227件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

これまでの電動パワーステアリング(EPS)用モーターや、次世代ブレーキシステムなどとあわせて、車の基本的な制御である「走る」「曲がる」「止まる」を全て提供していく。

▽小木曽聡社長はトヨタ自動車専務役員に▽交代理由=トヨタグループ人事の一環▽就任日=12月下旬の臨時株主総会日付▽本社=愛知県刈谷市昭和町2の1(自動車用ブレーキシステム)

スズキは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全技術を「スズキ・セーフティーサポート」として今後、全車種に展開する。第1弾として、年内にも発売予定の新型「スペーシア」に軽自動車初の誤発進による...

スペーシアコンセプトには誤発進による後方の自動ブレーキシステムや車速や警告などの情報をフロントガラスに投影するヘッドアップディスプレーなど軽初の安全技術が満載。... 自動ブレーキや誤発進抑制機能など...

SUBARU(スバル)が後退時自動ブレーキシステムの採用を広げている。... (下氏香菜子) 【4段階で警告】 スバル東京事業所(東京都三鷹市)のテストコースで行わ...

運転支援システム「アイサイト」の画像認識ソフトウエアを改良し夜間走行における歩行者認識性能を向上させたほか後退時自動ブレーキシステムを追加搭載し、安全性能を高めた。

運転支援システム「アイサイト」に搭載されている前車追随機能の作動車速域を時速0キロ―120キロメートル(従来は同0キロ―100キロメートル)に広げたほか後退時自動ブレーキシステムを追加して安全性能を高...

いち早くアンチロック・ブレーキ・システムを採用するなど「その時代の最新技術を搭載してきた。

運転支援システム「アイサイト」に全車速域で前方車両を自動追従する新機能を標準装備した。... 新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」や後退時自動ブレーキシステム、電子ミラーなどを採用し安全性能を高め...

SUBARU(スバル)は、今夏に一部改良して発売するスポーツワゴン「レヴォーグ」とスポーツ車「WRX S4」に後退時自動ブレーキシステムを採用する。運転支援システム「アイサイト」に追加する機能でスバル...

同社は商用車などに使われるブレーキシステム製造の国内大手。

自動ブレーキシステムなどを装着してリース提供する。

中国で排ガスを出さない電気自動車(EV)バスが増えていることから、ブレーキシステム用エアー源として売り込む。

新型Vストローム1000ABSは、制動時の姿勢を安定させる「モーショントラック・ブレーキシステム」を新採用。

モーターにECUやアクチュエーターを組み合わせ、モジュール化、システム化を進めている。... 今後、EPSによる左右のハンドル操作の『横制御』、ブラシレスモーターによる次世代ブレーキシステムの『縦制御...

【特有のニーズ】 近年、自動ブレーキシステムなどの運転者支援システムを搭載した自動車が販売され、急速に普及している。... 【交通弱者検出】 パル技研(高松市)はマ...

2016年排出ガス規制に適合したことはもちろん、最新のコモンレール燃料噴射システム、エスコット・シックスの採用や、車両の空気抵抗を改善したことなどで可能にした。 ... 検査や修理が...

日本精工は回生協調ブレーキシステム用ボールネジや、機能安全規格に対応したコラム式の電動パワーステアリング(EPS)などを披露する。

日清紡ホールディングス(HD)は2020年までに、電子制御ブレーキシステム(EBS)部品の生産能力を20%引き上げる。

従来の電動パワーステアリング(EPS)用モーターや次世代ブレーキシステム用ブラシレスモーターに、パワートレーンの中核となるトラクションモーターを新たな柱として加えることで、車載事業の成長につなげる。&...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる