産業春秋/風が吹けば桶屋、生成AIが拡大すれば?

(2024/5/17 05:00)

「昔は、海外で紅茶の葉が不作になると、アルミ会社の株価が上がるという話があったんだ」。昭和の半ばまで日本は外貨を稼ぐため紅茶を生産していた。輸出する茶箱の内側には品質保持用のアルミニウム箔が張られる。だから需要が見込まれ株価が上がる。“風が吹けば桶屋が儲かる”のような話だ。

平成の初め頃に聞いた昔話だが最近、似た話を耳にした。今後生成人工知能(AI)が爆発的に拡大すると銅の需要が大きく増えるという。生成AIが拡大すると通信量が飛躍的に増え、電力不足になる。発電所とともに送電網が増強される。その電線に使われるのが銅、という構図だ。

とはいえ、そう都合良く結びつくとは限らない。電線にはアルミ線もある。通信は電気だけでなく光も活用されている。銅電線への依存度は下がるかもしれない。

生成AIは世界を便利にするだけでなく、幅広く生産活動を発展させるのは確かだ。ただ大変革が起きるので、常にキャッチアップが欠かせない。

世界で資源争奪戦が繰り広げられる中で銅鉱石の確保や、国内の銅製錬・電線生産の対応力が問われてくる。産業界を挙げての生成AIシフトが必要だ。でないと、風が吹いても儲からない。

(2024/5/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン