このページの本文へ

ここから本文です

地域

熊本大、1100度Cに耐える不燃性マグネ合金を開発

掲載日 2012年04月20日
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに追加 newsing it! deliciousブックマークに追加

 【熊本】熊本大学は1100度Cでも燃えない不燃性マグネシウム合金を開発した。航空機に使用されているジュラルミンより軽く、強度は1・4倍ほどあるという。軽量だが燃える可能性があるため使用できないとされてきた航空機材料への採用に道を開く可能性がある。今後、米ボーイングに提案して製品化を目指す。
 開発したのは熊本大学先進マグネシウム国際研究センターの河村能人センター長らのグループ。直径22ミリメートルの棒を押し出し形成で製作した。マグネシウム以外の成分は明らかにしていないが、希少金属(レアメタル)や希土類(レアアース)は使用していない。そのため「素材価格のみで言えば一般的なマグネシウム合金と同程度」(河村センター長)という。
 不燃性のため合金の加工が防燃ガスを使わずに可能で、生産設備を簡素化できる。製造コストを抑えられるほか温暖化ガスの排出を抑制できるメリットもある。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

岐阜の工場誘致好調−強固な地盤魅力、撤退跡地進出支援も奏功

スマートグリッド

スマートグリッド

東芝、横浜市内の約3500世帯対象にスマートシティー実証

職場なでしこ

職場なでしこ

フジテック・木村容子さん
「モノを作る喜びを感じてます」

業界展望台

業界展望台

材料・製品の価値高める―めっき技術

元気印中小企業

元気印中小企業

創業者の理念が脈々と生き続ける[藤堂工業]

彩々新製品

彩々新製品

イワセ、ペット向け炭酸泉シャワー発生装置を発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

はばたけ、備後オリジナル―備後産業図鑑2014