このページの本文へ

ここから本文です

地域

JR東日本・横浜支社、横浜線に来春新型車両

掲載日 2013年04月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本横浜支社(横浜市西区)は2014年春に横浜線で新型の「E233系」車両の営業運転を始める。当初、14年度中としていた計画を前倒しする。
 室内照明を発光ダイオード(LED)化し明るい車内空間を維持しつつ、これまでの同系列車両と比べても照明の消費電力を40%抑制する。また、定員が従来の205系に比べ約1割増加し、混雑が緩和されるほか、座席幅拡大や車内外の情報案内装置を充実させる。横浜線は他の鉄道会社と多くの結節点を持つ東京圏の環状線群「東京メガループ」路線の一つ。横浜線の顧客満足度を向上させる。

本コンテンツをご覧いただくには最新のAdobe Flash Playerが必要となります。
お持ちでない方は、下のバナーよりダウンロード・インストールしてください。

Get Adobe Flash player

powered by keywalker

より深く、より広い情報を目的、用途別にお届け

おすすめコンテンツ一覧

技能五輪・アビリンピック

技能五輪・アビリンピック

愛知で技能五輪全国大会、「旋盤」など競技開始

工業用地分譲情報

工業用地分譲情報

山口・宇部の2工業団地、県外2社の工場誘致−陸海空のインフラ評価

スマートグリッド

スマートグリッド

三菱電機、中国電力からスマートグリッド受注

職場なでしこ

職場なでしこ

興銀リース、管理職の女性比率拡大−推進チーム発足

業界展望台

業界展望台

作業の安全性と効率高める―繊維スリング

元気印中小企業

元気印中小企業

金属熱処理と表面処理技術でリード [松山技研]

彩々新製品

彩々新製品

ココウェル、フィリピン支援の一環でココナツの食器を発売

職場百景

いまどき職場百景

「消費増税の影響、すでにありますか?」

産業広告

産業広告

中小企業から大手企業まで、多彩な産業広告をカテゴリー別に毎日紹介

地域応援隊

地域応援隊

オンリーワン技術でひた走るエクセレント企業―埼玉西部地域