電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

「電子舌」実用化へ 米IBMチューリッヒ研、AIが高精度味覚判別 (2023/5/2 電機・電子部品・情報・通信)

食品品質管理・水質検査など多様な用途 人間は食べ物や飲料のうま味を舌にある味蕾(みらい)で感知する。... (編集委員・斉藤実) 人...

舌の味覚センサー器官「味蕾(みらい)」にある、塩味を感じる細胞を特定。... それにより、細胞に大きな電位の変化が起こりATPが放出され、舌から脳へ味覚情報を伝える味神経が活性化する。

食べ物の味が分からない、食欲がない、皮膚炎、脱毛、傷が治りにくい―。... 欠乏するとたんぱく代謝が盛んな細胞や、亜鉛濃度が高い味蕾(みらい)や前立腺といった臓器が障害される。 ...

味の情報を感知する同たんぱく質の働きには、マウスとは異なる仕組みがあることが分かった。... 食物に含まれる味物質は、舌の「味蕾(みらい)」という部位に存在する味覚受容体たんぱく質によ...

そもそも、味覚とは口の中に入ってきた食べ物の味を感知する感覚のことで、それは舌、上顎(うわあご)、ほおの内側にある味蕾(みらい)という感覚器官により行われている。味を感...

これが舌の味蕾(みらい)と呼ばれる部分に結合し、30分から2時間程度の間、味覚とくに酸味を変えてしまうのだという▼きっかけは東京工業大学の大学院総合科目「科学技術コミュニケーション論」...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン