電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

82件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

14年に生活支援ロボ全般を対象とするISO規格が発効したが、腰補助用に特化した国際規格はまだ存在しない。... ISOで生活支援ロボの性能などをテーマに活動する部会「TC299/WG4」への...

ロボカップはサッカーに注目が集まりがちだが、生活支援やモノづくり、災害対応など、実社会でも役に立つロボットも大活躍した。... (小寺貴之) 【生...

生活支援ロボを競う@ホームでは標準機部門で九州工業大学が優勝、2位も玉川大学などの合同チームで日本勢が大活躍した。... ■@ホーム @ホームはロボットが日常...

生活支援ロボが競う@ホームでは九州工業大学の「Hibikino-Musashi@Home SPL」と玉川大学などの「eR@sers」がDSP部門の決勝に進んだ。...

トヨタ自動車は生活支援ロボット「HSR」の実用化に向けて、ユーザーが参加するコミュニティー共創型の開発手法を取り入れる。... 米国では身体に障がいを負った退役軍人の支援にHSRを活用している。......

産業技術総合研究所人工知能研究センターはロボットや人工知能(AI)の事業化支援に向けて、ロボットを利用するAI開発環境を整える。生活支援ロボや産業用ロボなどの共通機体をそろえ、ディープ...

生活支援ロボットの安全性では唯一の国際規格となる。

ロボ×街(7)茨城県つくば市(上)世界唯一、安全認証の場 (2016/10/12 中小企業・地域経済2)

14年2月には同センターが中心となり生活支援ロボの安全性に関する国際規格「ISO13482」を発行。... 「生活支援ロボットの安全認証ができる場は世界でつくばにしかない。... 市や研究機関は今後、...

競技の舞台は「家庭」と「コンビニ」、「公共」の三つで、生活支援や接客、道案内などを競う。... もともと生活支援ロボにはキラーアプリがないという課題があった。... 生活支援ロボのプラットフォームに育...

サービス分野の家庭用生活支援ロボの競技種目では標準となるプラットフォーム機を選定し、参加チームがアプリケーションを開発する。... 「家庭」種目以外はロボットの機体は参加者が用意し、産業用ロボや移動ロ...

経済産業省は9月にも移動支援型や装着型など、生活支援ロボットの安全性についての検証事業を始める。... 世界に先駆けて生活支援ロボの安全性を確立し、普及につなげる考えだ。 ... 生...

160社・団体が出展し、福祉車両や生活支援ロボットなどを展示する。

経産省、生活支援ロボでJIS制定 (2016/4/21 総合2)

経済産業省は20日、生活支援ロボットの日本工業規格(JIS)を制定したと発表した。2014年発行の同分野の国際安全規格「ISO13482」に対し、今回は移動作業型ロボットや装着型アシス...

ロボットを日常生活に普及させるために、課題と言われているのがロボットが関わって起きた事故の責任の所在だ。... この災害対応ロボは周辺に人がいない状態で作業することが前提で、安全性が設計されている。....

【横浜】神奈川県は生活支援ロボット9件のモニターを募集する。... 対象の生活支援ロボットは次の通り。 ◇服薬支援ロボット(ケアボット)◇うなずきかぼちゃん(...

【短期展開型・介護支援分野】WHILL(横浜市鶴見区)=自動停止機能を有する電動車椅子の開発【短期展開型・共通】システムクラフト(東京都立川市)=T型ロ...

トヨタ自動車は16日、障害者や高齢者向けの生活支援ロボット(HSR)の実用化を研究機関などと共同で進める「HSR開発コミュニティ」を発足すると発表した。... 加盟機関はトヨタのHSR...

富士通はRT.ワークス(大阪市東成区、河野誠社長、06・6975・6650)が提供する生活支援ロボット「歩行アシストカート=写真」向けに、センサー情報を管理・分析するモ...

■VRで生活再現 国立情報学研究所の稲邑哲也准教授はロボットと人間の共同作業のVR実験環境「SIGVerse(シグバース)」を開発する。VRでロボットとの生活を再現す...

サイバーダインが開発した作業用・介護用パワーアシストスーツ(写真)が、生活支援ロボットの国際安全規格「ISO13482」の認証を取得した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン