電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

12,816件中、11ページ目 201〜220件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

このため利子補給率の上乗せと融資利率引き下げで、国連の持続可能な開発目標(SDGs)への企業の取り組みを促進する新たな支援制度を創設する。

浜松いわた信用金庫(浜松市中央区)金属熱処理加工を手がける中遠熱処理技研(静岡県掛川市)にポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)による融資を実施...

あおぞら銀行は15日にリノベーションマンションの企画や販売を手がけるスター・マイカ(東京都港区)にポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)で30億円の融資を実行す...

また、事業再生支援資金の融資限度額を8000万円から2億円に引き上げることも盛り込んだ。

また、5年以内に事業承継を予定、もしくは承継後5年未満の中小企業を対象に、江東区の制度融資のあっせんに基づいた、上限2000万円の資金融資を、年10件を上限に実施する。 事業転換関連...

デット(融資)からエクイティ(株式)までの投融資を通じ、企業成長を長期的に支援するあおぞら型投資銀行ビジネスを「先頭に立って作ってきた」と自負する。

(岡紗由美)(随時掲載) 【サポート/日本政策金融公庫東京支店中小企業営一事業融資第二課・樋口史紀氏】 何からDXに取り組...

【立川】商工中金八王子支店は、電子機器製造受託サービス(EMS)や電源の設計・開発などを手がける京西電機(東京都八王子市)にポジティブ・インパクト・ファイナンス(...

JR西、グリーンローンで200億円調達 省エネ車両導入向け (2024/2/6 生活インフラ・医療・くらし)

JR西日本は三井住友信託銀行と200億円のグリーンローンの融資契約を結んだ。

米商業用不動産向け融資を巡る引当金積み増しで、あおぞら銀行が2024年3月期、15年ぶり赤字を計上する見通し。

中小企業融資では事業性評価が求められており、同機構は評価書を行政や金融機関にアピールできる手段に発展させる方針。

「低金利で融資を受けられる環境でもリース会社が(顧客から)選ばれるためには、一緒に新規事業の創出や事業の効率化に取り組むなど、これまでにない価値を顧客に提供することが求められる」...

同行はデット(融資)からエクイティ(株式)までの投融資を通じ、企業の成長を長期的に支援する「あおぞら型投資銀行ビジネス」を伸ばす方針。... 大見氏は「これまで(...

顧客情報や収益管理、融資審査業務などを含む、機密性への配慮を必要とした情報系システムでも4割以上が利用している。

応募があった「ウイスキーの原酒在庫を担保にした融資ビジネス」が既に事業化に結び付くなど、一部で成果が上がっている。

一方の北都銀は、洋上風力など再生可能エネルギー関連分野で事業性融資のノウハウを蓄積している。

サービス事業者と連携し、取引実績などの非財務情報を事業性評価に活用して融資する。

(岡紗由美)(随時掲載) 【サポート/日本政策金融公庫大森支店中小企業事業融資第一課・谷壮空氏】 人手不足が深刻化する昨今...

「2016年2月からのマイナス金利で、融資をする銀行の存在意義が希薄になった。

商工中金などと同社に協調融資した石田頭取は「待ちに待っていたのでホッとした。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン