電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

138件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

精神科医の斎藤茂太さんは著書で親の行き過ぎた願望を戒める。

「『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業」と副題に据えた本書は「スマホ脳」を執筆した精神科医の著者が脳の能力を高めるために心がけることや、脳の発するサインで気をつけるべきことなどを紹介している。

専任の「オンラインMR」2人を配置し、非定型抗精神病向けの経口薬「ラツーダ」など、精神科領域の製品に関する情報提供からスタート。現在は糖尿病領域でも3人を配置しており、精神科領域も3人に増員した。&#...

産業春秋/白梅の老木のように (2022/3/3 総合1)

ナチスの強制収容所から生還し『夜と霧』を著した精神科医ヴィクトール・フランクルは教える。

「シリウス」には産業医が参加しているほか、精神科医も興味を示している。

医薬品事業で主力とする精神神経分野や、社会的課題である高齢者の健康問題などに取り組む。... うつ病をはじめとする精神疾患の治療に向けたサービスの開発を推進していく。上級医療統括顧問として精神科医も採...

教育大国として知られるスウェーデンの精神科医によるベストセラー『スマホ脳』に続く著作。

神谷さんは精神科医で、ハンセン病国立療養所で医療活動に従事した。

統合失調症やパーキンソン病といった精神神経領域の医薬品に強みを持つ大日本住友製薬。... 大野マネージャーは学生時代に大学病院の精神科で薬剤師としてのトレーニングを受けた。精神疾患は、本人だけでなく家...

双日、「健康経営」認定 (2021/3/17 国際・商社)

双日は20年4月から、重要課題の一つであるメンタルヘルス対策として精神科産業医の設置などメンタル不調の予防に向けた取り組みを進めている。

本書では「人間の脳はデジタル社会に適応していない」と、精神科医である著者は警鐘を鳴らす。スマホなしで作られてきたこれまでの歴史から、スマホなどが脳や精神に与える影響、デジタル社会で過ごすためのアドバイ...

雇用形態にかかわらず、働くうつ病患者の53%が、精神科などへの受診に抵抗を感じていることが分かった。... 調査は、世界精神保健連盟(WFMH)が定める「世界メンタルヘルスデー...

日本精神科医学会は「新型コロナ感染症の診療にあたる先生方に臨床に専念してもらうため」などを理由に10月に予定していた学術大会を4月時点で中止にした。

主力の非定型抗精神病薬「ラツーダ」を中心とした精神科領域の製品について展開し、対面での情報提供活動と並行する。

対象は精神領域の基礎研究や臨床研究、政策効果などで、精神科に特化した都道府県立病院機構として、調査研究部門を持つのは全国で初めて。... 地域の診療所で対応が困難な患者が、大阪府で精神科の中核である大...

大日本住友薬、デジタル技術で医療用情報提供 (2020/6/23 素材・医療・ヘルスケア)

同社主力製品である非定型抗精神病薬「ラツーダ」を中心とした精神科領域の製品に関する情報を提供する。

「精神科の在宅医療を進める上で、社会の認知度を高めねばならない」と訴えるのは、N・フィールド社長の久保明さん。

医療現場ではロボット化が進むが、精神科の訪問看護は人によるケアが欠かせない」 《全国展開の強みを生かし、精神科看護に特化した専門性に磨きをかける》 「全国200拠点...

N・フィールド、精神科の在宅医療拡充 (2020/4/28 素材・ヘルスケア)

N・フィールドは精神科在宅医療を拡充する。... 精神科在宅医療にかかる利用者や医療機関、行政機関、福祉サービス提供機関と協力し患者の社会復帰に向けた退院計画などを策定する。... 同社は統合失調症な...

今後は治験数を増やし、精神科クリニックや自宅で使える小型脳活動計測装置の開発を急ぐ。... 従来の抗うつ薬や精神療法によるうつ病の治療は、限界に近く、新たな治療法が求められている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン