電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

146件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

同社では2016年の燃費・排出ガス試験に関する不正発覚も踏まえ、全社で再発防止に向けた取り組みを継続し、鈴木社長が社員と対話していると説明した。 ... 事業報告ではアフリカ市場に注...

日機装、韓国に液化水素20拠点 米子会社通じ納入 (2024/6/27 機械・ロボット・航空機1)

日機装は70年以上の極低温ポンプの開発、製造と、26年にわたる液化天然ガス(LNG)や圧縮天然ガス(CNG)ステーションの開発と製造の実績を持ち、液化装置をはじめとする...

そんな豊田会長は、1月に開催したカスタムカーの展示会で「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けた現実的な手段として、エンジンにはまだ役割がある」と発言し、新エンジン開...

スーパーリーンバーンは燃焼しにくい希薄ガスを高エネルギーで点火する必要があり、通常機の場合は2機を一つのシリンダーに設置する事例もある。... 圧縮天然ガス(CNG)車を用い、アンモニ...

大ガス、インドで都市ガス拡大 AG&Pに360億円出資 (2024/4/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

AG&P LNGマーケティングは、主にインド南部を事業エリアとするAG&P都市ガス事業会社と、同北中部で展開するThink Gas都市ガス事業会社を保有する。大ガスは2...

水素などあらゆる燃料にも対応できる同エンジンは、カーボンニュートラル(CN、温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)実現の有効な手段として再び期待がかかる。 ... さ...

企業研究/ミクニ(5)中・印事業、製品提案で拡大 (2024/2/23 自動車・モビリティー)

電動化だけでなくバイオ燃料や圧縮天然ガス(CNG)など多様な選択肢による脱炭素を志向する。

泉フェローは「炎と放電を撮影するカメラやガス分析計、安全センサーを設けた。... 燃焼ラボはアンモニアのほか、アンモニアの燃焼を手助けする水素も燃料に、圧縮天然ガス(CNG)車で実験し...

「REはガソリンに限らず圧縮天然ガス(CNG)なども燃やせる。... カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)燃料や水素の普及で「再生可能エネルギー発電による...

スズキ、インドにバイオガス生産プラント設置 (2023/9/13 自動車・モビリティー)

2025年以降、グジャラート州に四つのバイオガス生産プラントを順次設置。各プラントにバイオガス充填スタンドを併設し、圧縮天然ガス(CNG)仕様車の燃料として販売する。... 牛ふんの発...

30年に向けてEVのほか、エタノール、バイオガスを燃料とする内燃機関車も投入する計画。すでに投入しているハイブリッド車(HV)や圧縮天然ガス(CNG)車も投入を増やす。...

三菱商事は中干しのプロジェクトで、政府による温室効果ガス(GHG)削減・吸収量の認証制度「J―クレジット」の承認を6月末に受けた。... 再生可能燃料の開発を手がける米グリーン・ロック...

東レ、炭素繊維を米韓で増強 圧力容器向け需要見込む (2023/7/14 素材・建設・環境・エネルギー)

宅配業務用圧縮天然ガス(CNG)車両の堅調な需要増加や、燃料電池を使用する乗用車などへの採用拡大を背景に、CNGタンクや水素タンクなどの圧力容器用途のレギュラートウ炭素繊維の需要は今後...

圧縮天然ガス(CNG)車向け燃料として供給する。 これまで排せつ物から大気中に放出されていた環境負荷の高いメタンの放出を抑制するとともに、化石燃料由来CNGの使用量を...

藤沢工場は一連の投資でEVモデルや圧縮天然ガス(CNG)車を含め複数の車型を柔軟に生産できる体制を構築。

圧縮天然ガス(CNG)の国連基準である「UNR110規格」に準拠した容器を使用する。ガス業界はグリーンガスの比率を高めていく方針で、グリーンメタンは天然ガスステーションなどを利用した自...

可燃性ガス検知警報器を開発 理研計器は災害などによる停電時に、ガス漏えい監視を3日以上継続できる可燃性ガス検知警報器を開発した。... 開発した「GP―148」は...

鈴木俊宏社長は「これからのスズキの使命は小型車でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を実現することだ」と強調。... スズキはカーボンニュートラル実現に向けて圧縮天然ガス...

センコーグループ、小口配送にEVトラック導入 (2022/1/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

センコーグループはこれまでにも、鉄道と海上輸送を組み合わせたモーダルシフトの推進や、圧縮天然ガス(CNG)車の導入に力を入れている。

圧縮天然ガスや医療用酸素、水素輸送用のボンベや容器の加工需要などを想定する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン