総合3

2021/1/28 05:00

信越化、1300億円投じ米に塩ビ工場 年産38万トン、23年完成

信越化学工業は27日、12億5000万ドル(約1300億円)を投資し、米ルイジアナ州の拠点に塩ビ事業の工場を新設すると発表した。新工場の塩ビ樹脂の年産能力は38万トン、2023年末...

ファナックの10―12月期、ロボ受注最高 通期売上高を上方修正

ファナックが27日発表した2020年10―12月期のロボット受注高は、四半期ベースでは過去最高となる...

続きを読む

カシオ・アシックス、健康で新会社 年内設立、売上高5年後100億円

カシオ計算機とアシックスは27日、スポーツ・健康分野における共創事業の拡大に向けて2021年中をめど...

続きを読む

アイリスオーヤマ・ソフトバンクロボ、2月に法人向けロボの新会社

アイリスオーヤマ(仙台市青葉区、大山晃弘社長、022・221・3400)とソフトバンクロボティクスグ...

続きを読む

新生銀・マネックスが提携 来年1月、口座移管・営業に集中

新生銀行は27日、マネックス証券と包括業務提携することで基本合意したと発表した。同行の大半の投資信託...

続きを読む

働きがいある職場を 経団連と連合、都内で懇談会

経団連と連合は27日、2021年春季労使交渉(春闘)の本格化を控え、都内で懇談会を開いた。オンライン...

続きを読む

キヤノンMJ、社長に足立氏

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)は27日、足立正親専務執行役員(60)が3月26日の株主総会後...

続きを読む

総合3面のニュース一覧(2021年01月27日)

総合3面のニュース一覧(2021年01月26日)

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる