169件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

京大、特定方向に整列する超電導状態を発見 (2016/10/13 科学技術・大学)

研究グループは、銅を挿入したビスマス・セレン化合物超電導物質で、電導電子のペアが整列して特別な方向を生じさせていることを確認した。... この物質に対し、平行に磁場を回転させるとビスマスとセレンが三角...

ビスマス酸素ハロゲン化物を硫化水素にさらし、酸素を硫黄に置換する合成法を開発した。

200度C以下の温度ではビスマス・テルル系の熱電材料が有力だがビスマスもテルルもレアメタルだった。

コバルト酸鉄酸ビスマス圧電体を、圧電特性の評価が可能な薄膜形態で安定化させ、その結晶構造と圧電特性を詳しく調べた。

希少で毒性のあるビスマステルルなどを主材料とする既存の熱電変換素子に対し、安価で汎用性が高いほか、集積が可能でセンサーなどのIoT(モノのインターネット)素子に作り込める。

研究グループは、ビスマス、アンチモン、テルルから成るトポロジカル絶縁体を使ったスピントロニクス素子を作製。

研究グループは、クロム、ビスマス、アンチモン、テルルから成るトポロジカル絶縁体の薄膜を作り、組成や膜厚を制御して光応答を最適化した。

亜鉛のビームを光の速さの10%に加速し標的となるビスマスにぶつけ核融合を起こし、合成された113番目の元素を検出した。

一方、低コスト化は高価なスズやビスマスの含有量を低減したことで実現した。従来の鉛入り銅合金に比べ6・7%、ビスマス系鉛フリー銅合金に比べ11・6%、コストを抑えられるという。... 加えてビスマス系鉛...

ビスマス系セラミックス材料を採用した。

理研の森田浩介グループディレクター(九州大教授兼任)らは2003年から、亜鉛(原子番号=陽子数30)の原子核を加速してビスマス(同83)の標的に衝突させ、完全融合させる実験を始めた。 ...

高い強度を持つテラヘルツ波をビスマスに当て、内部の電子を大きく揺さぶった。さらに、ビスマス内の電子の運動が特殊相対論によって記述されることを利用した。... ビスマスの場合、この「光速」は真空中の光速...

超伝導材料は「ビスマス2223」。

卒業研究では、鉄にアルミを組み合わせて、原子力発電向けの鉛ビスマスに代わる素材開発に取り組みました。

この条件には銀とビスマス、インジウムが該当する。

高品質のビスマス薄膜を作り、電気的性質を測定して確かめた。... その結果、ビスマス薄膜が半導体になっていることを確認した。... この「量子サイズ効果」を利用して、ビスマスの電気的性質を制御できるこ...

亜鉛のビームを光速の10%に加速し、標的とする厚さ0・5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のビスマスにぶつけ融合反応を起こす。

さらに量子振動現象が観測され、これを解析したところ、半金属の黒リンは典型的な半金属であるグラファイトやビスマスに匹敵する高い移動度を持つ電子デバイスとして有効なことを確認した。

昨年の夏頃まではまだ、FMEはインジウムをはじめ、ガリウム、ゲルマニウム、ビスマスといったマイナーメタルをけん引する市場として一定の評価は得ていたが、昨年秋、冬からFMEの資金繰りの不安がうわさされ、...

マイナーメタルとは、インジウム、ビスマス、ガリウム、ゲルマニウム、アンチモン、APT、セレン、テルルあたりの中国でいう「小金属」の部類だ。... こうしたファンヤリスクも伴いながらも14年はインジウム...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる