企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

オフィス緑化サービス『COMORE BIZ』が、ハイレゾ空間音響デザイン『KooNe』とコラボレーション

(2018/4/20)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:株式会社パソナグループ

オフィス緑化サービス『COMORE BIZ』が、ハイレゾ空間音響デザイン『KooNe』とコラボレーション

―「五感」に働きかけ、オフィスで働く従業員の生産性最大化を目指すー

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 青山光洋)のエビデンスに基づいたオフィス緑化サービス『COMORE BIZ』(コモレビズ)は、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの空間音響デザインソリューション『KooNe』(クーネ) と協業し、オフィスで働く従業員の生産性を最大限に高めるサービスの提供を開始しました。




COMORE BIZ(コモレビズ =Create Operation MORE + Business)は、緑視率(※)とストレスの関係性を証明した研究結果により、植物の最適配置の算出法を実現しています。それにより、ストレス軽減に繋がる植物の選定と最適な緑視率を従業員一人一人が確保できる、最先端のオフィス緑化サービスです。

COMORE BIZは、次世代の健康経営ソリューションとして、「視覚」にとどまらず「五感」に働きかけることでオフィスで働く従業員の生産性を最大限に高めるサービスを目指し、この度、「聴覚」に働きかけてコミュニケーションの活性化やリラックスを促進するKooNeとコラボレーションすることとなりました。
また、今回は、AROMA(香り)の提供も専門事業者と連携して開始したことで、COMORE BIZはGREEN(緑)、SOUND(ハイレゾ音)、AROMA(香り)の観点からオフィスをデザインできるサービスとなりました。各分野のプロフェッショナルによるオフィスデザインが相乗的に効果を発揮することで、オフィスで働く従業員の生産性を最大限に高めます。


KooNeは、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが開発した空間音響デザインソリューションです。ハイレゾリューション音源(ハイレゾ音源)と呼ばれる高周波成分を含む高音質・広帯域の自然音源と、やさしく音が響く環境を作り出す“間接音響環境”を構築することで居心地の良い空間を創造します。音のきめの細かさはCDの約555倍で、CDや圧縮された音には含まれていない、人間の可聴範囲を超えた豊かな高周波成分を含む自然環境音を提供します。
自然に溶け込むKooNeの空間音響設計
ハイレゾ音は、COMORE BIZを導入している株式会社JINSで行われた実験によると、ストレス値は通常1に対してオフィス緑化導入のみで0.89となるのに対して、緑化とハイレゾ音を組み合わせることで0.76まで低減されることが実証されています。(下図参照)

ストレス値の測定データ
COMORE BIZは優れたハイレゾ空間デザインであるKooNeとのコラボレーションにより、オフィス環境において今まで体験したことのないリラックス空間を創造します。

KooNeホームページ: http://www.koone.jp/

また、パソナ・パナソニック ビジネスサービスとJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは、相互に協力することでより多くの企業への導入を促進し、オフィス環境を整えることで従業員の生産性を最大限に引き出してまいります。
COMORE BIZは今後も様々な企業との協業を積極的に行い、次世代の健康経営ソリューションとして企業の「五感に働きかけるオフィス環境づくり」をお手伝いできるサービスを提供してまいります。


■ COMORE BIZサービス概要

<エビデンス化>
COMORE BIZは、「緑視率の最適解は10%~15%であり、人は視界に占める植物が多すぎても、ストレスを感じ、パフォーマンスが低下する」という研究結果に基づき、ストレスを下げる最適な植物の最適配置を決めるアルゴリズムを、日本テレネット株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長 古川昌美)との協業により実現しました。
お客様のワークスタイルを確認した上で、アルゴリズムを使用して、オフィスにおいて植物の効果が最大になるようマスター配置プランを設定します。また、この配置プランは自己学習によって、より良いプランに進化します。そのため無駄なコストをかけずに最適なオフィス環境改善が可能となりました。

<デザイン化>
COMORE BIZは、設定された植物のマスター配置プランを踏まえ、デザイン性を備えてオフィス緑化をコーディネートします。植物に使用するプランターや、植物自体の選定にもこだわり、プランターは、植物が美しく見え、デスク上の空間に美しく調和するオリジナルプランターを使用。植物の選定は「快適性」と「機能性」に着目しました。
植物の自然のパーテーションによる業務集中、植物の成長によるコミュニケーションの発生が期待できるコーディネートプランを、株式会社パーク・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役社長 井上英明)との協業により、花屋で培ったノウハウを活かし提供します。

<見える化>
COMORE BIZは、従業員のストレスを見える化し、対策が取れる環境を提供します。ストレスレポートは、管理者と従業員それぞれに用意され、離職や業務効率低下の防止や、自らのストレス発生の予防を促します。また、最先端のITを駆使し、従業員のバイタルセンシング(生体情報の取得)による効果測定を行うことができます。
ホームページ: https://www.pasona-pbs.co.jp/comorebiz/


■ 会社概要 
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社は、総務BPO会社としてオフィス環境への様々な サービスを提供し、「戦略的総務」の観点から高付加価値サービスを展開しています。

会社名: パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社
代表者: 青山 光洋
所在地: 大阪市中央区北浜東4番33号 北浜NEXU BUILD(北浜ネクスビル)
設立: 1987年10月1日
資本金: 2,000万円
ホームページ: https://www.pasona-pbs.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる