電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

282件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

環境省、カーボンフットプリントの算定支援開始 (2023/7/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は製品の生産から使用、廃棄までに発生する温室効果ガス排出量を集計した「カーボンフットプリント(CFP)」の算定支援事業を始めた。... 応募は8月4日までに製品・サービスのカーボ...

JX金属、英豪BHPと連携 銅の持続的成長目指す (2023/7/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

資源循環とGHG排出削減のほか、電気銅のカーボンフットプリント(CFP)の算定・削減に向けた知見の共有、材料プロセス・エネルギー効率に優れた製錬操業のための研究開発にも取り組む。...

エム・システム技研/電力監視を搭載、信号変換器 (2023/7/3 新製品フラッシュ2)

温室効果ガス排出量などを示すカーボンフットプリントの把握需要を取り込む。

欧州は24年に域内で販売する蓄電池について製品のライフサイクル全体における二酸化炭素(CO2)排出量「カーボンフットプリント(CFP)」の開示を義務化する制度を始める。

一方で、グリーン鋼材に関しては需要家ニーズが徐々に増加しており、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現までのトランジション期においても早期供給することが使命である。&#...

サプライチェーン(供給網)でのカーボンフットプリント(CFP)把握、部品・製品・リサイクル材料といった履歴管理のほか、供給網の混乱といった事態に情報を素早く共有し、機敏...

SBCは同社が温暖化対策や環境負荷低減などへの貢献を認定した製品・技術「スミカ・サステナブル・ソリューション(SSS)」を対象にカーボンフットプリント(CFP)や販売量...

三菱ガス化学、バイオメタノール生産 新潟の未利用消化ガス活用 (2023/6/9 素材・建設・環境・エネルギー)

加えて、新潟県のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)戦略にも寄与する取り組みになるとみている。 将来は、新潟工場における消化ガスの利用拡大や、製造する化...

住化、日化協「レスポンシブル・ケア賞」大賞受賞 (2023/6/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

自社の活動に関わる他社の温室効果ガス排出量「スコープ3」算定への早期着手、独自のカーボンフットプリント(CFP)算定システムの無償提供など、幅広く温室効果ガス排出量の把握や削減に取り組...

旭化成、3年連続でDX銘柄に選定 (2023/6/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

カーボンフットプリント(CFP)算定システムの構築などにも取り組む。

東レ、ガラス繊維強化樹脂をリサイクル 欧でプロセス確立 (2023/6/2 素材・建設・環境・エネルギー)

カーボンフットプリント(CFP)による算定で二酸化炭素(CO2)を約45%削減できる。

カーボンフットプリントは、製品の原材料調達から廃棄までの全工程で排出された温室効果ガス(GHG)の総量を示すものの、消費者は製造に使われた電源や電力使用量などを把握できない。

YKK、ベトナム工場で環境配慮の染色助剤に切り替え (2023/5/31 生活インフラ・医療・くらし2)

同社の従来品と比べ、製品別の温室効果ガス排出量などを示すカーボンフットプリントが72%削減される。

カーボンフットプリントを取り入れたことも評価できるが、水素とアンモニアで基準が違い、そろえるべきだ」 ―国内での水素製造はコストが高いです。 ... 水素と再生エネ...

経済産業省と環境省は企業向けに、製品単位の温室効果ガス排出量「カーボンフットプリント(CFP)」の算定に必要な手引き書を策定した。サプライチェーン(供給網&...

また顧客やその先の消費者も、自分の荷物のカーボンフットプリントを意識するようになる。

12月までに基盤を構築し、車載用蓄電池のカーボンフットプリント(CFP)算出でのシステム起動を目指し、他の部品にも展開する。

独BASF、CFP低減製品で認証取得 (2023/5/8 素材・建設・環境・エネルギー)

独BASFはスイスのカイステン、米国アラバマ州マッキントッシュの製造拠点で生産している特定のプラスチック添加剤のグレードについて、「ISCC PLUS認証(国際持続可能性カーボン認証&...

万博会場内での活用に向け、万博調達コードに適合する大阪産品や、温室効果ガス(GHG)排出量を示したカーボンフットプリント(CFP)表示食品など約140商品をDBに追加し...

ENEOS、CFP算定システムを来年度構築 NTTデータなど2社と共同 (2023/3/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

ENEOSは自社の石油製品のカーボンフットプリント(CFP)算定と、100以上ある各組織の温室効果ガス(GHG)排出量を管理するシステムを、ウェイストボックス(...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン