382件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

シーテックが映す新常態(下)電子部品 (2020/10/23 電機・電子部品・情報・通信)

触覚・聴覚に訴える車室内 コロナ後のニューノーマル(新常態)を見据えた新技術の一つが自動運転などのスマートモビリティー社会の実現だ。... 人の触覚や聴覚などに訴える独自製品も多数活...

村田製作所、ゲーム開発ソフト 触った感覚再現 (2020/10/16 電機・電子部品・情報・通信)

村田製作所は15日、触った感覚を再現する独自のハプティクス(触覚)技術の採用拡大を狙い、ゲーム開発者向け支援ソフト「パルサーSDK」を開発した。

各工程でできたモノを嗅覚や視覚、触覚によって調べる。

人の触覚や聴覚などに訴える独自製品も多数活用。... ダッシュボードに映したボタンの操作は、リアルな触感を得られる触覚伝達技術を用いて、振動スピーカーも載せた。

立命館大学情報理工学部の野間春生教授らは、MEMS(微小電気機械システム)技術による超小型触覚センサーのロボットへの応用を進めるベンチャー「Con―Tact」(京都市上京区)を設立した。... 人に近...

だが、国内で使用する医師からは「視覚への依存度が高く触覚がうまく伝わらないほか、長い腕が干渉しやすい」という課題が挙がる。

見た目や色だけでなく「触覚(手触り)にもこだわった家具づくりが必要だ」という。

新エネルギー・産業技術総合開発機構技術戦略研究センター(NEDO―TSC)は、VR(仮想現実)技術や触覚再現技術などを用いて、よりリアリティーを高めるイノベーションが必要だと指摘する。

これまでにGaN(窒化ガリウム)半導体や、触覚センサーなどに使える導電性ゴムなどを事業化してきた。

現在は10社程度がネオプラグを利用し、アイトラッキングやリモートカメラ、触覚刺激などで商品を立ち上げている段階だ。

新東工業、6軸力覚センサー量産 月産能力1000台 (2020/6/1 自動車・機械・ロボット・航空機)

ロボットハンドの触覚用などに向けて、数年後に世界で年商50億円を目指す。

福島大と東電HD、廃炉技術開発で研究拠点 安全・着実に推進 (2020/4/27 建設・生活・環境・エネルギー)

特に、化学吸着材、測定計測、ロボットの触覚センサー、コンピューター解析、人工知能(AI)の分野を起点に研究を開始する。

AIスーツケースは位置情報を基に目的地までの最適ルートを探索したり、音声や触覚などで誘導したりする機能に加え、センサーなどのIoT情報から障害物を認識し避ける機能を実現する。

例えば医療や触覚を利用したエンターテインメント分野での事業化を見込んでおり、将来は自動車部品への応用も視野に入れている。

凸版印刷は、視覚と触覚で商品券やギフト券の本物を見分けられるムービングホログラムと凹版印刷技術(写真)を開発した。

同社は“触覚フィードバック”と呼ばれる機能をロボットに搭載する。

機械設計4月号/モーションコントロール技術の最新動向 (2020/3/9 機械・ロボット・航空機2)

また、ネットワークを用いた制御信号の伝送における通信遅延問題の解決手法、アプリケーションへのリアルハプティクス(力触覚を瞬時にデータ化しデジタルデータとして活用する技術)の実装を簡便にする汎用力触覚コ...

【発明大賞 本賞】 ■柔軟触覚センサー=タッチエンス(開発部・永野顕法氏) 光センサーとスポンジを組み合わせた柔らかい触覚センサー。

大成建、細胞培養システム試作 ピペットとシャーレ遠隔操作 (2020/2/28 建設・生活・環境・エネルギー)

大成建設は力触覚型遠隔操作システムを使い、細胞培養に使うピペット(液体分取器具)とシャーレを両手で遠隔操作できるシステムを試作した。

大阪大学大学院歯学研究科の古田貴寛講師らは、米ノースウェスタン大学と共同で、触覚情報が末梢(まっしょう)神経の活動に変換するとき、刺激を受け取る器官である神経終末受容器の役割分担を...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる