企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【FRONTIER】インテル Core i9-8950HKプロセッサー×NVIDIA GeForce RTX 2070搭載ハイエンドゲーミングノートPC新発売

(2019/4/19)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:インバースネット株式会社

【FRONTIER】インテル Core i9-8950HKプロセッサー×NVIDIA GeForce RTX 2070搭載ハイエンドゲーミングノートPC新発売

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2019年4月19日(金)より、NVIDIA GeForce RTX 2070にインテル Core i9-8950HKプロセッサーを搭載し、G-SYNC対応の液晶パネルを採用したゲーミングノートPCの販売を開始しています。


■製品の概要
このたび発表する新製品は、NVIDIAの新世代アーキテクチャ「Turing」を採用した「GeForce RTX 2070」を搭載し、CPUに第8世代の「インテル Core i9-8950HKプロセッサー」を備えたゲーミングノートPC≪ZNシリーズ≫です。
メモリやSSD容量の異なる3機種をご用意しました。どのモデルもOS、メモリ、ストレージなどのカスタマイズが可能です。
G-SYNCに対応した液晶や高速無線LANなどの快適装備の最上位ゲーミングノートPCで、ぜひ今までにない最高のゲームプレイをご体感ください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年4月19日(金)より販売を開始しています。

▼GeForce RTX 2070搭載ゲーミングノートPC≪ZNシリーズ≫はこちら
https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1904190201





■製品の特長
<NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ グラフィックスチップ搭載>
ノートPC向けGeForce RTX 20シリーズは、デスクトップ用のグラフィックスカードへ迫るスペックを発揮します。GDDR6に対応した大容量のビデオメモリを搭載し、重量級の3Dゲームや映像の描画など高度なグラフィックパフォーマンスが必要となる場面で最大限のパワーを発揮します。リアルタイムレイトレーシングに対応することで、金属面や窓ガラス、水たまりなどの映り込みなどが自然に表現され、よりリアルな表現が可能となっています。 また、マルチメディア用途での高い処理能力を持ち、情報量の多い高解像度の動画や画像の加工・編集などのクリエイティブな用途でも快適にご利用いただけます。

<第8世代 インテル プロセッサー搭載>
第8世代 インテル プロセッサー(開発コード Coffee Lake)である「インテル Core i9-8950HKプロセッサー」を採用しました。ベース動作周波数は2.90GHzですがインテル ターボ・ブースト・テクノロジーにより最大周波数は4.80GHzまで上昇するため、シングルコアで威力を発揮するゲームのパフォーマンスがアップします。
また、6コア/12スレッドのコア数を持ちデスクトップPCに引けを取らない高いマルチタスク能力を誇り、パフォーマンスが大きく向上することでゲームをしながらの動画配信やコミュニケーションアプリをストレスなく使用できるなど幅広いニーズに対応できる性能を実現しています。

<G-SYNC対応の1920×1080 フルHD液晶採用>
G-SYNC対応のフルHD(1920×1080)液晶パネルを搭載しています。動きが激しいゲーム画面のチラツキを抑え、コンマ数秒の反応の差で勝敗に影響が出るゲームにおいて、優位にプレイが可能です。ノングレア(非光沢)パネルで照明や外光の映りこみを抑制し、屋外の使用でも視認しやすくなっています。さらに狭額縁デザインにより、従来機と同じ15.6型の液晶のまま幅を約2cm縮小することができました。

<臨場感ある音質を楽しめる「Sound Blaster X Pro Gaming 360°」に対応>
「ゲーム」や「シネマ」などのプリセットを使って簡単に音の自然な深みと広がりを向上させて、より臨場感のある音質を実現させました。

<4K/60Hzで出力可能な外部ディスプレイ出力端子>
背面に3840×2160の4K出力対応のHDMI2.0a x1、mini Display Port1.3 x1、USB Type-Cポート x1を利用して外部ディスプレイに接続することで、ゲームを迫力の大画面でプレイすることが可能です。本体の液晶と合わせて最大4画面同時出力が可能で、ゲーム画面の外部ディスプレイに出力しつつ、コミュニケーションアプリや動画の配信状況などを内蔵ディスプレイに表示させるといった使い方が可能になり、PCゲームを今までより快適なプレイ環境で楽しむことができます。

<1600万色表示可能。鮮やかに点灯するイルミネーションキーボード>
色鮮やかに輝くイルミネーションキーボードをご用意しました。ユーティリティソフトを使って1つ1つのキーの配色の変更が簡単にできます。
また、ウェーブ、スキャン、スネークなどの用意されたプリセットによって点滅パターンの変更が可能です。

<無線LANはゲーマー向けのQualcomm Atheros Killer>
“IEEE802.11ac”に対応し最高速1.73Gbpsを実現した「Qualcomm Atheros Killer Dual Band Wireless-AC 1550i」を搭載。
低遅延や安定性が不可欠なオンラインゲームやFPSがストレスなくプレイ出来ます。また、 Bluetooth 5にも対応していますので、マウスやヘッドセットなどもワイヤレスでご利用いただけます。

●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる