391件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

研究チームはダイアウルフの化石に残っていたコラーゲンから細胞核や細胞小器官ミトコンドリアのデオキシリボ核酸(DNA)を抽出し、ゲノムを解読。

真皮を構成する成分で、肌のハリや弾力につながるV型コラーゲン・弾力線維の形成も促進されたという。

コラーゲンの粉末素材に水溶性機能溶剤を混合して液状化し、マイクロニードルのパターンをかたどった金型に充填。... それに比べ、新開発のマイクロニードルは素材がコラーゲンで、底直径が7マイクロメートル、...

皮下組織では前駆脂肪細胞から産出されるコラーゲンが網目構造を構築し皮膚を支える。今回12―97歳の32人の皮下組織について蛍光免疫染色法によりグレムリン2とコラーゲンの量を調べた。結果、加齢によりグレ...

臓器の機能を担う細胞や血管の元になる血管内皮細胞などを培養皿で増やした後、コラーゲンと混ぜてデバイスに流し込んで3次元組織を作る。

細胞は結合時、自らコラーゲンを生み出す。

ラビューが開発する装置は、血管のしなやかさに影響するエラスチンとコラーゲン、平滑筋の状態を1分程度で測定する。

針を抜くと細胞自体がコラーゲンを出して弾力性のある構造体ができあがる。

【コラーゲン抑制】 ギネマムは2015年9月に創業。... 皮膚は傷ができるとその部位を修復するためにコラーゲンを生成するが、過剰に生成されるとミミズ腫れを起こす原因となる。そこでコ...

カサブランカで肌老化抑える メナードが解明、化粧品開発に応用 (2020/9/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

UVを繰り返し浴びることにより起きる肌のしわ・たるみの進行は「光老化」と呼ばれ、皮膚の真皮にあるコラーゲン線維の減少が要因の一つと考えられている。... 培養細胞を使った実験の結果、UV照射によりテネ...

骨の主成分となるコラーゲン内部の細胞制御などで骨機能を再現した。... 研究チームは骨の主成分、コラーゲンとアパタイトの微細構造などに着目。... 研究チームは産業用ロボットを用いてコラーゲンの分子の...

その骨は原子レベルで六角柱骨格に原子が配置したアパタイトがコラーゲン線維に沿って配列し、強度としなやかさを与える。両者はいずれも異方性であり、パーツごとに最適なアパタイトとコラーゲンの優先配列を持つ。...

アース製薬は高級魚とらふぐから抽出されたコラーゲンを使ったゼリー「とらふぐコラーゲン美容ジュレ」を発売した。質の高いコラーゲンを1000ミリグラム配合。

ヒアルロン酸やコラーゲンと配合して化粧品や健康食品の原料として使用されており、高い分子量を持つほど高密度・純度のPGが製品化できる。

【表彰】▽市場幹之東京電力ホールディングス経営技術戦略研究所首席研究員=暴露試験技術と水素脆化評価技術の高度化と普及によるPC鋼材使用設備の信頼性向上▽片山英樹物質・材料研究機構構造材料研究拠点解析・...

コラーゲンの研究は線維芽細胞が主だったが、真皮幹細胞に注目。真皮幹細胞から生成されるエクソソームを介して線維芽細胞に指令を送り、コラーゲンを産生していると解明した。... この線維芽細胞の遺伝子発現を...

御木本製薬/シワ改善する薬用クリーム (2020/3/9 新製品フラッシュ1)

肌の老化を防止する有効成分ビタミンB3(ナイアシンアミド)やアコヤガイから抽出したコラーゲンなどの美容成分を配合。

資生堂は、コラーゲンに着目した化粧品ブランド「エリクシール」に、お風呂上がり乾燥を防ぐ洗顔料「同 シュペリエル モイストイン クレンズ」を追加、4月21日に発売する。

【化学組成を模倣】 骨は水酸アパタイト(HAp)という無機質と、たんぱく質のコラーゲンがナノ複合体を作っている硬い組織である。... 我々が開発した水酸アパタイト/コラーゲン骨類似ナ...

同技術は、細胞と同じマイクロメートル(マイクロは100万分の1)サイズのコラーゲン線維を培養の足場材料とする。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる