性の考案者である、カラーの達人、ローマのハイジュエラー、ブルガリは常にデザインのルールに挑み、美的基準に従うのではなく再考してきました。

迷宮を描いたようなインスタレーションは来場者を抽象的な宇宙へと迎え入れます。そこでは芸術とデザインにおけるブルガリの本質をつかむために、知っていることをすべて放棄せざるを得ません。ルールを作り変えるために脱構築するのです。

ローマのメゾンのアイコニックなジュエリーである「ビー・ゼロワン」はイタリアのデザインを称える最適なモチーフです。素材、モジュール性、カラーに特化した3つの空間からは、ブランドの様式的なアイデンティティーだけでなく、建築的なラインと革命的な精神を持つリングの背後にある考え方も見て取れます。

来場者がブランドのビジョンに夢中になるにつれ、さらに予期せぬ驚きが迎えてくれます。ドリームマシンです。この夢のような環境は、来場者が販売やラグジュアリーの伝統的な役割を再考するよう促します。



1.迷宮:デザインのルール

迷宮は、自分を見いだす前に自分を見失わなければならない典型的な場所であり、ブルガリの3つのインスタレーションをつなぐ糸です。催眠的なブラックとホワイトの無数の「ビー・ゼロワン」リングで構成され、すべてが交差し、現実離れした環境を作り出しています。ここでの唯一のルールはすべてを放棄し、この体験を受け入れることです。建築的な特徴、独特な素材の組み合わせ、インダストリアルデザインにインスパイアされたスパイラルで知られる「ビー・ゼロワン」のあらゆる要素が、イタリアのデザインとクラフツマンシップの際立つ特徴を呼び起こします。
体験は光で書かれた「ルールに従え」というただ1つの合い言葉によって導かれます。どんなゲームでも、最初のルールはルールに従うことです。しかし、ひとたびルールを知れば、それを放棄する番です。「固定観念を打ち破れ」インスタレーションの中央で、ゲストは自分の知っていることを忘れ、その瞬間に自分自身をオープンにするよう指示されます。「予期せぬものをとらえ、完成を体験せよ」方向感覚を喪失するこの体験は、ブルガリとイタリアのデザインによって繰り返し証明されてきた強い信念とともに締めくくられます。「あらゆるルールは作り変えることができる」これまでもそうだったのです。

2.カラー イヴァン・ナヴァロ&コートニー・スミス

カラーというテーマを真に探求するために、ブルガリは光を中心とした詩的な作品で有名なチリのアーティスト、イヴァン・ナヴァロを選びました。彼がブルガリのために作り上げたインスタレーションは、自身を非常に有名にしている様式的な特徴であるカラフルなネオンを利用しています。蛍光灯と鏡が作品の中に迎え入れるかのように来場者を催眠的なクモの巣状の中にとらえます。しかし、これは視覚的トリックであり、実際にその構造の中に入り込むことはできないとすぐに分かるため、創造性をかきたてるような新鮮な疑問が湧いてきます。
それはブルガリが利用してきたアプローチです。早くも1950年代には、カラーの達人としての地位を確立しイタリアのスタイルとローマの豊かさを華麗な組み合わせで表現していました。ナヴァロの作品のような光とカラーはブルガリにとって不可欠です。ジェムストーンに光がなければ、どのようにしてそれぞれの微妙な色合いをすべて独特なものとして生み出せるでしょうか?あるいは光と影のコントラストのない「ビー・ゼロワン」リングが、どのようにその特徴的なスパイラルを生み出せるでしょうか?

3.素材 MVRDV

素材の世界では、ブルガリの先駆的なアプローチは、受賞歴のある国際的なオランダの建築家集団であるMVRDVの空想的で大胆なスタイルとマッチします。インダストリアルデザインにインスパイアされたブルガリのジュエリーは、伝統的に他の分野で使われている要素を定期的に使用してきました。シルクのネックレス、セラミックやマーブルのリング、異なるカラーのゴールドの組み合わせは、新しいものを試したいという欲求に支えられた創造性のほんの一例です。MVRDVのインスタレーションは、ブルガリのアイコニックな「セルペンティ」ブレスレットを空間的な体験へと変容させます。独自に作られたうろこによって形作られたアーチ形の天井が部屋全体を覆い、鏡と組み合わせて作り出された万華鏡のような効果が来場者をブルガリの貴重で型破りな素材の世界へと誘います。うろこはそれぞれブルガリのジュエリーや建築空間に使われている素材のレパートリーから作られ、組み合わせの膨大な可能性を表現しています。

4.モジュール性 ストレージミラノ

ブルガリの金細工師としての経験から生まれたシンプルなボリュームと伝統的な形は、1980年代からローマのメゾンのデザイン的特徴であったモジュール性のコンセプトを呼び起こします。ブルガリはこのビジョンを開拓しました。シングルエレメントを繰り返し使用してハイジュエリーのネックレスやプレタポルテの作品をも作り出し、
ジュエリーを現代女性の日常生活の一部にすることができました。それと同時に、建築やインダストリアルデザインなどさまざまな分野のデザイナーに対してその創造的な中心をオープンにし、ジュエリーの世界ではまったく型破りであった手法を取り入れたのも偶然ではありません。シンプルな形状を繰り返すことは今でもブランドの中心的なテーマです。それは現在、蛇のうろこを純化させた六角形のモチーフに見ることができます。このインスタレーションでは、幾何学的な形がジェムストーンに施された多面的なファセットに同調するような蛍光のラインで定義され、強調されています。正確に続いていく空間と順路がメタルチューブで示され、来場者はこの作品を歩き
回り、完全に没入することができます。

5.ブルガリ ドリームマシン

ドリームマシンというものが存在しますが、ブルガリはまさに類いまれな1台を作り出しました。これは、コンパクトでありながらエレガントなキューブで「ビー・ゼロワン」のジュエリーを販売してくれる極めてシックな自動販売機です。完全に利用できるようにすることで、ジュエリーの世界での最大のタブーを破るような未来的で驚くべき購買体験を来場者に提供します。これほど簡単に楽しく「ビー・ゼロワン」の作品を購入できるのは初めてのことです。さまざまなオプションの画像をタッチスクリーン上でスクロールし、仮想フィッティングすれば適切なサイズが見つけられます。思いも寄らない大胆不敵で楽しいこのドリームマシンはローマのメゾンがミラノ工科大学と共同で作成しました。挑発を込めて、ジュエリーを根底から揺るがし、これまでに確立されてきた常識をひっくり返す中で現れた発明です。あらゆるルールは作り変えることができるからです。

ブルガリ ホテルのミラーキューブ

ブルガリ ホテル ミラノもまたデザインのための壮大な空間に変容し、デザインのルールを再考する2度目の展示を開催します。それがミラーキューブです。
ブレラ地区の迷宮のインスタレーションの後に訪れると理想的なこのミラーキューブは、ホテルの庭園であるイル ジャルディーノに陣取り、鏡のように映し出す外壁が輝いています。ひとたび夢のような構造の内部に入ると、ゲストは催眠的なブラックとホワイトの内張に魅了されます。「ビー・ゼロワン」が3つの異なる方法で今回のデザインウィークを支配していますが、ブレラ地区のインスタレーションに見るうろこの作品では連続していくブルガリの旅路を表現しています。キューブ内ではデザインルールに加え、セルフィールールも再考されています。毎秒36枚の画像を撮影する特殊なカメラが即座にGIFデータを作成しメールで配信します。


モンテナポレオーネ ブティックのブルガリギャラリー

モンテナポレオーネ通りのブティックでは、催眠的なギャラリーがブレラデザイン地区とブルガリ ホテルのインスタレーションの特徴的なパターンを思い起こさせます。没入型の環境によって、ゲストは幾何学的な模様で変化させたテーマウィンドウを通して「ビー・ゼロワン」コレクションの世界を存分に楽しむことができます。光と闇の境界をたどるイタリアの家具の比類なき職人技が、創造性とデザインの名のもとに固定観念を打ち砕くような環境で来場者を歓迎します。


ブルガリ@2018年フォーリサローネ 4月17日~22日
下記の3箇所に展示いたします。


デザインのルールを改革する
Via delle Erbe 2, Brera Design District
展示時間:午前11時~午後8時

ミラーキューブ
ブルガリ ホテル ミラノ
Via Privata Fratelli Gabba
展示時間:午前10時~午後11時

ブルガリ モンテナポレオーネ ブティック
Va Montenapoleone, 1
展示時間:午前10時~午後7時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本プロジェクトに参加されたパートナーに深く感謝します:

MS Arredamenti, Sice Previt, Ripetta Design, Omlog, Luce 5, ETT Spa
#Bulgarirules #RVLES

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン