電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,332件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

東京電力福島第一原子力発電所の処理水海洋放出に関する情報共有を進めると述べた。

【いわき】福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島市)は東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業への地元企業参画を増やすため、廃炉スタディーツアーをこのほど開い...

【いわき】飯舘バイオパートナーズ(福島県飯舘村)が同村に建設していた木質バイオマス発電所「飯舘みらい発電所」が完成し、7月中旬以降から営業運転に入る。福島県内の森林...

閔CEOは、千葉大学の研究員として東日本大震災後に東京電力福島第一原子力発電所の原子炉建屋内を調査するためのドローンの開発プロジェクトに参画。... 2―3月には創業のきっかけにもなった福島第一原発の...

国と福島県は、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故で被災した福島県沿岸部の浜通り地域などの復興を目指す国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の推進分科会を開いた。... 第2期...

内閣府の原子力委員会は25日、2023年度版の原子力白書を公表した。... 今後の電力需要増や脱炭素などで原子力発電の活用に注目が集まる中、「社会全体のリスクとベネフィットを科学的かつ多面的に評価した...

【福島】福島県と福島国際研究教育機構(F―REI、福島県浪江町)は、福島ロボットテストフィールド(RTF、同南相馬市)の施設をF―REIに統合する基本合意書を結んだ。....

4月には航空法に基づき第二種型式認証を取得。... またロボテスは25年から、ロボット、エネルギー、農林水産、放射線科学・創薬医療、原子力災害データ集積の5分野で世界をリードする研究開発の中核拠点を目...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業を想定する。

福島でZEH普及進む (2024/6/7 東日本)

福島県では東京電力福島第一原子力発電所が立地する大熊町がゼロカーボンのまちづくりを掲げ、ZEH住宅新築が進む。... ZEHは太陽光発電(PV)を中心に創エネルギーが基本だ。... 福...

白書ではこのほか、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に関連して、23年に開始した汚染された水から放射性物質を除去したALPS(多核種除去設備)処理水の海洋放出について記した。

福島県が工業団地への企業誘致を加速している。... (福島・村上授) 現在、福島県では分譲可能団地数が県市町村営含めて35ある。... 県は11年に起きた東日本大震災...

【神戸】東京電力ホールディングス(HD)は28日、福島第一原子力発電所2号機の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)向けで使用を検討する「テレスコ式試験的取...

福島県在住の中小企業診断士を中心に約120人の会員が所属する。... 東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う人口減少や風評被害などを含め、県内企業の経営者は多くの困難...

3カ国の関係改善に向けた一歩と期待したい。... だが、東京電力福島第一原子力発電所の処理水問題、日本産水産物への輸入禁止措置、邦人拘束、日本への短期滞在ビザ(査証)の免除停止など、個...

福島県は、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故からの復興の現状や教訓を発信するスタディーツアー「ホープツーリズム」の2023年度の参加団体数が396団体と前年度比77団体増え過去最多になった。

遠隔操作支援にラボ新設 東北エンタープライズ(福島県いわき市、名嘉陽一郎社長)は、人の作業が困難なエリアに入り、遠隔操作で作業したり、環境データを提供したりするロボッ...

【福島】福島県は使用済みの太陽光発電(PV)パネルの資源循環に着手する。... 県は11年に起きた東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の後、PVを中心に再生可能エネルギー導入に積極的...

日本原子力研究開発機構では、アルカリ活性材料を用いた新しい放射性廃棄物の処理技術を開発した。... そこで原子力機構ではアルカリ活性材料に着目。... 私たちはこれまでに、重金属を含む廃棄物や東京電力...

【いわき】福島県大熊町は太陽光発電(PV)の活用を本格化する。... 今後、町内の帰還困難区域で除染するエリアなどへの計6万キロワット級の大規模PVの導入や、東京電...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン