このページの本文へ

ここから本文です

エレクトロニクス

キヤノン、低価格帯コンパクトデジカメ撤退へ−高機能・一眼レフに集中

掲載日 2014年02月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは低価格帯コンパクトデジタルカメラ事業から撤退する方針を固めた。カメラ機能に優れるスマートフォンの攻勢を受け販売が急減。競争激化で収益性も悪化しており、事業継続が難しいと判断した。今後は高機能コンパクトデジカメと、デジタル一眼レフカメラに経営資源を集中させる。


 キヤノンが撤退を検討するのは2万円以下の低価格帯コンパクトデジカメ。同社のコンパクトデジカメ販売台数の2割程度を占める。日刊工業新聞とのインタビューで御手洗冨士夫会長兼社長は「(社内で)低価格帯の継続を求める声もあるが、やめる方向」と語った。

 同社は年20種類程度のペースでコンパクトデジカメの新機種を投入してきたが、1―2年かけて半減させる見通し。高倍率ズームなど高機能機種はスマホとの差別化が可能とみて販売を継続する。コンパクトデジカメの生産は子会社の長崎キヤノン(長崎県波佐見町)と、中国のキヤノン珠海(広東省)が手がけている。販売好調な監視カメラを増やし現状の生産体制を維持する。


本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

栃木南部、産業団地相次ぐ−国内生産回帰後押し

スマートグリッド

スマートグリッド

KDDIなど、三重・桑名市とHEMS実証事業を来春開始

職場なでしこ

職場なでしこ

トラガール&ドボジョ、国交相を表敬訪問

業界展望台

業界展望台

生産の高度化・効率化に寄与する―リチウムイオン二次電池製造装置

元気印中小企業

元気印中小企業

半導体ウエハーの一貫生産で存在感高まる [シマネ益田電子]

彩々新製品

彩々新製品

タイガーカワシマ、省スペース型のフレコン自動計量機を発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014