133件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

日本人科学者がノーベル物理学賞を受賞した素粒子ニュートリノ研究など、最先端科学技術の取材に力を入れ、サイエンスライターとしても知られた。

東京大学宇宙線研究所は次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」の建設を本格化する。... 大強度陽子加速器施設「J―PARC」で作られたニュートリノビームを約295キロメートル離れたハイパ...

以前からの人的ネットワークにより、相互に強い信頼関係がある相手であれば、来日が不要なのでかなり多忙でも協力してもらえる」 ―昨年秋に発行した大学債200億円の一部を次世代のニュートリ...

岐阜県飛騨市の素粒子観測施設「カミオカンデ」跡地に作られたニュートリノ検出器「カムランド」で観測。... ニュートリノの研究は始まったばかりで、「存在しないことを証明する」ことも重要になっている。.....

同大が手にした200億円の使い道の一つが、次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」の整備だ。

超新星の爆発時は高温度・低密度で陽子過剰なニュートリノが加熱する環境だったことが分かった。... しかしニュートリノ加熱を裏付ける観測的証拠は見つかっていなかった。 研究グループはニ...

宇宙から極めて高いエネルギーで飛来する素粒子ニュートリノを南極点の施設「アイスキューブ」で観測している千葉大学などの国際チームは、1960年ごろに予測された「グラショー共鳴」と呼ばれる現象を初めて検出...

素粒子の標準理論にはない新しいニュートリノ「ステライルニュートリノ」を探る―。... 加速器で大量に生成した反ミュー型のニュートリノが、標的から検出器の間で反電子型のニュートリノに変化するのを観測する...

原子核内部にある中性子は安定だが、ひとたび核外に取り出されると、約15分で陽子、電子、反ニュートリノに崩壊する。

ノーベル物理学賞受賞者/東大特別栄誉教授 小柴昌俊さん クラシック好きの物理学者 素粒子ニュートリノの観測施設「カミオカンデ」を作り、1987年...

ニュートリノ天文学を開拓し、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが94歳で亡くなった。... 小柴さんはピアニストの遠山慶子さんと交流があり、宇宙から降り注ぐニュートリノの観測装置「スーパーカミオカ...

小柴氏らのグループは、素粒子の一種であるニュートリノを観測するため、岐阜県飛騨市の神岡鉱山跡に素粒子観測施設「カミオカンデ」を設置。1983年から陽子崩壊の探索実験を始め、87年には超新星爆発によるニ...

【評伝/若手研究者育成に情熱】 ニュートリノ天文学を創始した小柴昌俊氏は、「ニュートリノのことが少し分かっても、もうけにはつながらない」としばしば語った。... その後も多くの門下生...

また東京都市大と東大宇宙線研究所の教員らによるパネルディスカッションでは、梶田所長がこれまでの研究生活でニュートリノから重力波に研究対象を途中で変えたことが話題になった。... ニュートリノを20年以...

次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」の建設やポストコロナに適したキャンパスのデジタル化などが資金の使途候補として挙げられている。

ガドリニウムの導入により、素粒子ニュートリノの観測感度が向上。今後さらに感度を高め、7、8年をかけて、宇宙の初期から起こっている超新星爆発によって蓄積されたニュートリノ(超新星背景ニュートリノ)の世界...

研究テーマは「加速器を用いた長基線ニュートリノ実験によるニュートリノの性質の解明」。... 茨城県にある大型加速器で生成したニュートリノを岐阜県にある観測施設「スーパーカミオカンデ」に向けて飛ばし、検...

三井金属は基礎評価研究所(埼玉県上尾市)にてトリウムをppt(1兆分の1)レベルまで分析できる手法を開発したとともに、日本イットリウムは超新星背景ニュートリノを観測するための検知を妨害しないpptレベ...

ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章氏が「神岡でのニュートリノ研究とそれを支える技術」と題して基調講演する。ニュートリノ実験用20インチ光電子増倍管の開発やスーパーカミオカンデ建設プロジェクトに関する講演...

線形加速器はニュートリノ実験施設などにも使用されている技術で、波乗り的に電子ビームを加速させる。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる