112件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ゲーム・チェンジャーの中にはロボットや飛行ロボット(ドローン)のように、民生品として実用化されているジャンルもある。ただ、防衛装備品で使う場合、耐衝撃性や耐水性、センサーの精度など、民生品よりは高いレ...

防衛装備品分野ではコマツも軽装甲機動車開発・製造から撤退を表明している。... 住重の売上高で防衛装備品関連の比率は1%程度。... 防衛装備品関連では、音響測定艦など特殊艦艇に強い三井E&Sホールデ...

日本とドイツ両政府は13日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をオンラインで開いた。... 日本は茂木敏充外相と岸信夫防衛相、独はハイコ・マース外相とクランプ・カレンバウアー国防相が参加した。......

安全保障・防衛協力では日本から防衛装備品・技術を移転する際の規定を定めた政府間協定を締結した(写真)。 防衛装備品・技術の具体的中身や第三国移転に関する適正管理方法について、両国の合...

大統領令は、マスクや手袋などの公衆衛生、防衛産業、情報通信、エネルギー、運輸、農産品の6分野についても1年以内の点検を命じた。... 米国は環境物品や防衛装備品に使われるレアアース輸入の約8割を中国に...

防衛装備品は年1、2機の少数生産のため量産効果も出にくい。日本の装備品が欧米に比べ高いと指摘されるのは、こうした事情もある。防衛装備品の安定納入のため防衛省は20年度第3次補正予算案で関連経費として2...

防衛省の2020年度第3次補正予算案は総額3867億円。このうち、防衛装備品の安定的購入経費として2816億円を計上した。コロナ禍で防衛装備品メーカーの財務状況が悪化、撤退や縮小に伴う調達リスクを軽減...

岸信夫防衛相はインドネシアのプラボウォ国防相とテレビ会談を行い、防衛装備品や防衛技術の協力に関する協議を進めることで一致した。アジア諸国の外務・防衛閣僚級会合「2プラス2」の早期実施を含め、「自由で開...

12年前に防衛装備品の製造分野に業務を拡張。

菅首相は会談で、新型コロナ感染拡大を機に中国からマスクなどの医療品供給が滞ったことを教訓に、ベトナムとサプライチェーン(供給網)での協力・連携で一致。... 菅首相はまた、会談後の共同記者発表で防衛装...

防衛省は2021年度に、防衛装備品サプライヤー企業の事業撤退が生じた場合の事業承継支援を行う。企業の生き残り競争の中でもうかる事業への“選択と集中”が叫ばれ、扱い数量が小さくて採算に乗りにくい防衛装備...

防衛装備品輸出は量産効果によってコストを引き下げ、欧米などより割高とされる日本の防衛産業の競争力の弱点をカバーする上で大きな意味を持つ。... 河野防衛相は「UH―1Hヘリコプター」部品の無償譲渡など...

防衛省は、防衛装備品の開発や契約を交わした企業に対し、罰則を強化する検討に入った。... 防衛装備品の開発競争は激しさを増している。他国に技術情報が流出すれば、自衛隊は劣る兵器で戦うことになり、損害を...

三菱重工は防衛装備品事業の製品や技術力を高めるのが狙い。... 三井E&S傘下の三井E&S造船(東京都中央区)が、防衛省向けに補給艦や海洋観測艦を建造しており、三菱重工による買収に向けて協議する。.....

防衛省は新型コロナウイルス感染拡大局面でも防衛装備品の安定供給に支障が出ないよう、調達の基準を見直す。... 防衛装備品は高度技術が不可欠で特殊仕様のものが多いため中身によって供給企業が限られ、供給ス...

防衛省は、昨年サイバー攻撃を受けた三菱電機から、防衛関連情報が流出した可能性があると発表した。... 流出の可能性があるのは、防衛装備品の試作研究の入札に関する情報。... 防衛省が指定する「秘密」よ...

住友精密、通期を「予想未定」に 不適切行為発覚 (2020/2/3 機械・ロボット・航空機)

住友精密は19年に防衛省向け装備品に関する費用の過大請求が発覚。... 防衛装備の過大請求については1月24日、防衛装備庁と合意して過払い金と違約金約25億円を納付したばかりだった。同社は、新たな不適...

「防衛装備品事業の縮小や撤退をする企業も出ている。技術基盤を確実に維持していきたい」と力を込めるのは、日本防衛装備工業会会長でIHI会長の斎藤保さん。 限られた防衛予算で米国製戦闘機...

梶山経産相は「防衛装備品や電力関係など機微情報の流出がないことは確認済みという報告を受けている」と語った。

河野太郎防衛相は19日の閣議後会見で、千葉・幕張メッセで開催中の防衛装備品見本市「DSEI Japan2019」について、見本市が英国団体の主催だと紹介した上で「英国以外で開くのは、日本の装備品市場に...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる