ロボット

2020/12/11 05:00

立命館大、小型配管点検ロボ開発 M字構造で滑らず移動

立命館大学の加古川篤講師と馬書根教授らは、滑りに対応できる小型配管点検ロボットを開発した。構造は「M」字で、三つの関節を折り曲げて配管に車輪を押し当てる。中央の関節一つでトルクや姿...

―次代を創る―ロボット最前線(17)産業ロボット編(6)食産業(農林水産物加工)

■生産性向上、今後も大きな課題 【ライン構築】 当社は1977年に北海道釧路市で創業し、今年で4...

続きを読む

大成、警備ロボを3年で500台販売 独自開発ソフトと連携

【名古屋】大成は2021年5月に発売を予定する、ミラロボティクス(川崎市高津区)の警備アバターロボッ...

続きを読む

スカイドライブ、災害時物資輸送にドローン活用

SkyDrive(スカイドライブ、東京都新宿区、福沢知浩社長、03・3207・2585)の産業用飛行...

続きを読む

ユニバーサルロボ、認定トレーニングセンター 代理店5社に開設

デンマークのユニバーサルロボット(UR)は、販売代理店5社に「認定トレーニングセンター」を開設した。...

続きを読む

ロボット面のニュース一覧(2020年12月09日)

ロボット面のニュース一覧(2020年12月04日)

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2022/08/08

    8/8(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝5時の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン